集客はやめろ。集客のデメリット

マスタングです。

今日は集客に関する常識を
破壊していきます。

集客・・・
みんな集客好きですよね。

 

俺はマーケティングや経営に関して
企業や個人のコンサルティングを
行ってきました。

 

そういった人たちに最初
今何がもっとも課題ですか?

とヒアリングすると、
大体の人が「集客」と答えます。

 

ビジネスをしていると、
この悩みを誰もが抱えたことはあるはず。

「もっと集客できればな・・・」

「集客さえできたらもっと売り上げ上がるのに・・・」

 

ネットビジネス系であれば、

「サイトやブログにアクセスがない、、、」

「アクセスがあったらもっと稼げるのに、、、」

 

しかし、こういった悩みは非常に多いのですが、
俺がマーケティングや経営について
コンサルティングをすると、ほぼ毎回言います。

「儲かりたいならまずは集客をやめましょう!」

 

・・・へ?

集客大事でしょ?

 

と言われます。

 

もちろん大事ですが、段階があります。

集客を頑張るのは一番最後の段階で、
まずは儲かる仕組みづくりが大事です。

 

ですが、「集客したい」と考えている人の
ほとんどが、儲かる仕組みが
まだ作れてないのに
集客を頑張ろうとしてしまう。

 

そうすると、バケツに穴が空いているのに
水を貯めようとしている状態になります。

せっかく水を入れても
バケツに穴が空いていたら
どんどん抜けてしまいますよね。

これでは非常に効率が悪い。

これと同じで、
頑張って集客をして人を入れても
儲かる仕組みができてなければ、
お金は増えないのです。

 

例えば、これなんかは
頑張っても儲からない事例ですよね。

儲からない3桁ブロガーに儲け方を教えた話

 

だからこそ、
最初に儲かる仕組みを作って
穴をふさぐ。

これが大事です。

 

これは企業に指導したり、
マーケティング以外も幅広く学んでいる人にしか
絶対出てこない発想です。

 

「自称マーケッター」みたいな人は、
みんな口を揃えて、

「集客が大事です!
集客すれば売り上げが上がるんです!」

と言うんですよね。

 

で、自分の売りたいサービスの

「SNSの集客ツール」とか
「SNSマーケティングのコンサルティング」

をお客さんに売りつけます。

でも、こういう人の話を聞くと、
名ばかりで実績がないんですよね。

 

で、お客さんは知識がないし、
勧めてくる人の口がうまいから

「そういうもんなのかな?」

と、乗せられて買ってしまう。

非常にかわいそうだなと思います。

 

どんなビジネスをしているかも
詳しく聞かずに

「集客が大事です!集客しましょう!」

こう言ってくる人は
非常にレベルが低いので、
人を見極めるポイントとして
ぜひ使ってみてください。

 

で、なぜ集客してはいけないのか?

という話ですよね。

 

もちろん商品やサービス、
ウェブサイトが多くの人の目に触れれば
物が売れる確率は上がります。

 

これはどんなに商品やサービスが
しょぼくても、ゴリゴリと集客すれば
一定数は売れます。

 

ですが、だからといって、

集客をすればいい!

というのは大きな間違いです。

 

不思議なことに、多くの人は
集客のメリットは認識していますが、

 

集客のデメリット

 

については認識していません。

 

集客のデメリット、
これ考えたことありますか?

 

集客って良いことばかりではないのです。
デメリットもあるのです。

これが分かっていると、

 

とにかく集客集客してしまうのが
どれだけ恐ろしいことなのか?

どれだけ自分で自分の首を絞めているのか?

がわかるはずです。

 

では、集客のデメリットについて考えてみましょう。

集客のデメリットとしては大きく3つ。

 

1、集客=コストである

2、仕組みができていない状態で集客すると忙しくなり、他の重要な仕事に時間を割けなくなる。

3、商品やサービスが悪いと、自分の首を締める事になる。

 

で、それぞれ解説していきましょう。

 

1、集客=コストである

集客=コスト

これを忘れている人が多いです。

コストというのはお金だけではありません。
労力や時間も含めてコストです。

 

そして、重要な考え方として、
お金よりも重要なのが時間です。

時間をコストとして認識していないまま、
ビジネスをすると結果も出ないので、
いつまでも稼げません。

 

で、その前提で考えると
世の中色んな集客方法がありますが、
どれもコストがかかります。

 

例えば、

SNS広告やキーワード広告、
チラシ、テレビCM、新聞、
インフルエンサーの紹介 etc.

これらはお金を払って
強制的に露出を増やすので
集客としては手っ取り早いですが、
まあまあお金がかかります。

 

無料系だと、

・SEO(記事を書いてGoogle検索でヒットさせる)、
・SNSやブログの投稿
・SNSでこちらからアプローチする(いいね、フォロー)

これらは無料で出来ますが、
労力や時間がかかります。

 

無料にこだわる人は
お金がかからない=コストがかからない

と、捉える人が多いのですが
お金をケチることで
むしろ時間など、
お金では買えない多くのものを失っているのを
気づいていないことが多いです。

 

この視点で
集客=コストとして考えると、
安易に集客しまくるべきでないことがわかります。

集客をしまくるということは
それだけコストをかけているということです。

 

ちなみに、
マルチの勧誘とか
俺が微妙だなと思うのは
見えないコストの塊みたいな
ビジネスだからです。

 

マルチは自分で在庫持たなくても良いので
あまりコストがかからなくて
始めやすいって言ってる人がいましたが、

俺からすると
コストの塊です。

 

契約するかどうかも分からない人と
アポとって1対1で話して勧誘するなんて
超効率悪いし、コストがすごい。

 

勧誘する対象と
出会う場所に行く時間とお金

行った先でかかるお金

勧誘対象とまた会うために必要な時間とお金、

色んなものを失いまくっています。

 

こんな風に、
『リアルで人と会う』

といった無料の集客だとしても
お金的には無料でも、
お金と引き換えに時間を失います。

 

しかも、集客活動をしたからといって、
必ずお客さんが来てくれるとは限りません。

やり方が下手だと
全然反応がないことはザラにあります。

 

その失った時間で、
もっと儲かるために優先順位が
高いことを出来たかもしれません。

失っていないようで失っているのです。

 

失っていないようで失っている。

これは意外と忘れがちなので
ぜひ頭に置いておいてください。

 

2、準備ができていない状態で集客すると忙しくなり、他のもっと重要な仕事に時間を割けなくなる。

次はこれです。

集客がうまくいって
新規のお客さんが来てくれたとします。

 

どんなビジネスを
しているかにもよりますが、

お客さんが来てくれるということは、
当たり前ですが、
来たお客さんの対応をしなければいけません。

 

来たお客さんの対応をするということは
つまり忙しくなる。

つまり時間が減ります。

 

で、この時にありがちなのが、
きちんと準備ができていなくて
忙しくなって時間がなくり、
ジリ貧になるです。

 

ネット系だとありがちなのが、

例えば、ひたすら通話セールスしたり、
ひたすらZOOMセミナーしている人。

物販で商品をひたすら仕入れて
出品している人、ですかね。

 

仕組み化してないので
いつまでも同じ繰り返し作業を
しなくてはいけない。

いつも忙しいので
ビジネスを拡大することに
時間を割けません。

さらに、
もっと成長するための勉強が
できません。

例えばセミナーを受けたり、
人と会って情報を仕入れたりに
時間を当てられません。

そうすると、伸び悩みます。

 

忙しくなると、儲けるために
重要なことに時間を使えなくなります。

 

あとは実店舗系だともっと大変で

人手が足りないからと
社長が雑務をやり始めると最悪です。

本来やるべき
社長しか出来ない仕事が出来なくなって、
仕事が回らなくなりパンクしてしまいます。

 

例えば、社長が自ら
店舗の掃除をしたり、
お客様に何か提供したり、
セールスしたり。

これは社長でなくても
従業員でも出来ますよね。

 

で、社長が動いてしまって
本来やるべきことに手が回らなくなると、

 

ああああああ、忙しいいいいいい!!!

しかも忙しいわりに大して儲かんねえええええ!!!

 

一旦手を止めて、冷静に考えたい。

でもお客さんは来るから対応しないと。。。

 

で、どうしようもなくなり、
一旦集客をゆるめる。

 

そうすると、お客さんが来なくなり

売り上げないから家賃払えねええええええ!!!

→頑張って集客する、のループ

 

これは実店舗で
経営うまくいかなくなる
あるあるですね。

 

社長自身が、日々の業務の中にいると
お客さんが来れば来るほど忙しくなります。

しかし、店舗の掃除や
商品の提供、セールスなどは
社長がやらなくても
マニュアル化して
従業員でも出来ますよね。

 

そういうのは全部人に任せて、
社長は社長しかできない
マーケティングや情報収集など
売り上げに関わることをやらないと、

どんどん忙しくなって、
本当に重要な売り上げを
伸ばすために必要なことが
できなくなります。

 

ちなみに個人で商売する場合は
雑務も自分でやらないと
いけない場合が多いかもですが、
外注できることは、どんどん外注しましょう。

 

餅は餅屋で、プロに任せると
早いことはかなりあります。

デザイン、税務、経理、各種申請

めんどくさかったり時間がかかることも
一瞬で解決することが多いです。

 

短期的にお金はかかるかもですが、
できるだけ自分が暇になって
時間を作ることを考えましょう。

 

ネットビジネス系であれば、
あまり経費はかからないですが、
結局チンタラ時間をかけてやっていると
モチベが下がってきて挫折するのがいちばん怖い。

なので、外注できるものは外注しちゃったり
ツールを使いましょう。

 

例えば、ブログのデザインを
いじるのに何時間もかけるぐらいなら、
有料テーマを買えば一発で
綺麗なものが作れます。

 

とにかく大事なのは、
集客してパンクしないように
事前の準備です。

そのためには集客する前に
やることがあるよってことです。

人がどれだけ来たとしても
パンクしない構造を作っておくのが大事です。

 

例えば、ネット系であれば
儲けを自動化する仕組みを作るのが重要です。
(むずかしそうに聞こえるけど、全然むずかしくない)

自動化すると、お客さんが
1人来るのも1000人来るのも一緒です。

 

そうすると、たくさん集客しても
パンクしないので忙しくなりませんし、
儲けはどんどん大きくなります。

具体的にどうするかは
また別の機会に話しましょう。

 

実店舗系であれば、
きちんと組織を作って
社長が店に立たなくても
運営が回る仕組みを作るとか。

マニュアル化するとか。

 

もしくは客数が少なくても
しっかり儲かれば良いわけなので、
商品の単価を上げるとか。

こういったことが重要です。

 

とにかく、集客する前には
事前の準備が大事です。

儲けるために集客したのに、
忙しくなって雑務に追われて
儲からなくなるのでは本末転倒です。

 

社長は暇でなければいけません。

 

最初の立ち上げ時期は
ガーッと集中するので忙しいのは
当たり前ですが、

社長はさっさと
儲かる仕組みを作って暇になって、
もっと成長するために人と会ったり、
勉強したり、
色んなサービスを体験する必要があります。

 

社長は遊ぶのも仕事です。

色んな消費者体験をすると、
面白いサービスや良いサービスを
知れて良いアイデアが出るようになるので
もっと儲かります。

 

逆に忙しくて
いつも同じ仕事ばかりしている人は
考えが凝り固まってしまって、
良いアイデア出ないのでよくないです。

よく仕事し、よく遊びましょう。

そのためにも順番を間違えてはいけません。

集客ばかり頑張ると
ただ忙しいだけでその割に儲かりません。

 

3、商品やサービスが悪いと、自分の首を締める事になる。

商品やサービスが良いと
良いイメージで認知が広まり、

拡散されると
新規顧客獲得率が高まり、
リピート率も上がり、
クチコミも広がり、
売り上げも必然的に上がります。

 

ですが、これをクリアする前に
集客している人が多い。

 

準備が悪いと
悪いイメージが広がります。

悪いイメージが拡散されると、
新規顧客の獲得率は減り、
リピート率も下がります。

 

結果、売り上げは短期的には上がりますが、
またすぐ落ちてしまいます。

しかも、広告をかけた場合、
お金もかかっているので、
投資した分を回収できずに赤字になることも
あるかもしれません。

 

そして、集客というのはやっていると
だんだん反応が落ちてきますから、
最後らへんはどんな集客をしても
お客さんが一切来てくれず、
売り上げが立たなくなって、会社が潰れる。。。

 

集客をすれば明るい未来が来ると思っていたのに、
自ら暗い未来を呼び寄せて首を絞めている。

こういった事例は非常に多いです。

 

例えばです。

飲食店で飯がまずいのに集客したら地獄です。

自分の飯がまずいことを
宣伝しているようなものですから。

 

Googleマップにも食べログにも
低評価がつきまくり、
どんどんお客さんが来なくなります。

 

いやいや、そんな悪い状態で集客する人いないでしょう。

と、思うかもしれませんが、
これをやっている人はめちゃめちゃ多いです。

8割ぐらいは集客の段階じゃないのに
集客を頑張っています。

 

今、自分が集客を頑張るべきかを
判断するポイントは色々ありますが、
大きいのは2つ。

1、既存顧客にリピートされているか?

2、お客さんが他人に自社のことを勧めたくなるか?

です。

これがクリアされていれば
集客する意味があります。

 

イメージがわきやすいよう、
1つ例をあげましょう。

 

例えば、
お昼のテレビ番組で紹介された
ラーメン屋さんがあるとしましょう。

 

ラーメン通の芸能人が
プロデュースしたということで話題に。

 

テレビで取り上げられたこともあって、
毎日行列ができています。

 

そんなに並ぶってことは
すごいお店なんだろうなあ。

よし行ってみるか。

 

行くと、なんと1時間待ち。

さすが人気店・・・

 

1時間後、ようやく店に入ると、
テーブルには前のお客さんが
こぼしたスープや脂が飛び散っている。

 

え、汚な、、、

 

まあ仕方ない。
布巾で拭くか。。。

と思ったが、布巾もない。

 

あーめんどくせ。
店員さん呼ぶか。

すみませーん!!

 

はーい!少々お待ちください!

 

・・・5分経過

は?どういうこと?
早く来いよ、、、

 

すみませーん!!!!!!!

ようやく来て、
ふきんをもらい、
ついでに注文。

 

忙しいからか、
店員の顔が死んでいて
ぶっきらぼうだった。

 

オープンしたてで
教育ができてないからか、
手際も悪いし、愛想も悪い。

 

しかも、、、ラーメンも全然来ない。

本当に注文入ってるのか
不安になるレベル。。。

 

40分後、ようやく
注文したラーメンが来た。

 

まずはスープ

 

え、スープぬるっ。。。

しかもクソまず。。。

 

次に麺。

ズズズ

え、伸びててブヨブヨ。。。

まずい。。。

 

そして、お会計。

店員が釣り銭を間違えて
若干トラブる。

 

しかも、ムカつくことに
こっちが悪いみたいな
雰囲気を出してくる。

 

自分の後ろには
会計待ちの人が何人もいて、
イライラしている。

自分のせいじゃないのに
後ろの人になぜか申し訳ない気持ちになる。

 

あー1時間待ったのに
まずいし、手際悪いし最悪だった。

 

・・・・

 

はいこれどうでしょう?

 

リピートしますか?
そして、人に勧めますか?

 

もう絶対行きたくないと思いますし、

知り合いに、
あのラーメン屋行ったけど最悪だったわ〜

と言いたくなりますよね。

 

なんなら食べログで
低評価もつけたくなる。

 

でも、考えてみてください。

このお店、めちゃめちゃ集客できてます。

テレビの力を使って
ブランディングもして
集客もガンガンしています。

現時点では、集客の悩みとは無縁です。

 

・・・ただ、おそらくすぐ潰れますよね。

 

今回はイメージしやすいように
極端な例を出しましたが、
これと似たようなことを
気づかずにやっている人は結構います。

 

発信している情報の内容が微妙で
全然心に響かない。

購入したけどサポート微妙

だけど、商品価格は高い。

 

みたいな。

 

集客する前に大事なのは

そもそも自分の商品やサービスに
興味を持たれるような状態を作れていますか?

そして、興味を持ってくれて
購入してくれた人を
きちんと満足させられていますか?

 

これがちゃんと出来ていれば
そもそも集客をそこまでしなくても
少ない集客人数で売り上げが作れます。

 

1日5アクセスのブログで収益化した、
この方が良い例ですよね。

【実践者の成果報告|3ヶ月目で初収益189,800円】美容系情報発信のH.Mさんの場合

つまり、
きちんと儲かる仕組みを整えて
初めて集客が活きるのです。

で、残念なことに
一度持たれた印象は覆すのが難しい。

 

例えば、先程例に出した
ラーメン屋が劇的に改善されて、

友人
「あそこのラーメン屋美味しくなったらしいよ!
一緒に行こうよ!」

と言われても、

 

ええ〜本当かなあ、、
行きたくないなあ。。。

と思うでしょう。

 

最初に嫌な思いをしたお店に
もう一度行きたいとは思わないですよね。

つまり、最初の印象が大事なのです。

 

だからこそ、集客できるのは
大きな武器ですが、
集客を頑張るタイミングを間違えると、
デメリットしかなく、大変なことが待っているのです。

結局大事なのは、
ビジネスで大事なのは儲かる仕組みや導線。

これらを整えて、初めて集客が生きるということです。

 

これは割と当たり前なのですが、
意外と知らない人が多かったので
記事にしました。

 

非常に大事なのですが、
時間が経つと忘れてしまうので
定期的にこの記事を読んで
思い出してもらえればと思います。

 

 

追伸

何事もそうですが、
本人が自分で課題だと思っていることと、
本当の課題が全然違うことは多いですよね。

今回の集客が課題だと思い込んでいる例がそう。

 

これはコンサルティングしていると
かなりあります。

 

例えば、恋愛で悩む人が
「自分は喋りが下手で・・・」

と言っているけど、
客観的に見ると喋り以前に

服装がダサかったり、
清潔感がなくて

そのせいで第一印象で
足切りを食らっていたり。

 

これと同様に、
ビジネスも「集客」しか知らないと
集客に課題があると思い込んでしまいます。

しかし、知識がつくと
色んな切り口で分析できるようになります。

 

ビジネスモデルは大丈夫かな?
リピート率は大丈夫かな?
満足度は大丈夫かな?

etc.

これは才能ではなく、
知識があるかないかの世界です。

 

ビジネスモデルという言葉を知らなければ、
「ビジネスモデルは大丈夫か?」
という発想は生まれませんし、

リピート率という言葉を知らなければ、
「リピート率は十分か?」
という発想も生まれません。

 

知っているから、
色んな切り口で分析できるし、
改善もできる。

なので、知識をつけて
頭脳を鍛えていきましょう。

 

頭脳を鍛えておくと、
良いことがたくさんあります。

他人にアドバイスして
助けることもできますし、
周りから一目置かれるようにもなります。

 

例えば、俺から学んでいる人は
俺の講座で学んだことを使って
知り合った人に
ペラペラと外でアドバイスしていたら

知識すごいですね。
お金を払うので教えてくださいと言われて儲かったり。

 

別の人も俺から学んだマーケティングの話を
会社で話していたら、一目置かれて

「今度新会社をつくって
マーケティングの事業をやるから
そっちに行ってくれないか?」

と言われて、
超有名でめちゃめちゃ大きい会社に
出向になったり。

 

こんな報告がよくあります。

なので、知識を入れて
頭脳を鍛えておきましょう。

 

知識はずっと使えますし、
一生役立ちます。

人生を豊かにしてくれます。

 

逆に知識がない人は
どんどんついていけなくなり、
時代に取り残されて
貧しくなります。

 

何を学べば良いかわからない人は
俺がブログやメルマガ、youtubeで
ビジネスの情報を発信しているので
ぜひ学んでください。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は年収1億円稼ぐ23歳の富裕層と出会い、
月収200万以上稼げるようになり、人生が激変しました。

昔はトヨタの本社で
レクサスの開発者をしていましたが、
今はたった一人でほとんど働かずに
上記の金額を稼いでいます。
たぶん超絶怪しいですよね。

お前には才能があったんだろ?とも言われます。
ですが、僕はもともとビジネスが
得意だったわけでもなければ、
しゃべるのも文章を書くのも大の苦手でした。

そんな僕でも自信を得ることが出来て
1年で月収200万まで稼げるようになりました。
結局慣れなんですよね。
ビジネスに才能なんて要りません。
どんな人でも学んでいけば稼げるようになれる。

僕マスタングが月収200万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

月収200万になったマスタングの人生激変物語

ーーーーーーーーーー

下記画像をクリックしてトヨタ脱出物語の続きを読む  


>>詳細が気になる方はこちらをクリック<<