奥さんや彼女がいる人は絶対にこの記事を見てください

マスタングです。

今回の記事は
奥さんや彼女がいる人は絶対に見てください。

今回話すのはビジネスをする上で
一見関係なさそうですが、
実は非常に重要なことを話します。

 

それが、奥さんや彼女など、
「パートナーとの関係性を良好にする」です。

この関係を良好に保てないと
ビジネスで確実に失敗する
といっても過言ではありません。

 

奥さんなり彼女と関係が良好でないと、
ビジネスにも影響が出るのです。

 

特に、要注意なのが
ビジネスはじめたての人です。

奥さんや彼女の存在は諸刃の剣です。

応援してくれる人であれば、
かなり力強い後押しになります。

超ありがたい存在になります。

 

ですが、
応援してくれない人だと潰されます。

ビジネスで結果出すどころか、
スタートラインにすら立てません。

 

幸い俺の妻は

俺が
「ビジネス始めてトヨタを辞めるぞー!」

と言った時も、

「あんたが好きなことならやりなさい」

と応援してくれるタイプでした。

 

大した結果が出てないのに
とりあえず会社を辞めて
住む場所がなくなって
ホームレス化した俺のことを
自分の家に住ませて支えてくれました。

そして、

「俺は世界一周いく!」

と、訳わからんことを言った時も
応援してくれました。

 

なので俺は妻のことが大好きですし、
人として超信用しています。

教え子の女性や
クライアントの女性からも
マスタングさんと奥さんの関係は
超素敵ですと言われます。

 

ですが、それとは反対に
パートナーの理解が得られなくて
潰される人を何人も見てきました。

 

独身で彼女がいない男性→彼女を作らない方が良い

ぶっちゃけ独身で
彼女がいない男性であれば、
ビジネスで結果を出したいなら
ある程度の結果が出るまで

『彼女を作らない方が絶対に良い』

です。

 

なぜなら世の中の大半の女性は
自分でビジネスする世界について
知らないですし、

起業する!

なんて言い始めると、
大丈夫かなこの人?と思います。

 

原則として、

世の中の人々は何も結果が出てない
人間のことは見向きもしません。

 

自分が知らないことを
始めると聞くと、根拠なしに

「大丈夫!?
やめた方がいいんじゃない?!」

と、止めに入ってきます。

 

そういう人のことを
「ドリームキラー」というのですが、
自分の身近にいて、
自分のことを大切に思ってくれている人ほど
あなたの身を案じて止めに入ってきます。

ドリームキラーについてはこの記事に詳しく書いています

批判との上手い付き合い方

 

で、面白いことに結果が出ると
いきなり手のひらを返して寄ってきます。

 

なので結果が出るまでは
彼女を作らない方が良いですし、

加えて、
自分がビジネスをやっていることや
やろうとしていることは
友達や家族にも言わないほうが良いです。

 

あと、
彼女がいると自分の持っている
リソース(時間、お金、体力など)の
あらゆるものが分散します。

 

4つの自由の
お金、時間、精神、身体

この中の少なくとも、
お金と時間と精神と体力は
彼女がいると分散することになります。

 

デートに行く前は
どこに行こうかなー?

と、意識が持っていかれて
ビジネスへの集中力を欠きますし、
デートスポットを調べるために時間も使います。

デート当日は
お金と時間と体力を使うことになります。

 

起業初期ほど時間もお金もありません。

リソース(時間やお金、体力など)が
少ないからこそ、限られた中で
選択と集中が大事になりますが、
彼女がいると分散してしまうのです。

かといって、彼女がいるのに
ビジネスに集中していると、
彼女の方がおざなりになって
あっちが不機嫌になります。

 

この調整がめんどくさくて
また意識を持っていかれる。

それだったら最初からいない方が楽です。

 

なので、独身で彼女がいないなら
とりあえず結果が出るまで
彼女は作らない方が良いです。

成功したら
今まで絶対に出会えなかった
精神的にも自立していて、
容姿もスタイルも美しい素敵な女性と
出会えますから大丈夫です。

東京都港区にカモン。

 

それでは本題、奥さんや彼女がいる人がすべきこと

で、だ!

重要なのはすでに奥さんや彼女がいる人です。

パートナーとの関係性が
非常〜に重要。

 

関係性がよければ
心強い応援者になってくれますし、
関係性が悪ければ
あなたの成功を邪魔する妨害者になります。

なので、ビジネスで成功したい。

そのために、
パートナーとの関係性を良好に保ちたい、
関係性を改善したい。

のであれば、
俺が実践していることがあるので
真似してみてください。

 

俺はパートナーとの
関係性をよくするために
脳科学、心理学、催眠術など
あらゆることを学びました。

その上で、俺が良い関係を
築くためにやっていることが
3つあります。

 

1つ目は、感謝を伝える

2つ目は、褒める

3つ目は、なかよしノートをつける

です。

 

それぞれ解説していきましょう。

 

1、感謝を伝える

まず重要なのが、
パートナーに感謝をすることです。

そして、その感謝を
言葉として伝えることです。

 

パートナーはビジネスを始めるなんていう
一般的に考えたら異端なことを
言うあなたを許容してくれている。

それだけでもありがたいことです。

 

会社で
「自分でビジネス始める」
なんて言ったら、

お前大丈夫か?
何を始めるんだ?
本当にそれ儲かるのか?

と、どうせ自分はやったこともないくせに
ちょこまかと質問やアドバイスをして
意識を下げてくる雑魚たちが
ちょっかいを出してきます。

 

それがないだけでも神です。
恵まれています。

そんな心の広いパートナーは
貴重な存在です。

感謝しましょう。

 

それに奥さんは
冷静に考えたら神です。

汗まみれの服を
洗濯してくれて、
家のご飯も作ってくれて、
掃除もしてくれます。

神です。

本来であれば、
少なくとも時給1000円以上の
お金を払わないといけません。

それを無償でやってくれるなんて
神じゃないですか?

 

それを俺は当たり前のことだと
思わないようにしています。

感謝です。

なので自分でも進んで家事をします。

 

もちろん、会社で働いて
お金を稼いでくるあなたは
とっても立派です。

 

しかし、

俺がこうしてやってるんだから、
あっちもこうすべき!

なんて思い始めると

相手に対して傲慢になり、
あっちもそれにカチンときて
言い争いが始まります。

 

人は感情の生き物ですから、
どんなに論理で正しいことを
言われたとしても、納得しません。

 

会社でムカつく上司が
どんなに正しいことを言っていても
聞き入れたくないじゃないですか?

それと同じで、
奥さんにどんなに正しいことを言っても
その奥さんが納得できなければ、
言うだけ無駄なのです。

 

こちらの主張を飲ませる前に
相手がこちらの主張を
聞き入れる土壌を作っておかないと
いけません。

 

だから、俺は感謝を伝えています。

戦略的感謝です。

 

だからあなたが
会社でお金を稼いできていることは
とても立派なことですが、
それは一旦置いといて、
まず奥さんに感謝しましょう。

 

理想は奥さん側も
こういった感謝マインドを
持っていることです。

そうすると、お互いにリスペクトして
お互いに感謝する
という非常に良いループが始まりますが、
まずは自分から実践しましょう。

自分ができてないものは
奥さんもやろうとしません。

 

奥さんに

「いつもありがとうね〜
めっちゃ助かっているよ〜

〇〇のおかげだよ〜」

と言ってあげると
きっと喜んでくれます。

 

たぶん素直じゃない人だと
「なに急に?気持ちわる」

といったツンデレ発言を
するかもしれません。

しかし、それは照れ隠しです。

 

旦那に感謝されて
悪い気がする女性の方が
絶対に少ないでしょう。

 

相手のツンデレ反応は無視して
感謝爆弾を投下し続けましょう。

ついでに花の一つでもプレゼントするか、
ちょっとしたお菓子でもプレゼントしたら
喜ばれます。

 

花は超コスパ良いです。
女性だったら高確率で喜ばれます。

花なんて1輪で300円ぐらいです。
それで相手を懐柔できるなら安いものです。

 

これを記念日とかではなく、
なんでもない普段の時にやると良いです。

記念日とかにやるのは普通なので、
なんでもない時にやるのが効果的です。

 

これが、まず1つ目、
『感謝を言葉で伝える』です。

 

2、褒める

感謝の次は褒めましょう。

日本の男性は褒めが足りません。
もっと褒めましょう。

・・・とか言ってる俺も前は褒めてませんでした。

パートナーの悪いとこばかり見つけては
それを指摘していました。

 

例えば、肌が荒れていたら
「肌やばいよ、皮膚科行った方がいいんじゃない?」

って言ったり、

太ってきたら
「最近太ってきたよね?食べ過ぎなんじゃない?」

こんなことを言いまくっていました。

 

超余計なお節介ですよね。

 

昔の俺は
正直に言ってあげた方が
本人のためになると思っていたのです。

なぜなら、外に出ても周りの人は
何も言ってくれません。

「うわあ、肌荒れやば・・」と思っていても
指摘してくれないからです。

だから、
近くにいる俺が正直に指摘してあげたほうが
良いと思っていたのです。。

 

しかも、なんなら
「こっちは正直に教えてやってるんだから感謝しろよ」

とすら思っていました。

超傲慢でした。

 

で、指摘すると当然嫁はブチギレます。

「そんなの分かってるんだよ!!」

そしたら、俺もブチギレて

「お前は素直さが足りない!!」

と言って戦争が勃発していました。

 

はい、昔の俺は完全に間違っていました。

指摘をしたところで
ムカつかせるだけなのです。

そもそも肌が荒れてるとか
最近太ったとか
本人が一番分かっています。

 

すでに気にしているのです。

なのに、それを俺があーだこーだ言うと、
火に油を注ぐようなものです。

 

「お前に言われなくても
こっちは分かってんだよ!!!」

と反応するのは当たり前です。

 

例えるなら、

「アンタ宿題やったの!?」

と口うるさく言ってくる親と一緒です。

 

「分かってるよ!今やろうと思ってたんだよ!」

と思ってうざいですよね。

それと同じです。

 

なので、やるべきは
相手のダメなところを指摘するのではなく、
むしろ褒めまくることです。

あることないこと、とにかく褒めまくるのです。

 

まず、相手の良いと思ったところは
どんどん褒めましょう。

 

例えば、俺であれば
ご飯作ってくれた時は、

「もうできたの?はやー!
しかもうまー、金取れるレベルだわ、天才だね〜」

とか、

「マスタング嫁の
作るカフェオレは世界一だわ〜」

などと言います。

 

これは割と本心なので
言いやすいです。

 

で、次、褒めることに慣れてきたら
今度はあまり思ってないことも言います。

「かわいいね〜」

「きれいだね〜」

「肌綺麗になったね〜」

「痩せたね〜」

思ってなくても良いです。

最初は嘘をついてるみたいで
気持ちわるい感じがします。

でもとりあえず、とにかく言いましょう。

 

そうすると、不思議なことが起こります。

 

まず男性側に起こること

1、相手の良いところに目を向ける癖がつく。
そうすると、今まで気になっていた悪いことよりも
良いことの方に目が行くようになります。

 

2、嘘でも「かわいい」と言っていると
自己洗脳されてだんだん本当にかわいいと
思えてくる。

 

女性側に起こること

「かわいい」と言われることによって
もっとかわいくなろうとする。

昔の俺はアプローチが間違っていて、
相手のダメなところを指摘しようとしていました。

 

かわいくない人にかわいくないって言っても
意味ないのです。

言われた女性は
「私なんてどうせブスだし」と、

ヘソを曲げて表情も暗くなり、
ストレスでドカ食いして
どんどん美意識が下がり、
もっとブスになります。

 

逆に「かわいいね」と
言われたらどうでしょう?

当然嬉しくなります。
普段言われないからなおさらです。

そして、
「もっとかわいくなりたい!」

と思います。

そして、本当にかわいくなります。

 

ちなみに、これ実際の実験結果があります。

これ同一人物です・・・
全っ然ちがくないですか????

これは
「イタリア人男性に50日間褒められたら
オタク女子はどう変化するか?」

を検証した番組です。

 

ビフォーの状態って
明らかにかわいくないです。

おそらく言う方も抵抗あります。
「いや〜これはさすがに厳しいな〜」

しかし、そこを突破して
「かわいい、かわいい」と言ってあげると
人は変わります。

褒めていると、それが本当になります。

ぜひ褒めまくりましょう。

 

※ちなみに、この褒める技術は
物を売るときも重要です。

 

最近、ハリーウィンストンという
銀座の超高級宝石店にいったとき、
店員さんに

 

「うちの店に指輪を探しに来られるなんて、
相当お仕事を頑張ってこられたんですね・・・。

これまでの道のりは大変だったことと思います。

ぜひ、それに相応しい最高級の指輪を
弊店で見つけていただければと思います。」

 

と、言われて俺はしびれました。

 

なんて素敵な店員さんなんだ・・・
この人は俺の理解者だ・・・

そんな嬉しい気持ちになって、
この人の勧める指輪なら買いたい!

と思ったのでした。

 

高級店の接客は
非常に勉強になります。

言葉一つで数百万の指輪を
買いたくさせるトーク術はすごいです。

 

そこに使われている技術の一つが
褒める技術です。

 

褒めるって無料で出来るのに、
相手を喜ばせることが出来るので、
非常にコスパ良いです。

なのでぜひ、奥さんはもちろん
どんどん周りの人を褒めまくりましょう。

 

3、なかよしノートをつける

これはマスタング家で実践している
オリジナルの方法です。

一度ガチな離婚の危機が訪れて、
それを解決するために生まれました。

これのおかげで死ぬほど関係が改善しました。

結論から言うと、
不満があったときに、
口論せずに文章でやりとりするためのツールです。

 

マスタング家では
何か相手にムカつくことや不満があったときは
ノートに書いてやりとりして、
できるだけ口ゲンカを減らしています。

(どんなやりとりかは後述します)

ルール↓

なぜこの方法をとっているかというと、
我が家の課題として、
口論になった時、

マスタングがマスタング嫁を
毎回論破してしまい、
マスタング嫁が何も言い返せなくなり、
どんどんストレスが溜まっていく。

ということがありました。

 

口論する

マスタング嫁論破される

マスタングに言いたいことがあっても、
どうせ言い負かされるから、言うのやめとこ

ストレス溜まる

溜まりに溜まったストレスが突然爆発

戦争勃発

離婚危機

 

マスタングに何を言っても
言いくるめられてしまうので
話し合いで解決しようとしても、
解決できないのです。

 

なので、お互い不満がある時や
注意事項がある時は
ノートに書いてそこでやり取りしています。

なので、基本的に相手にムカついたときは
話し合いはしません。

 

俺の不満(死ぬほど辛辣です)↓


それに対するマスタング嫁の返信↓

マスタング嫁からの注意事項の連絡↓

 

これによって、良いことが3つあります。

 

1、不満がある人は
ノートに書き殴ることで怒りが一旦収まる。

 

2、不満を受け取った人は
自分の好きなタイミングに
冷静な頭でゆっくり返信できるし、
その返信を受け取る側も冷静な時に受け取れる。

口論しているときは頭に血が上っていて
冷静な判断ができません。

売り言葉に買い言葉で
本当は思ってもいないのに、
辛辣な言葉を浴びせてしまうことがあります。

それを防止できます。

 

3、ミスが見える化される。

ノートに残すということは記録が残ります。

相手から同じようなことを
毎回ノートに書かれたら
同じミスを繰り返していることになります。

すると、

「あー自分また同じミスしてるわー
申し訳ないなー」

と思うようになり、
今後よりいっそう気をつけることになります。

 

あとは、文章だときっちりやり取りしないと
いけない雰囲気があるので、

再発防止のためにこうします。

と、宣言しなきゃいけない雰囲気になります。
それによって、ミスの再発が防げるようになります。

 

このなかよしノートが良いのは自然と
ケンカしなくなる事です。

このノートを始めて
初期に2ページぐらい使ってからは
しばらく書いていません。

前はしょっちゅうケンカしていたのですが、
全然ケンカしなくなりました。

 

 

これがLINEみたいなチャットだと
タイムリーにやりとり出来てしまうので
微妙なんですよね〜

長文即レスの応酬になってしまいます。
口ゲンカとあまり変わらない。

ノートというアナログな手段を使って、
やりとりに時間差を生むのがポイントです。

 

 

あと、なかよしノートという
ネーミングも脳科学的に重要です。

 

これが『ケンカ防止ノート』だとダメです。
ケンカというワードが含まれているので、
脳が戦闘モードに入るんですよね。

ここら辺の脳の仕組みについては
また機会があれば話そうと思います。

 

ぜひ、ノートを買ってきて
作ってみてください。

 

まとめ

俺と嫁は大学生から付き合っているので、
もう12年近くの付き合いになります。

その間、ケンカしまくりながらも、
改善に改善を繰り返して今に至ります。

 

脳科学を勉強したり、
心理学勉強したり、
催眠術勉強したり、いろいろ勉強した結果、
今回紹介した3つが重要だとわかりました。

1、感謝を伝える
2、褒める
3、なかよしノートを活用する

実践することで
非常に良い関係になり、
日々幸せな状態が続いています。

 

ビジネス的にも良いです。

イライラしないので集中できます。

 

ちなみに、なぜ俺がここまで
夫婦の良好な関係を追求するか?というと、

ビジネス的な理由もありますが、
俺の実家が親のケンカにより、
家庭崩壊していたからです。

 

俺は子供ができた時に
それと同じことを再発したくないし、
そういった家庭が増えてほしくないのです。

 

我が家の父と母はいつもケンカしていました。

二人が怒鳴りあっていて、
ケンカが始まると、
「ガシャーン!」と家の食器が割れる音が
聞こえてきます。

 

俺は小さい頃から
親のケンカが始まると、
布団に包まり、震え、泣きながら
耳をふさいで

「はやく仲直りしますように」

と、ブツブツとお祈りしていました。

 

高校生の時、
ケンカがエスカレートして、
父が母を精神病院の牢屋にぶち込んだ時、
俺はケンカを聞かなくてよくなる・・・

とホッとしました。

 

母は精神がおかしいわけではありませんが、
母のことを鬱陶しくなった父が

母の頭がおかしくなったと嘘をついて、
病院の人に来てもらい、
強制的に精神病院にぶち込んだのです。

母は頭が働かなくなる注射を打たれて
3日間ほど牢屋に入れられ、
1ヶ月ほど精神病院の施設で暮らしていました。

 

俺はそれを聞いて
母を心配するどころか
ホッとしていました。

父か母のどちらかが
家からいなくなってくれたことで
ケンカが起こらなくなるからです。

 

当時の俺は変な精神状態で
まじで生きていてしんどいことしかありませんでした。

何も楽しくなかった。

だからこそ、自分が親になった時に、
二度とあんな悲劇は繰り返したくない。

 

なので、改善を繰り返してきました。

 

パートナーとの関係は
ビジネスする上で非常に重要です。

奥さんや彼女が協力してくれたり、
応援してくれたら頑張ろう!
って気持ちになります。

 

そして、応援してくれる奥さんを
早く幸せにするためにも
頑張って早く結果を出そうと思えます。

 

逆に奥さんが味方じゃないと、
やっていてしんどいです。

逆流の川を泳ぐようなものです。

だからこそ、
奥さんが応援してくれるよう
普段から良い関係を築いておくのが重要です。

 

今回のパートナーとの関係は
ビジネスだけでなく、
日本全体で重要だと俺は考えます。

 

俺は美容サロンを18店舗経営していた時、
女性を50人以上雇用していましたが、
シングルマザーの多さにビビりました。

半分近くがシングルマザーでした。

 

お母さん1人で子供を支えるって
ものすごいことだし、俺は尊敬します。

でも、経済的にも、労力的にも
精神的にもめちゃくちゃ大変です。

 

だからこそ、
中には防げた離婚もあったんじゃないかな?

と思います。

もちろん事情はそれぞれですが、
防げるものは防げた方が良いと思うのです。

 

だからこそ、
ビジネスやる人だけでなく
世の中全体に今回のような考え方が広まって
幸せなカップルが増えれば良いなと思います。

きれいごとみたいでキモいすけどねw
でも本気で思ってます。

 

ということで、
1、感謝を伝える
2、褒める
3、なかよしノート

ぜひ実践してみてください!

 

では!

ーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は年収1億円稼ぐ23歳の富裕層と出会い、
月収200万以上稼げるようになり、人生が激変しました。

昔はトヨタの本社で
レクサスの開発者をしていましたが、
今はたった一人でほとんど働かずに
上記の金額を稼いでいます。
たぶん超絶怪しいですよね。

お前には才能があったんだろ?とも言われます。
ですが、僕はもともとビジネスが
得意だったわけでもなければ、
しゃべるのも文章を書くのも大の苦手でした。

そんな僕でも自信を得ることが出来て
1年で月収200万まで稼げるようになりました。
結局慣れなんですよね。
ビジネスに才能なんて要りません。
どんな人でも学んでいけば稼げるようになれる。

僕マスタングが月収200万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

月収200万になったマスタングの人生激変物語

ーーーーーーーーーー

下記画像をクリックしてトヨタ脱出物語の続きを読む  


>>詳細が気になる方はこちらをクリック<<