ネットワークビジネス勧誘の手口、方法、特徴のまとめ

こんにちは、マスタングです。

この記事では

僕が昔、自分の年齢の倍くらいある
ネットワークビジネスのババアに誘われて、
ネットワーク勧誘の手口を

めちゃめちゃ把握した事について紹介します。

 

ザックリ言うと、
あるババアとの出会いは

僕がミクシーをやってたら、
ある人からメッセージが来て、
今度タコパしましょうとなり、

そしたらその会は実はネットワーカーの集まりで
その中のババアにしつこく勧誘されまくったって感じです。

 

当時は大分しつこい勧誘を受けましたが、
おかげさまで、ネットワークビジネスの勧誘方法に
めちゃくちゃ詳しくなり、

現在では5分話しただけで相手がネットワーカーか
判別出来る能力が身につきました。

 

そこで今回は、あなたが

「友達が出来たと思ったら、実はネットワークビジネスの勧誘目的の人でした」

とならないように、

ネットワークビジネス勧誘の手口、
方法、特徴について書いていこうと思います。

 

これを読むことで、

ネットワークビジネスの勧誘目的の人を
見分けられるようになり、イベントや飲み会で変な人と
関わって嫌な思いをすることがなくなります。

 

あるババアとの出会い〜僕のネットワーク勧誘体験談〜

僕は以前愛知県で
働いていたのですが、
出身が東北なので友達が
全然いませんでした。

 

そこで、会社以外での友達が作りたくて、
よくイベントやパーティー等の交流会に行ったり、

当時はまだmixiも使ってたので
こんな↓メッセージをくれる人とも会ったりしてました。

 

一緒にご飯にいったり遊んだりして話ができる人を探してます!
最近は,おいしいスイーツやグルメ・お酒があるお店を探して行ってみたりしてます☆

友達になってくれると嬉しいです~( ´ ▽ ` )ノ

※実際のメッセージです。

 

あっちから友達になりたいと言ってくれるなんて、
もう当時の僕からしたら神です。

しかし、もうお気づきだと思いますが、
こういうメッセージをくれる人は

 

 

 

 

99%ネットワーカー

 

なんですけどね・・・。

 

で、メッセージをくれた人のタコ焼きパーティーにいた同年代の男の子と50歳ぐらいのババア(今考えれば組み合わせオカシイ)と出会い、僕は初めてのネットワークの勧誘を受けるのでした。

 

〜後日3人で飲んだ時〜

開始5分後

ババア「マスタング君はトヨタに働いてるのよねぇ〜?、将来結婚してお小遣い制になっちゃったら嫌じゃなぁい?」

 

僕「僕はお小遣い制嫌なので結婚してもお小遣い制にはしないっすねー」

 

ババア「でも自分のお小遣い増えたら嬉しいよね^^」

 

僕「え、だからお小遣い制にはしな・・・」

 

ババア「トヨタも将来何があるか分からないしねぇ〜^^」

 

僕「は、はぁまぁ・・・(こっちの話無視かよ・・・)」

 

と、開始早々完全に一方通行のトークが1時間繰り広げられ、

 

最終的にババアは

ババア「ア○ウェイって知ってる?(どん)」

 

と斬りこんできました。

※アムウェイはネットワークビジネス業界で最大手の会社

 

いやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいや

 

え?なに?そういうこと?友達なりましょうってそういうこと?ネットワークフレンドになろうってこと?元々勧誘するつもりで近づいてきたってこと?

 

ネットワークビジネスについては
軽くは知ってたものの、
実際に勧誘されたのは初めてでした。。。

 

 

初めて会社以外で友達が出来たと思ったのに・・・

 

 

僕は絶望しました。

 

で、そのまま引き下がるのも悔しくて、
根掘り葉掘りネットワークビジネスについて聞いて、おかげさまでめちゃめちゃ詳しくなったというわけです。

 

ちなみに、その後ネットワークはやらないよと断ってからは一切連絡が来なくなりました(友達って言ったのに 泣)

 

ネットワークビジネスとは?

ネットワークビジネスは簡単に言うと、

 

口コミで宣伝して、
会員を増やしたり、他の人に商品を買ってもらうと、
利益の一部が貰えるというビジネスです。

 

化粧品でも洗剤でも何でもいいのですが、
普通の商品はCMなど莫大な広告費を使って、
自分の会社の商品を宣伝しますが、

 

ネットワークビジネスは広告を使わず、口コミ
使って宣伝する事で広告費を浮かせ、
その分紹介してくれた人にお金を還元するという仕組みです。

 

会社によってルールに違いはありますが、
紹介するほど(自分の下に人をつけるほど)
商品を使う人が増えるので、その分お金が入ってくると言う訳です。

 

バイナリー

 

ネットワークビジネスとマルチとねずみ講の違い

人によってネットワークビジネスを
マルチと言ったり、ねずみ講といったりしますが、
ネットワークビジネス=マルチです。

マルチと呼ばれるのはMLM(マルチレベルマーケティング)というマーケティング手法から来ています。

 

ネットワークビジネスをやっている人にマルチというと、

 

マルチじゃない!

 

と顔を真っ赤にして否定してきますが、
その人はマルチの語源を知らないだけなんです。

 

で、ややこしいですが
ネットワークビジネスとねずみ講は違います

 

ねずみ講の特徴を挙げると、

・違法

・商品・サービスがなく、会員費が収入源

・トップが末端のお金まで取れる

 

ねずみ講は「実態の無いものを次々に人に売っていく事で被害の連鎖を作っていく」で、

 

それに対して、
ネットワークビジネスは広告宣伝費をかけずに、

製品開発費や口コミ料にお金をかけることで、
良い物を生の声で人に紹介していくので

ビジネスモデル的にはハッピーなんですよ。

 

やってる人たちが変な人が多いので
イメージがめちゃめちゃ悪いですが。

 

もし、イメージしにくければ、
美容室の紹介割引をイメージしてみて下さい。

 

あれもネットワークビジネスと仕組みは一緒で、
友達を紹介すると、自分も友達も50%割引になるじゃないですか?

お金を貰えるか割引かの違いなだけで。

 

で、自分も友達もお店もハッピーですよね。

言うなれば、WIN-WIN-WINです。

 

広告ってめちゃめちゃお金かかるんですよ。

地域にもよりますが、
ホットペッパーに丸々1ページ載せると、85万円かかります。

 

だからビジネスやる上で広告宣伝費って
結構頭が痛いんですけど、
紹介だったら半額にしても
大して経費かからないですからね。

だからみんなハッピーなわけです。

 

ネットワークもビジネスモデル的には同じなので、
ネットワークビジネスの手法自体は凄く優秀なのです。

(しかし、その本質を理解せずに
やってる人が多いのでおかしなことになっています・・・苦笑)

 

僕は今海外でフリーランスとして
ビジネスやってるからこそ言えますが、

ネットワークビジネスの人たちって
びっくりするほどビジネスに関して不勉強ですからね・・・汗

 

ネットワークビジネスの勧誘の手口、方法、特徴

では、ネットワークビジネスの勧誘の手口です。

 

これを読んで、イベント等に参加すれば、
変な人に騙されて嫌な思いをすることもありません。

 

ネットワークビジネスに勧誘されやすい人

まず、どんな人が勧誘されやすいかと言うと、大きく分けて2つ。

 

①友達、人脈を作りたい人
②お金や仕事について悩みがある人

 

例えばこんな人です↓

①の場合、

知らない土地に引っ越してきたばかりの人、
仕事が忙しく、平日休みで友達が少ない人、
営業や起業するために人脈を作ろうとしてる人

 

②の場合、

仕事を辞めたい人
副業情報を求めてる人

 

友達や人脈が欲しい時は、
当然人の集まるところに行きますよね。

すると、そういう所には必ずと言っていいいほど、
ネットワークビジネスの勧誘目的の人がいます。

 

そこで友達が出来たー!と喜んでいると、
実はネットワーカーだったという事になります。

 

彼らは人とつながる事が目的なので、
めっちゃ積極的に話しかけてくれるので、すぐに仲良くなることが出来ます

 

どこから来たんですか〜?
こういうイベントよく来るんですか〜?

と、気さくに話しかけてくれます。

 

また、今の仕事をやめたい副業したい等の
理由でセミナーや異業種交流会などに行くと、
必ずと言っていいほどネットワークビジネスの人がいるので勧誘にあいます。

 

仕事を辞めたい初期の頃って、
どう行動したら良いかが分からないので、
とりあえず会った人に相談しちゃうんですよね。

僕もそうでした。

そうすると、ネットワーカーからしたら
カモはっけーん!みたいな。

 

だから、まず相手が何してるかを
ちゃんと聞いてから相談しないとダメですね。

 

ネットワークビジネスに勧誘されやすい場所

イベント、パーティー、無料セミナー異業種交流会社会人サークル、キャッシュフローゲーム、朝活会、合コン、女子会、立食パーティー

が多いです。

大抵どこでもいますが、基本的に誰でも参加出来るイベントや、会費が安いイベントにたくさんいます。

 

僕がババアに会ったのも、はじめましての人ばかりのタコパでしたしね。後から知りましたが、あのタコパはネットワーカーかそのカモしかいなかったみたいです・・・

 

ネットワークビジネス勧誘の手口、方法

ここからが一番重要な所です。

ネットワークビジネスの勧誘の手口、
方法は大きく分けて3つあります。

この3つを押さえておけば、
ほとんどのネットワーカーはフィルタリング出来ます。

 

①後日お茶型

これが一番多いパターンです。

イベントなどで会った人から
後日Facebookのメッセージで
こんな感じの↓連絡が来ます。

 

昨日はありがとうございました^o^ イベント楽しかったですね。
もっとお話ししたいので良かったら今度お茶しませんか?

 

このポイントは、会う目的が全く分からないと言う所です。

なぜ自分を誘ったのかが全然見えてこないのと、
会って何を話したいのかが全く分からないのです。

 

あちらは何かしら理由や意図があるから
誘ってきてる訳で、
でもその理由がよく分からないのは何か裏があるのです。

 

大抵こういう人が言う理由は理由になってないんですよね。

 

もちろん、イベント当日に仲良くなって連絡先を交換して、後日もっと一緒に話したいってのは普通にあると思います。

でもそれは相手とある程度話して、
自分も相手もお互いに興味が湧いてるから成立するのであって、

 

基本的に彼らは少しでも多くの連絡先をゲットする事に必死なので、一回一回の絡みがとても希薄なのです。

 

そのため、当たり障りない一方的な理由で誘ってくるのです。

あと、お茶というのもポイントです。

 

基本的にネットワーカーは
空いた時間は人に会わなければいけないので、

人と会うたびにご飯なんか食べてたらお金がかかってしょうがないので、低コストなお茶を誘ってきます。

②煽り型

これはネットワークに限らず、
投資の誘いでもそうなのですが、

相手が悩んでる事や不安を煽ると人を操作しやすいのです(だから自分が弱ってる時は注意が必要です)。

 

大抵の人はお金、仕事、人間関係の悩み、将来への不安を持っています。

ネットワーカーはそれを知っているので煽って、興味づけしてきます。

 

僕の場合だと、

トヨタだと仕事忙しくない?私の知っているトヨタの人はね・・・

大企業でもこのご時世、将来安泰とは言えないよね?ほら○○って企業も・・・

将来結婚したらお小遣い制になっちゃうの嫌じゃない?月々少しでも自分で自由に出来るお金を持てたら良いと思わない?

今の日本だと年金は当てにならないよね、何か備えはあるの?

 

確かに的を得たことは言ってるんですよ。
大手の会社も今後はやばい。

 

なぜならインターネットの登場で
人々の趣向はどんどん多様化してきたからです。

例えば、一昔前は酒と車と女が多くの人の楽しみでしたが、

現代ではアニメ、スマホアプリ、ゲーム、youtubeなど選択肢がたくさんありすぎて、お金の流れが分散しています。

 

つまり、商品の大量生産が得意で
小回りが利きづらい大企業にとっては、
人々の趣向が多様化するのは不利な要素でしかないし、

ましてや中小は大企業に仕事を
依存している場合が多いから、

今後不利な大企業よりさらにやばい。

 

だから彼らが言ってることは実際当たってるんですよ。
(手段としてネットワークビジネスを選択するのは理解不能だけれど)

 

 

 

③ズラし型

最後がズラし型です。

これは後日、自分の関係するイベントに誘うパターンです。

 

大抵誘われたイベントに行くと、
そこはネットワーカーの巣窟なので、おかしな人がたくさんいます。

 

女子会合コンクラブイベントキャッシュフローゲーム

 

あたりです。

 

ネットワークビジネスを
やっている人の70%が女性と
言われているので、女子会も割合として多いです。

 

イベント終了間際ぐらいに、
30秒だけ話して、「今度女子会やりましょ~!」
LINEを交換し、後日謎の女子会に誘う人がよくいましたね。

 

ネットワークビジネスを勧誘してくる人の特徴

まず注意点ですが、ネットワーカーでも
ピラミッドの上位にいる人と下位にいる人では性質が違います。

 

上位にいる人は
上に上がれるだけあって、

魅力的な人も多いのですが、
下位のネットワーカーは必死なので
独特の気持ち悪さがあります /(^o^)\

 

基本的に僕たちが普段遭遇するのは
下位ネットワーカーなので、その特徴を挙げていきますね。

 

下位ネットワーカーは、発言価値観で見分けることが出来ます。

 

彼らの好きなワードや発言は、

権利収入、仕事は○○の代理店をやってる、金持ち父さん貧乏父さん、知り合いで凄い人が居るから会わせてあげる

ほぼこれです。

もう君たちそれ以外の
レパートリー無いのかってぐらいこれです 笑

 

権利収入とか言い始めたら鉄板ですね。

 

次に価値観についてですが、
自分勝手な場合がほとんどです。

 

アポを取る時はこちらの都合を考えずに
強引に時間や場所を決めてきます。

 

これ普通に友達でも嫌じゃないですか?
こちらの都合も聞かずに自分の次のアポがある場所に近い場所を強引に設定してくるんですよね。

効率を求めることに必死で信用が生まれないから逆に効率悪い状態になってて、なんだかな〜と思います。

 

〜最後に〜なんだかんだで勧誘にあってよかった

意外かもしれませんが、
僕はあの時ネットワークに勧誘されて良かったと思っています。

ネットワークをやりたいとは思いませんが、
あの勧誘が今会社を経営するきっかけに
少しはなったような気がするからです。

 

僕は昔トヨタ自動車で働いていて、
社外の人からは羨ましがられました。

給料が良くていいね、
将来安泰だね、

そんな事をよく言われてました。

しかし、現実は人手が足りず、毎日残業で夜遅くまで仕事・・・。
会社の先輩や上司は仕事が辛くて鬱になっている人がたくさんいました。

先輩も同期も口にするのは会社の不満ばかり。

 

自分も将来ああなってしまうんだろうか・・・?

給料は安定していても心の安定はありませんでした。

 

何とか独立して現状を変えようと、
色んなセミナーに参加してみたけれど、
結局ダメで、
どれも続かず自分には向いていないし、
大人しくサラリーマンを続けようと思っていました。

 

しかし、そんなある日、ひょんな事から
年収1億円の23歳経営者と出会いがあり、
僕の人生は激変しました。

 

その経営者から自分の興味あることについて
ネット上にアップして影響力をつけると
収益が上がる仕組みを教えてもらいました。

 

正直、最初は半信半疑でした。

怪しいなと思っていたし、
どうせよくある変なビジネスだと
思っていました。

 

でも、

パソコンとインターネットが
つながる環境さえあれば、いつでもどこでも
仕事が出来る世界

に魅力を感じて、
僕はチャレンジしてみました。

 

少しずつ勉強したことを
実践していった結果、収益が少しずつ出始め、

今では海外に住みながら自分のビジネスだけで
生活しています。

 

 

忙しかったサラリーマン時代とは
180度違う人生になり、
人生がめちゃめちゃ楽しくなりました。

そして会社を作るほどに成長しました。

 

だからネットワークの勧誘で嫌な思いもたくさんしましたが、今ではあのババアにも感謝しています。

ババアありがとう!!\(^o^)/

 

僕の人生の転機になった
年収1億円の23歳経営者と出会って
人生が変わった話はここに書くと長くなってしまうので、
こちらに書きました。

よかったら読んでみてください↓

月収500万の23歳 IT社長と出会って人生が激変した話

 

 

 

おすすめ漫画

僕はほんの少し前までトヨタ自動車で車の開発をしていました。

しかし、ある事がきっかけでトヨタを辞めることになります。
その物語を漫画にしました。

下記画像をクリックしてトヨタ脱出物語の続きを読む  



おすすめブログ記事

年収1億円の男と出会って人生が激変した物語

僕は年収1億円の23歳起業家と出会ったことがきっかけで、世界中を旅しながらほとんど働かずにお金を稼げるようになりました。

ですが、
「働かずにお金を稼いでる」なんていうと、超絶怪しいですよね。
元々はトヨタでレクサスの開発をしていましたが、
このまま仕事ばかりの狭い世界だけしか知らず年をとったら、
絶対将来後悔すると思ったので僕は自分の力で生きることを選びました。

元々ビジネスが得意だったわけでもなければ、
しゃべるのや文章を書くのが得意だったわけでもありません。

そんな僕でも自信を得ることができて、
自由を手にすることができました。
結局慣れなんですよね。


どんな人でも稼げるし。
学んでいけば誰でも自信を得て稼ぐこともできる。

僕マスタングが自由を手にできた理由を下記の記事では公開しています。

年収1億円の男と出会って人生が激変した物語