ハイアット セントリック 金沢のスイートに泊まった感想と気づいたこと

マスタングです。

この記事でも紹介した金沢旅行で
ハイアットセントリック金沢の
金沢スイートに泊まりました。

泊まってみて気づいたことを残しておきたいと思います。

 

部屋の紹介動画

動画

 

感想:微妙なのでリピるほどではない

結論から言うと、
微妙なのでリピるほどでもないなって感じです。

 

というのも、
ちょいちょい「ん?」と思うところがあって、

 

例えば、

ゴミ箱が少なかったり

洗面所がなんか微妙に使いづらい

スリッパが置いてる場所がわかりづらかった

せっかくジャグジー付きの風呂なのに、バスソルトがなかった

ソファーがしょぼくて座ってると疲れる

引き出しの中に収納されていたシャンパングラスが匂う

ネットフリックスを見るためのハイアットのアプリの使い方がわかりづらい(わざわざ電話して聞くほどでもないし、どこかに説明書いてあればなと思った)

風呂からの景色が微妙だった

部屋から見える景色も微妙

トイレ個室内の洗面台のゴミ箱がないので、手を拭いた紙を捨てられない

ルームサービスに良いお酒がもっとあると良かった(飲みたいやつがないから、クリュッグを別で買ってきて飲んだ)

朝ごはんがあることを知らされなかった。
予約した時の予約詳細にも特に書いてなくて、(チェックアウト時に「ご朝食はいかがでしたか?」と聞かれて、初めて朝ごはんがあることを知った。

 

良かったのは

ソファーが広いのは良かった

金沢ならではの置物や本があって、金沢らしさを味わえる

部屋番号が描いた九谷焼の皿がかわいい

シャンパンやゼリーが無料でついているのは嬉しかった。ゼリーが超美味しかった

スタッフさんからのお手紙があったのは嬉しかった

充電器が色んな種類の端末に対応した充電器を貸してもらえた

 

という感じで、10万円以上出して泊まって感動体験得られるかなーというと、そうでもないなって感じです。

 

特に減点ポイントがちょいちょいあるのはもったいないなって感じがしました。

 

景色が微妙とか構造的にもうどうしようもないものは置いといて、

例えば、どうしようもあるものが結構あるなと。

 

朝食あるの知らされないとか、バスソルトないとかスリッパどこやねんとか、シャンパングラス臭うとかはハードではなくサービス的なところなので、こういったところが微妙だとスイートでこれか〜って感じがします。

 

 

ヴーヴ(シャンパン)が付いてくるのはサプライズで嬉しかったんですけど、ゆーてこの価格帯に泊まれる客層だとシャンパン付いてきたぐらいだとそこまで喜ばなくない?と思いました。

 

お、気が利きますね〜ぐらい。

 

スイートに泊まる人ってシャンパン自体、日常的に飲んでいるので、出されても店で売っている価格が分かってしまうのであまり感動しない。

 

普段飲んでるし、飲みたかったら普通に買うしな〜って思ってしまいます。

 

めっちゃ希少で高いシャンパンだったら別ですけどね。

 

そこまで感動しないってことは、

「金沢のハイアットに泊まったら、シャンパンがついてきたんだよ〜!」

みたいなクチコミも発生しない。

 

ヴーヴぐらいだとSNSに載せても

「ヴーヴではしゃいでるんだ〜」

って周りに思われそうで載せづらいなと。

 

てことは、プレゼントしてくれるという気持ちは嬉しいんだけど、プレゼントしたところでそこまで感動体験につながらないので、

ホテル的にはコスパの悪いプレゼントをしてることになるんじゃないかと思います。

 

それだったら金沢の酒屋さんの日本酒系のスパークリングの小瓶を数種類とか、金沢特有のおつまみとか、そういう方が印象に残るし嬉しいなあと。

 

なので、ここのサービス考えている人は色んなホテル泊まり歩いてるのかなーと普通に疑問に感じましたね。

お客さんの求めているものと提供者側のズレを感じました。

 

飲食店とかサービス業について超思うのは、一番の消費者が一番良いサービス作れるってことです。

 

例えば、料理がまずい飲食店がなぜ存在するかというと、料理人自体が食べ歩いて勉強してないんですよね。

普段から自分の作った料理ばかり食べているので、いつまでも成長しません。

 

逆に消費者として食べ歩きしまくっている人の方が、消費者目線での味覚が洗練されているし、色んなサービスを受けていてお客さん気持ちが分かるので、そこら辺の飲食店より良い料理を作れたり良いサービス作れたりします。

 

ホテルも同様で良いサービス提供するのであれば、その客層の気持ちが分からないと良いものは提供できないよなと。

 

例えば、シャンパンとかいらんので、

生花飾ってあるとか、

リッツみたいに部屋に入ったら音楽が流れてるとか、

ムードづくりがされてあったらもっと良いなあと思いました。

 

せっかく良い部屋なのに無機質だなあという感じがしました。

 

あとは、来る時は荷物運んでくれるけど、帰りは自分で持っていかなきゃいけないので、一気にそこで現実に引き戻される感があるので、加賀屋みたいに部屋から運んでくれたら良いのになと思いました。

 

全ての部屋の人に同じようにする必要はないと思うけど、せめてスイートぐらいはそういうサービスをやってあげた方が良いのでは?と思いました。

 

ビジネスでは太客のリピーターをいかに作るかってのが大事なので、せっかく来てくれた人の心をガッチリつかめるかが大事です。

 

良いことはもちろん記憶に残るけど、脳科学的には悪いことの方がより印象に残りますからね。

加点ポイントを伸ばすのも大事だけど、スイートだと減点ポイントを減らすのは超大事だなと思いました。

 

ということで、引き続き色んなホテル見て知見を貯めていこうと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は年収1億円稼ぐ23歳の富裕層と出会い、
月収200万以上稼げるようになり、人生が激変しました。

昔はトヨタの本社で
レクサスの開発者をしていましたが、
今はたった一人でほとんど働かずに
上記の金額を稼いでいます。
たぶん超絶怪しいですよね。

お前には才能があったんだろ?とも言われます。
ですが、僕はもともとビジネスが
得意だったわけでもなければ、
しゃべるのも文章を書くのも大の苦手でした。

そんな僕でも自信を得ることが出来て
1年で月収200万まで稼げるようになりました。
結局慣れなんですよね。
ビジネスに才能なんて要りません。
どんな人でも学んでいけば稼げるようになれる。

僕マスタングが月収200万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

月収200万になったマスタングの人生激変物語

ーーーーーーーーーー

下記画像をクリックしてトヨタ脱出物語の続きを読む  


>>詳細が気になる方はこちらをクリック<<