年収1億円の23歳経営者と出会って人生が激変した元トヨタマンの物語

はじめまして、マスタングです。
この記事では

トヨタ自動車でレクサスを開発していた僕が
うつ病寸前になり、
会社を辞めてビジネスを始めたこと。

年収1億円の23歳の経営者と出会い、
知識ゼロ、経験ゼロの状態から
インターネットを使って起業し、
5ヶ月目に月収40万円、
9ヶ月目には月収110万円を超えて経営者になったこと。

を中心に

僕の自己紹介や
このブログの目的について話していきます。

〜〜〜〜〜

僕は今29歳で会社を経営しています。
インターネットを活用したビジネスの会社です。

元々はトヨタ自動車でレクサスという
車の開発をしていたけれど、
トヨタを辞めて独立しました。

 

 

で、トヨタを辞めた今は
会社を経営したり、
旅が好きなので外国をふらっと一人旅したり
自由な感じで生きています。

 

箇条書きで、軽く自己紹介を
しておくと、

・年収1億円の23歳経営者との出会いがきっかけでビジネスを始める。

・トヨタを辞めてオーストラリアを旅していた時に、ネットを使って起業する。

・起業資金も才能もなかったが、学びまくった事で稼げるようになる。

・起業4ヶ月後には月収40万円、9ヶ月後には月収100万円を超える。

・1秒も働かなくてもインターネット経由で収益が出る。

・MacBook1台だけで仕事になる。

・旅が好きなのでフラッと海外に行きながら仕事をすることもある。

・ビジネスの実績が買われて、大企業のWebマーケティングを手伝っている。

・懇親会を開催すると日本全国からメルマガ読者さんが集まってきてくれる。

etc.

他にもありますが、
僕はこんな感じの人間です。

おそらく、
年収1億円の23歳と出会った。とか、
日常とはかけ離れていて、
もしかしたら信じられないかもしれません。

ですが、世の中広いもので
探せばとんでもない人間が
ゴロゴロといるものです。

 

僕は今会社を経営していますが、
元々才能があったとか、
ビジネスに詳しかったとかは
全くありません。

むしろ僕は才能がない部類で

親は経営者でもなんでもなくて、
中卒の土木作業員だったので
商売とは1ミリも関係ないタイプの人間ですし、
僕自身は大学時代、
経済とか経営を一切学んだことがなく、
ゴリゴリの理系でした。

大学時代は石ころを1500度ぐらいで
ひたすら溶かす毎日で、
人とろくに会話すらしていなかったので
コミュ障でした。

ですが、ゼロの状態から
勉強してビジネスで収益を出せるようになりました。

 

僕がなぜこのようなブログを
やっているかというと、
僕の発信する情報で
人生が楽しくなる人を大量に増やしたい。
と思っているからです。

なぜ人生が楽しくなる人を増やしたいのか?
というと、単純な話で
自分が昔全然人生楽しくなかったからです。

 

今回は僕がこのような活動をするようになった
経歴を共有しておくと
よりブログの内容が理解しやすくなるので、
僕の過去の物語を今から共有しようと思います。

 

貧乏、家庭崩壊、デブ、ニキビ、コミュ障でコンプレックスだらけだった幼少期〜大学院生時代

僕がトヨタに入ったり、
自分でビジネスを始めたのは
貧乏な青春時代を送ったことが大きいです。

家は貧乏なので、
親はお金のことで毎日ケンカしていて
家庭崩壊のような状態でした。

親がいつもお金の事で揉めているので
やりたい事や欲しいものを素直に言えず、
基本的に我慢我慢の青春時代でした。

で、僕は貧乏がコンプレックスになります。

 

なので、昔は中流以上の家庭を見ると
劣等感を感じていました。

 

例えば、大学生の時は
親が仕送りをしてくれる家庭が
超羨ましくて劣等感マックスでした。

僕の家は親が無職だったので
仕送りはもちろん
大学では授業料すら払えず、
授業料免除を申請したり、

基本空いている時間は
バイトバイトで貧乏暇なし状態だったので
仕送りをもらえる家は羨ましすぎました。

で、劣等感からひねくれます。

同級生が親のお金で海外旅行に行ったりすると、
自分が行けないのを棚に上げて否定します。

「わざわざ海外なんて危ないところ行くのはアホだろ」

と言っていました。

(もちろん心の中です。面と向かって言う度胸はありませんでした)

 

加えて、大学を卒業するまでは
今より20キロ以上太っていて
顔も頰からアゴにかけてニキビだらけでした。

なので、人生の大半はデブだのドランクドラゴンの塚地だの
ニキビだのブツブツだのと人にバカにされることが多く、
コンプレックスの塊のような人間でした。

なので全然自分に自信がありませんでした。

自信がないので人前で話すのも緊張するし、
知らない人と会った時は
目が泳いで超絶早口になったり、
急に無言になります。

要はコミュ障ってやつですね。

そんな状態で友達も少なかったし、
ずっと彼女もいなかったので
満足な青春時代を送れませんでした 苦笑

 

トヨタに就職〜うつ病社員が多すぎてビビる

貧乏に異常なまでの
コンプレックスを感じていた僕は
経済的な安定を求めてトヨタに就職します。

最初は仕事に燃えていて、
この会社でのし上がって金持ちになってやろうと
考えていました。

しかし、毎日同じような会議に出て
同じような資料を作る日常に
徐々に疑問を感じ始めます。

 

いつも残業で忙しく、家に帰っても
仕事をしなければ仕事が片付かないし、

先輩社員は遅くまで残って
ため息をつきながら仕事をしています。

 

で、楽しくないだけならまだしも
職場ではバタバタとうつで休職する人が
発生していました。

僕の教育担当だった先輩も
うつになり、急に会社に来なくなり、
3ヶ月ほど仕事を休んでいました。

これには危機を感じました。

おいおい大丈夫かよこの職場。。。
10年後、20年後、俺もこんな風になるのか?

 

しかもお金を求めて入社しましたが、
先輩社員の話を聞いていると、
家のローンの返済で毎月のお小遣いが1万円
なのです。

トヨタ社員なのに、お小遣い1万円・・・

これに僕は超ショックを受けました。

 

父と祖母の死、ビジネスとの出会い

で、会社に疑問を感じまくっていた時に
父が死んで、次の年は祖母が死にました。

これがきっかけで僕は
「このままじゃいかん」
と思って会社を辞めようと決意します。

 

で、最初は転職を考えますが、
なかなかピンとくる仕事が見つからず
僕はひょんなきっかけで
名古屋の起業セミナーに行き、
ビジネスを始めます。

ちょっとそこら辺の話は
話すと長くなるので
興味がある人はレポートを読んでみて下さい↓

俺の人生このままでいいのか?レポート

で、ビジネスを始めて3ヶ月後、
iPhoneの転売で40万円ほど稼いで
初めて自分の力で稼げたことに有頂天になります。

 

そこから楽しくなってビジネスにハマり、
色々勉強したり行動しているうちに、
行動力がついたり、コミュ障が改善されて
いい感じになりました。

ですがその後、会社の業務が忙しすぎて
うつ病寸前になります。

この時は毎日22時まで残業して、
それでも終わらないので家に仕事を持ち帰ったり、
休日出勤したり。

 

で、トヨタは残業管理に厳しいので
あまり残業していると上司に怒られます。

上司がどんどん仕事を振ってくるのに
残業すると怒られるのです。

なんという理不尽。

もうどうすりゃいいんだ。

この時は追い詰められました。

毎日エナジードリンクを
飲んで胃がキリキリするし、
頭が回らずにボーッとして
何も考えられません。

俺は何のために働いているんだ。

と悩む日々が続き、結果、
僕はトヨタを辞めることにしました。

 

海外でビジネスをするために世界一周に出発

で、仕事を辞めたものの、あてはありません。

なので僕はせっかく会社を辞めたんなら
今まで出来なかったことをしようと思い、
旅をしながら海外でビジネスをしようと考えます。

この時は思考レベルが浅く、
海外の方がチャンスがありそうだと思ったのです。

(実際は日本の方が超ビジネスしやすいです)

 

で、旅に出るまでの準備期間、
何もしないのもアレなので
旅好きの飲み会やBBQイベントを企画したり、

youtuberのジョーさんという
旅好きの間では有名なyoutuberの方を呼んで
イベントを開いていました。

 

で、世界一周に出発し、
1カ国目のフィリピンでは
路上で書道パフォーマンスをして、
自分が書いた書を売ったりしていました。

5時間ぐらいかけて20枚ぐらい売ったんだけど、
1枚10円とかなので、200円ぐらいしか儲からなかった 苦笑

そして、2カ国目のオーストラリアで
僕は運命の出会いを果たします。

 

23歳で年収1億円の男と出会い、人生激変

ある日、ネットをしているとブログで
23歳で年収1億円の男を見つけました。

ビビった。

そんな奴いるのか?

もちろん最初は超疑いました。
超絶にうさんくさいと思ったからです。

少し昔に流行った
「秒速1億円の男」的なのを
想像しました。

ただ、気になっていたので
チェックを続けていたら
その男と会えるチャンスがありました。

で、僕は超悩んだ結果、
当時いたオーストラリアから
その男に会うためだけに帰国しました。

その時のことも
俺の人生このままでいいのか?レポート
に書いてます。

 

で、実際その23歳に会ってみて
僕はビビります。

若いけど、この人はビジネスのプロだ。

アフィリエイトといわれる
ネットの代理販売で数千万稼いだ話や
自社で開発したシステムを販売した話、

大手企業をコンサルした話や
飲食店の売上を4倍にした話、
彼の周りにいる数百億クラスの人の話。

付いていけないほど
ぶっ飛んだ話をされました。

 

そして、僕は

「この人からビジネスを習いたい」

と思い、
4つ年下の彼に頭を下げて
弟子入りしました。

プライドもへったくれもありませんでした。
僕は本気でビジネスで成功したかったからです。

 

その後、僕はオーストラリアに戻り、
スカイプで指導を受けながら
アフィリエイトに挑戦し、
サーバーを売ったり、
ダイエット器具を売ったり
色んなものを売って、

4ヶ月目には月収40万円、
9ヶ月目には月収100万円を達成しました。

 

これは超嬉しかったです。

稼げるようになったのは
もちろん嬉しかったのですが、

成長してスキルが高まって、
物が売れるようになったり、
ファンみたいな人が出来たり
どんどん出来ることが増えて、

さらに、ビジネス仲間みたいな人が出来た
ことが嬉しかったのです。

 

昔は何も出来ないし、独りだったのに、
ビジネスを通してどんどん
人やスキル、お金が集まってきて
人生の可能性が増えていくのが
超楽しかったのです。

 

そして、僕は旅をしながらもビジネスで
お金を稼げるライフスタイルを
手に入れました。

オーストラリアのエアーズロックに行った時の写真↓

 

改めて、僕がこのブログで発信している理由

僕は超つまらん青春時代を送りました。

本当は同級生たちのように

文化祭がきっかけで彼女が出来たり、
男女の友達と一緒に旅行に出かけたり、
大学を休学して世界一周の旅に出たり。

こんな感じで青春をエンジョイしたいと
思っていました。

ですが、昔の僕は貧乏でコミュ障で
楽しい事とは無縁の村人Aみたいな人間でした。

家で一日中ニコニコ動画を見たり、
漫画を立ち読みしていると
1日が終わる超生産性のない人生でした。

 

でも、昔を後悔しても仕方ありません。

時間は戻せないので
今をどうにかするしかありません。

だからこそ、29歳の今は
昔がつまらなかった分、
人生を楽しんでいます。

ビジネスで世の中に
価値提供してお金を稼いだり、
旅をしたり、好きなだけ映画を見たり、

徹夜で興味のある分野について
本を読んで勉強したり、

稼ぎまくっている経営者に会って刺激を受けたり、
自分が本当にやりたい事だけに集中して生きています。

おかげで今はものすごく人生が楽しいです。

 

なので、

昔の僕のような人がいたら
何歳からでも遅くないので
死ぬ時に後悔しないよう人生を楽しもう。

という事で発信しています。

 

で、人生を楽しむには
なんだかんだお金が必要です。

日本は資本主義なので
綺麗事抜きに
お金がある人間が有利になるように
出来ています。

貧乏を経験してるからこそ
断言できますが、
お金はないよりあった方が
1億パーセント人生楽しいです。

 

海外に住む事も出来るし、
仲間と毎日遊ぶ事も出来るし、
自分の趣味に没頭する事も出来ます。

逆にお金がないと心の余裕がないし、
病気になっても病院にさえ行けず
苦しい思いをします(僕の親父がそうでした)。

 

だからこそ、
僕自身、ビジネスで人生が変わった人間なので

「自分でビジネスをしてお金を稼げるようになろう」

という事で、
僕のブログやメルマガでは
ビジネスの話題を中心に発信しています。

また、人生を楽しくするには
ビジネス以外にも色々な要素があるので、
ビジネスの視点を軸に
時間を増やす方法や
身体と心をどんどん健康にする方法、
モチベが上がる美味しいレストランや旅の情報も
発信しています。

 

僕が伝えたいのは
「現状がどうか」はどうでもよくて、
「自分がどうしたいか」で人生はいくらでも
変えられるということです。

自分は知識もないし、
経験もないし、自信もないし・・・

と言う人がいます。

当たり前です!
みんな最初はそうです。

でもそんな事言っていたら
何も出来ません。

 

僕だって最初はタイピングが超遅かったし、
文章なんて超ヘタクソでしたし、
プレゼンが下手すぎてyoutubeの動画に
「プレゼン下手ですね」ってコメントつけられたし、

ビジネスなんて全然分かりませんでした。

 

起業についても勘違いしていて、

起業するには大量の資金が必要で
成功するには他の人がまだやっていない
新しいアイデアが必要だと思っていました。

でも、資金がなくても出来る起業だってあるし、
起業に新しいアイデアなんて1ミリも要りません。

 

で、そういった事って知識ないと分からないわけです。

ビジネスって難しいと思われがちですが、
ちゃんとした知識を学べば誰でも出来るのです。

日本はビジネスを勉強する。という事が
一般的じゃないので
ビジネスで成功するには
才能が必要というイメージが強いですが、

孫正義クラスになるのはともかく、
月収100万ぐらいであれば
誰でも学べばなれます。

 

なので、僕は
「ビジネスは難しい」という誤解を解きつつ、
僕の発信がきっかけで人生楽しくなる人が増えれば。

と思って発信しています。

 

で、そのために、
僕はメールマガジンを発行しているのですが、
メルマガでは、
より具体的な話をしております。

無料なので、
是非興味がある方は、
ご登録ください。

読者さんからは大好評をいただいていて、
メールマガジンでしか流さない話もよくしてますし、
メルマガ限定企画も流しますし、
ここまで読んでいただいた方は、
登録して損することはないかと思われます。

 

下記画像をクリックしてトヨタ脱出物語の続きを読む

追伸

僕の過去をより深く解説しているのが
下記レポートです。

これは僕が

せっかく入ったトヨタを辞めようと
決意するきっかけになったある事件

そして、なぜ世界一周に行ったのか?

僕の人生の分岐点となった
年収1億円の男に会うために
オーストラリアから日本に
会いに行った時のエピソード

が書かれています。

文量は多めですが、
「面白くてあっという間に読めた」という
感想をよく頂くので
ぜひ読んでみてください↓

俺の人生このままでいいのか?レポート

おすすめ漫画

僕はほんの少し前までトヨタ自動車で車の開発をしていました。

しかし、ある事がきっかけでトヨタを辞めることになります。
その物語を漫画にしました。

下記画像をクリックしてトヨタ脱出物語の続きを読む  



おすすめブログ記事

年収1億円の男と出会って人生が激変した物語

僕は年収1億円の23歳起業家と出会ったことがきっかけで、世界中を旅しながらほとんど働かずにお金を稼げるようになりました。

ですが、
「働かずにお金を稼いでる」なんていうと、超絶怪しいですよね。
元々はトヨタでレクサスの開発をしていましたが、
このまま仕事ばかりの狭い世界だけしか知らず年をとったら、
絶対将来後悔すると思ったので僕は自分の力で生きることを選びました。

元々ビジネスが得意だったわけでもなければ、
しゃべるのや文章を書くのが得意だったわけでもありません。

そんな僕でも自信を得ることができて、
自由を手にすることができました。
結局慣れなんですよね。


どんな人でも稼げるし。
学んでいけば誰でも自信を得て稼ぐこともできる。

僕マスタングが自由を手にできた理由を下記の記事では公開しています。

年収1億円の男と出会って人生が激変した物語