俺「雑記ブログはもうやめましょう」教え子「え!稼げてるのになんで!?」

マスタングです。

今回は
雑記ブログが稼げなくなる話と
それに対して素早く方向転換した話を
教え子の例を用いて話していきます。

 

まず、雑記ブログって知っていますか?

色んな内容をざっくばらんに
書いたブログの事です。

 

例えば、

・アマゾンプライムミュージックについて紹介したり、

・Kindle Unlimitedというアマゾンの電子書籍の読み放題サービスを紹介したり、

・買ってよかった商品をレビューしたり。

こんな感じです↓

 

とにかく、色んなテーマについて書いた、
ごちゃまぜブログのことです。

 

教え子はこれで
月に数千円稼いでいたのですが、
最近俺がコンサルティングに入ることになって、

「雑記ブログは儲からないからやめましょう」

と、指導しました。

 

そしたら教え子に驚かれました。

「えええええ!!!

せっかく稼げるようになってきたのにやめちゃうんですか!!?」

 

たしかに、せっかく書いた記事で
しかも、収益が出せるようになってきたのに
それを急に方向転換する。

これは教え子的には
超抵抗があると思います。

 

しかし、このまま
雑記ブログを続けても確実に未来はないのです。

俺は目先の小さなお金は切り捨ててもらい、
雑記ブログをやめてもらいました。

 

未来の
月収30万、50万、100万円を
取るためには雑記ブログでは厳しい。

努力量に対して効率が悪すぎるのです。

 

しかもビジネスとして
不安定で、寿命が短くて、将来性もありません。

良いことがないのです。

 

で、その時に教え子に説明した内容が
非常に勉強になると言われたので、

雑記ブログが終わる理由というテーマで
その内容を記事にしておきます。

 

理由1:ビジネスは参入時期が重要。
雑記ブログで稼げる時代は既に終わりつつある。

まずビジネスの基本中の基本ですが、
ビジネスで大事な要素として、
参入時期というのがあります。

こんな感じです↓

一番左の導入期は
ビジネスが生まれたて
ほやほやの時期です。

当然、やっている人が少ないので
ライバルは超少ないです。

 

で、時間が経てば経つほど
ライバルが増えてきます。

そして、競争が激化して
ライバルが増えすぎると飽和して、
最終的にはそのビジネス自体が
時代に合わなくなって衰退して消滅します。

 

要は人間と同じで
ビジネスも歳をとって
最後死ぬということです。

 

で、大前提として、
ブログで稼ぐというビジネスは
ブログに広告を載せて
その広告がクリックされたら
数十円もらえるという仕組みです。

 

こんな広告をブログに貼るのです↓

 

詳しく知りたい方は
この記事を見てください↓

たった40分で書いたブログが2万円稼いだ。ネットすげえ・・・

 

このビジネスで大事なのが
ブログへのアクセス数です。

 

要はブログにたくさんの人が訪れて
訪れた人がたくさん広告をクリックすると
広告収入がたくさん発生するのです。

 

ではブログにたくさん人が
訪れるためには何が重要か?というと、
自分の書いた記事が
グーグル検索で上位表示されることです。

 

例えば、これは俺の記事ですが、
グーグルで
「トヨタ 合コン」と検索すると、
俺の記事が1位に出てきます。

 

検索で上位表示される記事が
ブログ内に多ければ多いほど、
自分のブログに来てくれる人が増えて
広告収入が増えるわけです。

 

 

で、だ!

さっきの参入時期の話になるのですが、

時間が経つほど
ライバルが増えるの分かりますか?

 

なぜかというと、
昔はインターネット上にそもそも
記事が少なかった。

だけど時代とともに
記事を書く人が増えて、
ネット上に記事が増えました。

つまり、ライバルが増えたのです。

 

昔はインターネットに
記事を載せる自体、
専門知識がないと出来なかったので、
記事を書ける人が少なかった。

 

なので、最初の頃は、
とりあえず記事を書けば
クソみたいな内容でも
とりあえず上位表示されて稼げたのです。

ライバルが少ないですからね。

 

しかし、時代と共に
便利なツールが登場して
誰でも簡単にブログやホームページを
作れるようになりました。

それによってインターネット上に
記事が爆発的に増えたのです。

 

例えば、さっきの
「トヨタ 合コン」でも
検索にヒットする記事が
2300万個あるということです。

 

2300万ですよ??

めまいがするほど
記事が乱立しているわけです。

 

こうやってライバルが増えることで、
競争が激化しました。

 

これによって何が起こったか?

 

記事が死ぬほど長くなりました。

 

なぜかというと、
ネット上の記事のほとんどが
既にネットに上がっている記事の内容を
切ったり貼ったりした寄せ集めの内容なので
どれも似通った内容です。

なので、その記事に勝つには
ライバルが載せてない情報を
載せて情報を充実させる必要があります。

 

それによって、情報量が多い記事が
『勝ち』みたいな風潮になり、
どんどん記事の情報量が多くなって、
長くなっていきます。

 

結果、昔は短い記事でも上位表示されましたが、
今は「これ誰が読むんだろう?」みたいな
死ぬほど長い記事じゃないと
上位表示されなくなりました。

スクロールしてもスクロールしても
記事がおわらねえ・・・

 

で、だ!

次に起こったのは何か?

 

ネット上の記事を
書いているのはどういう人か?

それは、ほとんどが
一般人の素人さんです。

 

専門知識のない人が
好き勝手に嘘の情報や不確かな情報を
記事にするので、何が本当の情報か
分からなくなってしまった。

 

グーグルとしては
検索機能の信頼性が落ちて
ユーザーが減ると困ります。

なので、記事を評価するAIの
評価基準を変えました。

 

専門性、権威性、信頼性が高い
記事を優先的に上位表示する
仕組みにしたのです。

 

要はちゃんとしたところが
書いてる情報じゃないと
上位表示しないよーってことに
したのです。

 

結果、どこぞの一般人が書いた記事は
どう頑張っても上位表示されにくくなり、

専門性もあって信頼性も高い、
企業の発信する情報が
上位表示されるようになった←今ここ

という感じです。

 

全体的にはこんな流れです。

なので、検索で上位表示させて稼ぐって
時代の流れに対して思いっきり逆なのです。

川の流れと逆方向に泳ぐようなものです。
超効率が悪いですよね。

 

もちろん、企業が発信してないような
ニッチなジャンルやキーワードを
狙って記事を書いて
上位表示を狙うこともできます。

 

しかし、キーワードや
市場の隙間を縫って記事を書いたところで、
一時的には上位表示されても
専門性の高いサイトが出てきたら
押しつぶされるだけなのです。

要はグーグル的には
出どころがまともな情報しか
上位表示したくないってことですから。

 

そうなった時に、
雑記ブログというのは
専門性も権威性も信頼性も
全然ないブログなのです。

 

雑記ブログは

・アマゾンでおすすめの商品の話をしたり、

・使ってよかった家電のレビューをしたり、

・転職について書いたり、

・子育てについて書いたり

 

とにかく色んなことを書くので
内容に一貫性がなく、専門性がない。

あれこれ書いているブログより
何か1つに特化している
専門ブログの方が良いです。

 

例えば、子育て情報を見るなら

子育てに関する情報が
1記事しかないブログより、

子育て専門ブログの方が
プロ感があるし、
欲しい情報が手に入りそうじゃないですか?

 

なので雑記ブログだと
どう考えても近い将来負ける。

そういうわけで、
雑記ブログをやめて
違う方向に転換してもらったのです。

 

理由2:おい、グーグル・・・
余計な機能増やすなよ・・・

最近のグーグルは優秀で
ブロガー的には超うざい機能も増えました。

 

今のグーグル検索って
こんな機能あるの知っていました?

↓↓↓

これは「ガッキー 身長」と
検索した時の結果ですが、

これグーグルの方で
検索した人が求めてる情報を
自動的に表示してくれてるのです。

 

昔は、赤で囲んだような
芸能サイトが1位に表示されていたのですが、

もはや記事を見るまでもなく
情報が取れるようになりました。

 

これのやばさ、分かります?

記事を書いても儲からないってことです。

 

記事に行かなくても情報が取れる

お客さんは記事を見る必要がない

せっかく記事を書いて上位表示されても
ブログにお客さんが来ない

お客さんが来ない

広告がクリックされない

収益発生しない

記事を書いても稼げない

 

ということです。

 

ブロガーには地獄みたいな機能です 苦笑

ユーザー的には便利ですけどね。

 

そして、極めつけがこれ。

 

理由3:グーグル検索で調べる人が減る

SNSがなかった時代は
ネットで調べる方法は
グーグル検索しかありませんでした。

 

ですが、今はグーグル検索よりも
リアルタイムで欲しい情報が
手に入るようになりました。

 

それがSNSの登場です。

 

例えば俺であれば、

気になっている銀座の寿司屋さんが
今日急にキャンセルで席が空いたって情報を
インスタから入手しています。

あと、旅行にいく時は
旅行先の情報もインスタで調べることが多いです。

 

その方が検索よりも
最新の情報がゲットできるし、
リアルだからです。

 

ネット上で
お店が出している画像って
当然写真はプロが綺麗に撮っています。

つまり、お店側に都合の良い情報しか
出ていないのです。

 

逆に、インスタだと最新だしリアルです。

インスタで色んな人があげている
最新の情報をバーっと見て、
雰囲気だったり感想を見て
決める方が判断しやすい。

 

あと、お店が情報発信するときも
インスタの方が更新が楽です。

予約状況が変わったことを
わざわざホムペを
更新するってめんどくさいし、

更新したところで
お客さんが情報を
タイムリーに見るかも分からない。

 

なので、インスタやTwitterで
サクッと発信するお店が多い。

 

旅行先とかも、
グーグル検索では出てくるけど、
今は閉店してやってないお店があったりします。

 

なので、
インスタやTwitterの
最新の情報が役に立ちます。

 

他には、北海道の観光地であれば、
今って雪どのぐらい降ってるんだろうー?

こういった現地の状況が
インスタの最新の投稿から分かります。

 

あと、ニュースや流行であれば
Twitterで見る方が早いです。

重要なニュースは速攻で拡散されますし、
例えば大きな地震が起きた時、

現地がどうなってるかは
Twitterで現地の人が
タイムリーにレポートしてくれます。

 

こんな風に、
グーグル検索の代替手段が出てきて、
検索で出てくる情報って微妙じゃね?

という雰囲気がただよっているのです。

 

情報の鮮度も悪いし、
企業側に都合の良い情報が多いし、
記事は無駄に長いし、読んでても面白くない。

なので検索で調べる人が減っているのです。

 

で、雑記ブロガーはグーグル検索に依存した
ビジネスなので、
そりゃあどんどん儲からなくなります。

 

理由4:ユーザーが広告を無視することに慣れる

雑記ブロガーはブログに貼った
広告をクリックしてもらってなんぼです。

 

昔であれば
広告自体珍しかったので
ブログに貼ってあるだけで
興味本位でクリックされました。

しかし、今は世の中に
死ぬほどネット広告が溢れています。

 

広告があるからクリックしてみよう。

という時代ではなくなりました。

 

そもそも、広告というものは
お客さんからしたら
うざい存在です。

求めている情報じゃないものが
記事の中に混じっているって
異物混入状態です。

 

なのに、儲けるために
広告を置くというのは
ビジネスの本質からズレています。

この記事でも話していますが、
ビジネスというのは
お客さんの悩み解決です。

売れるために親近感は必要なのか?

 

お客さんのお悩みを解決するから
お金がもらえるのです。

グーグル広告を載せても
来てくれたお客さんの
悩み解決はできません。

 

しかも、せっかく苦労して
記事を書いて集めたアクセスを
たった数十円と引き換えに
別のサイトに流してしまうのは
非常にもったいないし、
ビジネスとして非効率です。

 

こういった理由から
雑記ブログをやるメリットが
全くないし、リスクしかありません。

そこで、俺は教え子のビジネスを
雑記ブログではないものに
方向転換したのでした。

 

発信の軸を決めて、1つのテーマに特化したブログへ方向転換した。

で、俺はどうしたかというと、
発信の軸を決めて、
1つのテーマに特化したブログを
作るように方向転換してもらいました。

 

これまでごちゃまぜに
記事を書いていたブログをやめて、
1つ発信の軸を作ったのです。

 

守秘義務があるので言えませんが、
例えば軸を決めるというのは
どういうことか?というと、

ターゲットを決めて、
その人の悩みが解決されまくる
ブログを作るということです。

 

例えば、
30代の結婚できない男性を
ターゲットにしたブログを作るとしましょう。

その人は恋愛で悩んでいるはずなので、
恋愛に関する悩みが
解決しまくるブログを作るイメージ。

 

で、グーグル広告とかは載せません。

あと、アマゾンミュージックの紹介記事とか
アフィリエイト報酬目的で載せる
どうでも良い情報は全て削除トします。

 

アマゾンミュージックの記事が
お客さんの悩み解決に
必要なら載せても良いのですが、
そうではないなら削除です。

 

じゃあ、どういう記事を書くか?

というと、
その人が悩んでいそうなことを
徹底的に記事にします。

 

例えば、ターゲットとなる読者の
見た目がイケテないとします。

そしたら、見た目を改善するための
記事を書きまくります。

 

例えば、

ハゲてる人はこうしましょう、

青ひげがヤバい人はこうしましょう、

どんな服を着たら良いか分からない人はこうしましょう、

そもそも出会いがない人はこうしましょう。

 

こういう感じで、
お客さんが悩んでいることを
解決されまくる情報発信をします。

グーグル広告などの
安い単価で収益化はしません。

 

例えば、収益化するなら
ひげ脱毛の体験を紹介するとか、

ハゲ治療を紹介するとか

マッチングアプリを紹介するとか

その人がハッピーになるために
必要なものを紹介して
紹介報酬を得るイメージ。

 

よく雑記ブログで稼ごうとする人は
9ヶ月もネットビジネスやっているのに
1000円しか稼げてないって事が多いですが、

今回話したような
紹介して報酬がもらえるタイプだと、
1件あたりの報酬が3000円とか
中には1万円を超えるものもあるので、
全然収益性が違います。

一瞬で雑記ブログの収益を超えますw

 

さらに自分のサービスを売ると
もっと儲かります。

例えば、読者のこの人↓は
自分のサービスを売っている人です。

 

この人は

1日のブログアクセス数が
たった5しかないのに
19万円近くの利益

を出しています。

【実践者の成果報告|3ヶ月目で初収益189,800円】美容系情報発信のH.Mさんの場合

 

今回の件で、
怒りを覚えるレベルで
正しい知識はまじで
大事だなと思いました。

 

今指導している教え子は
元々は雑記ブログを推奨している人から
学んだらしいです。

しかし、言われた通りやって
1年経っても全然結果が出ないから
俺のところに来たそうです。

 

1年て。。。。

非常に時間がもったいない。

 

教育の恐ろしいところですが、
アホから学ぶと地獄です。

どんなに優秀な人でも
教える人がアホだと、
学ぶ人もアホになってしまいます。

(今どき雑記ブログを勧めるとか勉強不足すぎる)

 

逆に言うと、
きちんとした知識を学んでいる人は
どんどん勝ちやすい世の中に
なっているということです。

だからこそ俺は、
正しい知識で行動して報われる人が
増えればと思います。

 

大事な考え方として、
ブログは商品を売るための
一手段として考えた方が良いです。

そうやって考えられるようになると、
全然収益性が変わります。

 

要は人を集めて物が売れれば
なんでもいいわけですから、

究極、ブログをやる必要すら
ないのです。

 

ブログは人を集めたり、
発信するための一手段にしか
すぎません。

 

今回は概念的な感じの話になりましたが、
もっと突っ込んだ話はメルマガなどで話しているので、
よかったら登録して見てみてください。

では!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は年収1億円稼ぐ23歳の富裕層と出会い、
月収200万以上稼げるようになり、人生が激変しました。

昔はトヨタの本社で
レクサスの開発者をしていましたが、
今はたった一人でほとんど働かずに
上記の金額を稼いでいます。
たぶん超絶怪しいですよね。

お前には才能があったんだろ?とも言われます。
ですが、僕はもともとビジネスが
得意だったわけでもなければ、
しゃべるのも文章を書くのも大の苦手でした。

そんな僕でも自信を得ることが出来て
1年で月収200万まで稼げるようになりました。
結局慣れなんですよね。
ビジネスに才能なんて要りません。
どんな人でも学んでいけば稼げるようになれる。

僕マスタングが月収200万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

月収200万になったマスタングの人生激変物語

ーーーーーーーーーー

下記画像をクリックしてトヨタ脱出物語の続きを読む  


>>詳細が気になる方はこちらをクリック<<