経験ゼロからイベント屋?!〜名古屋の駅前でナンパをして52人集客した話

マスタングです。
今日は昔話をします。

僕が会社員時代、
経験ゼロからイベント屋さんになって
名古屋で初のイベントを開催して、
ナンパで52人集客した話です。

なぜこの話をするのかというと、
自分の快適領域から一歩踏み出して
挑戦することで一気に世界が広がる

ってことを伝えたいからです。

 

僕は今でこそ、
ネットビジネスやマーケティングの専門家ですが、
元々はイベント屋さんでした。

といっても、最初はたった一人で
経験も知識も全くなくて超手探りでした。
名古屋の路上でナンパ集客をしたり、
今考えると超効率悪いこともやっていて、
あれこれ試行錯誤していました。

でも、やっているうちにノウハウが溜まっていき、
イベントを手伝ってくれる仲間が増え、
愛知を離れる直前には県外からも人が来てくれるぐらい
イベントを成功出来るようになりました。

この話を通して、
僕は未知のことに挑戦する大事さや
最初はゼロでも人は成長するってことを
伝えたいのです。

では、いきます。

ーーーーー

会社員を辞める直前の2016年の2月、
僕はふとイベントを開催したいと思いました。

ネットで見かけたyoutuberの影響で
半年後に世界一周に出発することになった僕は
3年間お世話になった愛知に
何か残したいと思ったからです。

 

・・・・

 

はい、ウソです。
カッコいいこと言ってみただけです。

本当のところは、
せっかく世界一周に行くなら
たくさんの人に見送られて盛大に出発したい。
愛知に何か爪痕を残して去りたいと思ったのです。

はい、下心マックスでした。

 

見送られたい!
チヤホヤされたい!

僕はほとばしる承認欲求を満たすため、
2016年の8月に自分の世界一周出発式を
自ら主催することを決意しました。

でも、僕はイベントなんてやったことがありません。
人付き合いが苦手なので友達もあまりいません。

冷静に考えて、どこの馬の骨とも
分からん僕の出発式に人が来てくれるとは
思えませんでした。

 

うーん、、、
どうすれば、、、、

そこで僕は名案を思いつきます。

半年前の今から旅好きを集めて
イベント開催しておけば、
そのお客さん達が自分の出発式にも
来てくれるのではないかと。

 

月1ぐらいで開催すれば
出発までに5回はイベントが出来る。

そこに集まったお客さん達に
オレの出発式に来てもらって
チヤホヤしてもらおう!

私利私欲にまみれた動機から
僕はイベント屋さんになったのでした。

 

といっても、さっきも言ったように
イベント開催の経験はありません。

でも、やり方は分かりませんでしたが、
こんなものだろうというイメージはありました。

 

イベントなんて要は会社の飲み会と同じで
会場用意して人を集めるだけでしょ?

そう思った僕はとりあえず
飲み屋を予約することにしました。

何人で予約しよう?
10人?20人?

いや、そんなショボい考えで
出発式が出来るか!
倍の40人だ!!!

 

40人となると、
意外と空いてないもので
名古屋の色んな居酒屋に電話して
ようやく予約が取れました。

一人3000円のコースで40人。
この時点で12万円。

冷静に考えると、
最初からリスキーなことをしたものです。
当時の僕はビジネス感覚がなかったので
起業家というものは
リスクを取ってなんぼだと思っていたのです。
いやあ無知って恐ろしい。
(本当は必要ないリスクは取らなくて良いのです)

 

さて、予約はしたけど
どうやって人を集めよう?

とりあえず、Facebookに
イベントページを立ち上げてみました。

 

が、全然人が集まらない・・・・

 

イベント開催まで残り三週間になっても、
ビビるほど人が集まっていませんでした。
たしか3人ぐらい?

 

やばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばい

 

ほぼ貸切で店を借りているので、
今更キャンセルで〜なんて
絶対にお店には言えません。

お店側も40人来ると思って席を確保して、
他の予約を断っているのです。

まじでやばい。どうしよう・・・
10万円以上自腹なんて絶対に嫌だ。。。

 

追い詰められた僕は苦肉の策を考えます。

それが、

ナンパ集客。

(画像はイメージです)

 

要は路上で道ゆく人に
ひたすら声をかけまくって
イベント来てください。
とお願いしまくるのです。

超泥臭いし、僕は人見知りなので
こんなことやるの超嫌だけど、
やらないと10万です。やるしかありません。

その週末、僕はトヨタの本拠地、豊田市から
はるばる1時間かけて名古屋駅に行きました。

 

日曜日の名古屋駅前は人がたくさんいました。

うわーめっちゃいっぱいいるじゃん。。。
嫌だなあ。
てか、いきなり声かけて
イベント来てくれなんて超怪しいじゃん。。。

 

ビビってなかなか声をかけられずに
駅前を1時間ほどウロウロ。

このままじゃやばい!

と、意を決して

「あのー・・・」と話しかけるも、
声が小さすぎて気づかれずにスルーされました。

やばいよ、怖いよー。

 

そんな時、後ろから
「あのーすみません」と声をかけられました。

宗教の勧誘でした。

なんかアンケートしたいって
言ってたので答えていたら
最終的に神を信じているか的な話になり、
宗教の勧誘ということが判明しました。

で、めんどくさかったので

神などいない。
俺が神だ。

という支離滅裂な話をして、
さっさと勧誘を打ち切りました。

 

・・・が、ここで良いことを思いつきます。

アンケートだ!!!

イベントに来てくださいと言うと怪しいけど、
アンケートだったら割と自然な気がする!

 

早速僕は宗教勧誘の手法をパクリ、
スケッチブックを使って
こんな感じのアンケートをすることにしました↓

(世界一周の「周」がミスってるのはご愛嬌)

 

我ながら名案だと思いましたが、
このアンケート作戦は

結果的に失敗に終わります。

アンケート自体はみんな協力してくれますが、
イベントは都合が合わなかったりで
断られてしまうのです。

 

アンケートのトークを繰り広げて
打ち解けてからのイベント勧誘は
時間的ロスが大きすぎて効率が悪すぎました。

結局、声かけを初めて5時間、
来てくれることになったのは
ちょっと可愛いギャル?二人だけでした。

 

来てくれるのはめっちゃありがたいんだけど、
こんなに頑張ったのにたった2人かぁ・・・
とがっくりしました。

残り35人です。
残り三週間で路上集客を
毎週やっても集められる気がしません。

 

僕は絶望しました。
10万は勉強代か。。

でも・・・せっかく来てくれる人がいるのだから、
盛り上がってる感だけでも出しておこうと思い、

「路上集客をしたらこの子たちが
来てくれることになりました!」

と女の子の写真付きで
イベントページに投稿しました。

 

すると・・・・
状況が一変しました。

昨日まで3人だったのに、急に6人になり、
その数日後には20人になり、
どんどん人が増え出したのでした。

 

結論:女は使える
(確かに、トヨタのモーターショーでも
可愛い女の子を起用しているし。
かわいいは武器になるのが分かった。)

結局、当日は当初の40人を大幅に超えて、
52人もの旅好き達が集まり、
イベントはびっくりするほど大成功したのでした。

 

そして、それから月1ぐらいで
イベントを続けていたら、
最初は右も左も分からなかったけど、
ノウハウも溜まってきて、
満足度と利益を両立する方法や
集客のコツも分かってきて、
どんどん楽しくなりました。

さらに、イベントを手伝ってくれる
仲間も出来て超嬉しかったです。

夏はBBQをしました↓(この時は60人ぐらい?)

 

そして、最後の出発式・・・

ありがたいことに、
京都や大阪、岐阜、静岡など
県外からも人が集まってくれました。

 

バンドや歌手、漫才師、DJをゲストに呼んだり、
自分も余興としてダンスをしたり、

そして、僕が世界一周に行くきっかけになった
アメリカを無一文で横断した
youtuberジョーさんに
トークライブをしてもらったり、
楽しいことをいっぱい詰め込んだ
旅好き交流会になりました↓

バンド↓

ダンスをしました↓

youtuberジョーさん
アメリカを無一文で横断したり、
バイクで南米やアフリカを縦断した人です↓

運営を手伝ってくれたスタッフ。
何も指示してないのに
自ら動いてくれて感動しました↓

そして、最後にサプライズで
みんなが祝ってくれました!!

僕はこの経験のおかげで、
ビジネスで一番大事な
人を喜ばせるってことを学びました。

最初は私利私欲のために
始めたイベントでしたが、
喜んでくれる人や楽しんでくれる人が
たくさんいたのです。

ぶっちゃけ、どのイベントも
運営に追われていて、
僕自身はメシを食っている暇もないし、
酒を飲んでる場合じゃないし、
お客さんと絡む時間はそんなにありませんでした。

でも、お客さん同士が
楽しそうに話している姿を見たり、
この旅好き交流会がきっかけで友達が出来た。
という話を聞くと、
開催して良かったなと嬉しく思うのです。

 

正直、イベント屋は
労力の割には儲からないし、
工夫しないと仕組み化しにくいので、
趣味の範囲で良いと思いますが、
やろうと思えば今日からでもなれるし、
人を喜ばせるっていうビジネスの
根本的な部分を学べるので良い経験でした。

何の人脈がなくてもこんな風に
ゼロからビジネスを作ることだって出来ますし、
このイベントのおかげで
友達がいなかった僕でも共通の趣味の友達が
一気に増えたのでした。

 

僕は人と関わることが苦手ですが、
あえて自分の快適領域から
一歩踏み出すことで大きく成長できました。

だからこれからも自分を成長させる事に
挑戦していこうと思います。

やっぱビジネスって楽しいです。

 

おわり

 

追伸

やはりネットの力はすごいなと思います。

一番最初のイベントでは、
5時間かけて路上で頑張って集客したのに
2人しか集まりませんでしたが、
自宅でネットを使って5分で投稿したら
47人集まったのです。

えぐいぐらい効率違いますよね。
だからこそ、何のビジネスやるにしても
ネットは使えたら超便利だし、
使えないとやばいなと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は年収1億円稼ぐ23歳の富裕層と出会い、
月収200万以上稼げるようになり、人生が激変しました。

昔はトヨタの本社で
レクサスの開発者をしていましたが、
今はたった一人でほとんど働かずに
上記の金額を稼いでいます。
たぶん超絶怪しいですよね。

お前には才能があったんだろ?とも言われます。
ですが、僕はもともとビジネスが
得意だったわけでもなければ、
しゃべるのも文章を書くのも大の苦手でした。

そんな僕でも自信を得ることが出来て
1年で月収200万まで稼げるようになりました。
結局慣れなんですよね。
ビジネスに才能なんて要りません。
どんな人でも学んでいけば稼げるようになれる。

僕マスタングが月収200万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

月収200万になったマスタングの人生激変物語

ーーーーーーーーーー

下記画像をクリックしてトヨタ脱出物語の続きを読む  


>>詳細が気になる方はこちらをクリック<<