アラスカのオーロラの下で9年間付き合った彼女にプロポーズした話

こんにちは、マスタングです。

今回はネットビジネスで仕組みを作ると、
場所にも仕事にも縛られないから
こんなこともできるよーというお話。

 

9年間付き合った彼女に
オーロラの下でプロポーズした時のお話です。

 

俺はネットビジネスで
働く場所や時間的な自由を得た結果、
人生の充実度が超上がりました。

 

本当に本当に
人生が超楽しくなったのです。

 

場所にも時間にも縛られず
平日に大好きな仲間と旅行に行ったり、
期限を決めずに海外に行ったり。

 

 

昔の俺からしたら意味不明な
超うらやましい状態に
なりました。

 

逆に、会社員だった頃は本当に地獄でした。

 

夜22時過ぎまで仕事、仕事、仕事の毎日。

休日も出勤することがしばしばで、
お金もなかったけど、
それ以上に時間が本当になかったです。

 

あの時は本当につらかった。

いつも精神的にいっぱいいっぱいで
頭の中に鉛を入れられてるような
ずーんした毎日を過ごしていました。

 

で、そんな俺でしたが、
夢がありました。

 

それが

「オーロラの下でプロポーズ」です。

 

俺は死ぬまでにやりたいことリスト
を作っているのですが、
その中の1つがオーロラの下での
プロポーズでした。

 

昔見たとあるドラマの影響で

結婚するときのプロポーズは
「オーロラの下でしたい!!!」

そう思っていたのです。

 

しかし、トヨタで働いていた時は
そんなのは夢のまた夢でした。

毎日毎日、仕事仕事仕事でした。

 

一応、会社に
有給制度はありましたが、
先輩から

 

「有給はうつ病になって体調を壊した時に、
使うものだから、出来るだけ使わずに
限度いっぱいまで貯めておけ。」

 

・・・と、
非常に恐ろしいことを
言われていたので
ほとんど使っていませんでした。

 

 

それに、クソ忙しいのに
有給なんて取ろうものなら
仕事にハンパなく支障が出て
ひんしゅくを買いまくるので、

休みを取りたくても取れる雰囲気では
ありませんでした。

ファッキンです。

 

 

その後、会社から独立して、
時間的にも金銭的にも自由を得た俺は
ず〜〜〜っと夢だった

『オーロラの下でプロポーズ』に

挑戦するのでした。

 

もし、今ネットビジネスを
頑張っている人がいたら
ネットビジネスで稼げるようになると、
こんなことも出来るようになるんだよ。

 

ということを伝えたくて
今記事を書いています。

 

ぜひ、刺激を受けて
モチベーションを上げて
もらえばなと思います。

ではいきましょう!

 

オーロラの下でプロポーズがしたい!

冒頭にも話しましたが、
俺にはずっと夢がありました。

それが、

「オーロラの下でプロポーズがしたい!!!」

 

俺は中学生の頃に
織田裕二さんと矢田亜希子さんの出演する
『ラストクリスマス』というドラマを見ました。

これは、
たまたま家が隣同士だった2人が恋に落ちて、

途中ヒロインが病気で死にそうになったり
なんやかんやありながらも、
最後オーロラの下で
結ばれるというお話なんですが、

 

中学生の時の俺はこれを見て
衝撃を受けました。

 

 

外国で、
しかもオーロラの下で結ばれるって、、、

なんて素敵なんだ・・・

 

 

当時の俺には信じられませんでした。

 

その頃の我が家は父親と母親が
毎日のようにケンカしまくっていて、

家のガラスは割れるし、
母は毎晩のように泣いているし、
父は飲酒運転でどこか行くしで
家庭崩壊寸前でした。

 

男女というものが
幸せに結ばれるなんて
俺にはありえないと思っていました。

 

幸せな家庭というものを
知らなかった俺は

世の男女はみんな
仕方なしに結婚しているのだと
思っていたのです。

 

 

しかし、このドラマでは違いました。

ヒロインが病気を乗り越えて
死にそうになりながらも
最後幸せに結ばれている。

しかも、オーロラの下で。

 

こんな世界があるんだ。

 

うらやましい、いいなあ。

俺も将来こんな素敵なカップルになりたいなあ。

ドラマのこととはいえ、
俺は憧れました。

好きな人と
オーロラの下で結ばれることに
非常に憧れたのです。

 

将来はオーロラの下で
プロポーズしたいなあ。

 

中学生の頃の俺は
そんなことをぼんやりと
思っていました。

 

そんな中学生時代から月日が過ぎ、

後に、俺は21歳の冬に
初めて付き合った彼女と
9年付き合うことになります。

 

そして、
お互い関東に住むようになった
タイミングで同棲を始めました。

 

当時の俺は30歳、彼女は28歳。

彼女も結婚を意識する年齢です。

 

 

たぶん同じ年頃の男性は
わかると思うのですが、

彼女が聞いてもいないのに、

 

「最近、友達が結婚してさー」

 

などと、やたらと結婚の話題を
聞かせてくるようになりました。

 

そうです・・

 

「そろそろ私たちも結婚の時期だよね?」

 

という無言の圧力です。

 

圧力を感じ取った俺は、

 

あーそろそろそういう時期かもなあ・・・

結婚かあ。プロポーズだなあ・・・

 

と、真面目に考えるようになりました。

 

 

たぶんこれを読んでいる人の中には、

 

なぜ、
9年も付き合ってるのに結婚してないの?

 

こう疑問に思った人もいるかもしれません。

 

 

というのも、、、

俺は独立するときに
決めていたことがあります。

 

それは

 

『きちんと稼げるようになるまでは結婚しない』

 

これを決めていました。

 

 

独立して稼げてもいないのに
結婚して、子供もできたりしたら、

お金がないことで
彼女や将来の子供に
苦労をかけるかもしれません。

 

 

俺は小さい頃、
金がないことで苦労しました。

金がないと色んな人が
不幸になることを経験しました。

 

金がないのは自分だけの
問題じゃないのです。

周りも不幸にします。

 

だから、きちんと稼げるようになるまでは
未来の奥さんのためにも、子供のためにも
結婚しないでおこうと決めていたのです。

 

 

そして、
俺はある程度稼げるようになり、
そろそろ結婚しても良いかなあと
思っていました。

 

そのタイミングで
彼女から無言の圧力がきたのでした。

 

結婚かあ〜

プロポーズ・・・

 

ん?プロポーズ?

そんな時に昔の記憶がフラッシュバックしました。

 

ラストクリスマス・・・

 

 

そう、中学の時に見た、
オーロラの下で結ばれるドラマの記憶が
フラッシュバックしたのです。

 

そうだった、夢だったんだよなあ

オーロラの下でプロポーズ。

 

いいなあ。

 

 

昔のくそ忙しい会社員だった俺なら
オーロラの下でプロポーズなんて
夢の夢でした。

長期の休みなんて取れません。

 

ですが、この時の俺は違います。

 

独立してネットビジネスで
生きていけるようになり、
働く場所も会社の休みも
気にする必要がなくなりました。

 

 

オーロラを見に行こうと思えば、行ける。

こういう状態になったのです。

 

 

オーロラかあ。
どこで見れるんだろう?

 

試しに俺は調べてみました。

 

調べたら、オーロラが見れるのは

カナダのイエローナイフか

アラスカのフェアバンクス

というところのようです。

 

と、遠いなあ。。。

金いくらかかかるんだろう、、、

 

カチカチ

結構かかる、うーん。。。

 

当時の俺は
あまりお金がありませんでした。

 

なぜかというと、
もっと稼げるようになるために、
稼いだお金は再投資しまくっていたからです。

 

稼いでは学びに使い、
さらに稼いでは学びに使う。

 

これを繰り返していました。

 

200万円するセミナーを
受けることもしばしばで
そういった金の使い方をしていたので、
お金があまりなかったのでした。

 

 

うーん、さすがにオーロラは厳しいな〜

 

家のパソコンの前で
オーロラをあきらめかけていた
ちょうどその時、

 

年収3億円ほど稼ぐ
ネットビジネスの師匠からLINEが来ました。

 

師匠
「メシくわない?火鍋」

 

良いタイミングだ、師匠に相談してみよう。

俺は師匠と火鍋に行ったのでした。

 

師匠「今すぐ彼女さんにオーロラ見に行くぞってLINEしろ!」

師匠と鍋をつつきながら、
俺は師匠に結婚を考えていることを伝えました。

 


「師匠、俺、そろそろ結婚しようかと思っていて」

 

師匠
「まじ?へええええついに」

 


「で、プロポーズしたいんですけど、
オーロラの下でやりたくて。

でも高いんですよねー」

 

師匠
「へ?オーロラ?なぜに?」

 


「いやあ、こういう理由で

かくかくしかじか・・・」

 

師匠
「へえ〜そうなんだ、いくらかかんの?」

 


「80万円ぐらいですかねー」

 

師匠
「えーーー!!いけよーーーー!!」

 


「いやーでもー」

 

師匠
「え、金以外で迷う要素あるの?金だけでしょ?」

 


「はい、、、金だけっす、、、」

 

師匠
「じゃあいけよwwwww

一生に一回の出来事なのに
なんでそこでケチってんだよwwww

金ないなら稼げwwwww」

 


「ああああああああ、、、

やっぱそうっすよねえええええ

 

そうなんすよ、、
金以外うだうだする理由ないんすよ、、、

金ないならシンプルに稼げって話っすよね・・・」

 

師匠
「そりゃそうだろw
何言ってんだw

金使って自分を追い込むんだよww

 

ほれ、今すぐ彼女さんに
オーロラ見に行くぞってLINEすれ!!」

 


「あああああああああ・・・・

よ、、、よし、、

うす!!!!いまLINEします!!!!」

 

 

こうして、彼女に

「オーロラ見に行こう」と伝え、

1ヶ月後、

オーロラを見に行くことが決まったのでした。

 

 

俺が急にオーロラを見に行こうと
いうもんだから

彼女は「急になんだなんだ?」

という反応でしたが、

 

「俺オーロラ見るの夢だったんだよ!
全部出すから一緒に見に行こう!」

 

そう言ったら

「えー!やったあ!」

と喜んでいました(単純)

 

 

今思うと、自分ひとりで考えていたら
うだうだ言って結局行かなかったので、
背中を押してくれた師匠には感謝です。

 

 

こうして、
1ヶ月後のアラスカに向けて
準備を始めました。

 

調べてみると、
オーロラはいつも出ているわけではなく、
気象条件に左右されるらしく、
せっかく行っても見れないことも
あるみたいでした。

 

せっかく見に行っても
見れなかったらどうしよう、、、

 

見れるといいなあ、、、

 

俺は不安になりながらも
合計一週間ほどの旅の日程を作り、

プロポーズ用の結婚指輪を
こっそり準備したり、
旅の準備をしたのでした。

 

 

そして、1ヶ月後・・・

 

いざ出発!成田空港からアラスカへ!

とうとう出発の日がやってきました!

俺たちは成田空港から

大量の荷物を背負って

アメリカのシアトル経由でアラスカへと向かったのでした!

 

機内食↓割と美味しかった

 

飛行機に乗ること16時間・・・・

 

ついに、アメリカに到着!!

 

なにげに初アメリカです!

ここからアラスカ行きに乗り換えです。

 

シアトル空港が結構充実していて
コンサートしていたり、
雰囲気がよかったです。

いい感じだったのでレポしました↓

 

で、こうしている間に
20万円ほど商品売れたので5分だけ仕事。

ネットがあればどこでも仕事ができます。

 

そして、シアトルから次なる目的地、
アラスカのアンカレッジに移動します。

 

アンカレッジに到着!ヘリに乗ってスノボするぞ!

アラスカのアンカレッジという
一番都会の都市に到着しました。

12月だったのでサンタとトナカイが
空港でお出迎えしてくれました。

 

このアンカレッジという都市では
ヘリに乗ってアラスカの空をまわったり、
スキー場があるのでスノボができるっぽいです。

 

なので、まずはこの街を2日ほど満喫してから
オーロラの見えるアラスカに行きます。

 

車を借りました↓

 

飛行機が到着したのが夜だったので、宿で一泊。

 

翌日朝、

よし、今日はヘリに乗ってスノボだぞおおおお!!

 

と、思っていたら・・・

 

風が強すぎてヘリが飛べねえ

 

まじで強すぎました↓

 

 

そして、スキー場に行ったら・・・・

 

雪がねえ

 

この日は12月の7日でしたが、
意外とアラスカは雪が降らないらしいのです・・・

 

例年はこのぐらいには
スキー場がオープンすることも
あるみたいですが、
今年はダメみたい。

 

結局、ヘリにも乗れず、
スノボもできずで
この日は街の散策をしただけでした(トホホ)

 

水曜どうでしょうに憧れて鉄道でフェアバンクスへ!

スノボができないのであれば、
もうアンカレッジに思い残すことは
ありません!

 

オーロラのあるフェアバンクスに向かいます!

 

で、普通なら飛行機で行くのですが・・・

 

今回はあえての鉄道です!

 

なぜかというと、
「水曜どうでしょう」という
大泉洋さんが出ている番組の
アラスカのロケで
この鉄道が登場していたからです。

そこで、自分たちも
鉄道で移動してみようと思ったのです。

 

それに、鉄道で移動って
ワクワクします。

日本の新幹線と違って、
食堂車もあるのです。

 

食堂車って言葉の響きだけで
ワクワクしませんか?

 

ということで、出発!

朝8時に出発して、
夜の20時に到着する12時間の旅です。

 

食堂車↓

 

アンガス牛のハンバーガー↓

 

アラスカのビール↓

 

外の景色をみながら鉄道に揺られます

 

しかし・・・

 

 

さすがに、12時間はなげえ

 

最初の2、3時間は良いのです。

 

ただ、待てど暮らせど全然着きません。

流石に飽きます。

 

 

暇つぶし用にチェスとか
トランプが車内にあったので
それで遊んでいました。

 

チェスで暇つぶししてる人たち↓

 

で、ようやくフェアバンクスに到着!!

鉄道に乗っていただけですが、
長旅だったので
到着できただけで達成感があります。

 

一発目のオーロラチャンス!プロポーズできるか??

そして、到着してすぐに
オーロラツアーです。

 

オーロラを見るためのツアーがあるので
それに参加します。

 

オーロラを見るのは夜です。

21:00〜3:00

のツアーに参加しました。

 

 

焚き火でバーベキューしながら
オーロラの出現を待つことに。

 

−10℃の中、焚き火でホットドッグを作ります。

 

さーて、
マスタングクッキングの
時間だよーーーー!!

 

マスタングクッキング1

ソーセージを焼こうとしたら驚きの結果が・・・

 

マスタングクッキング2

ソーセージがとんでもないことに・・・

 

マスタングクッキング3

パンを焼いてたらせっかく焼いたソーセージが・・・

 

 

で、完成したたホットドックですが・・・・

 

 

 

黒こげじゃねーか

 

 

見事なる黒こげ

しかも、−10℃なので
ホットドック自体は冷たいという。

 

自然の難しさを味わいました。

 

あとはマシュマロを焼いて
ホットチョコレートにぶち込んで
飲みました。

 

甘くてうまい↓

 

で、そんなことをやっていたら、
近くにいたお金持ちそうな夫婦が

「寒いでしょう入りなさい」って

屋根が透明でオーロラを常に
観察できる球体部屋に入れてくれました。

 

 

で、結局ずーっと待ったけれど、
オーロラは現れず・・・

気象条件が合わないみたいで、
この日は残念賞でした。

うーん、大丈夫かなあ。。。

 

釣りしたり、スノーモービル乗ったり、犬ぞり乗ったり・・・って犬ぞりじゃなく犬ぐるま??!

で、翌日。

オーロラが出ない日中は暇なので、
昼のアクティビティをやりました。

 

もうひたすら2人が
ずっとやってみたかった
楽しそうなことを詰め込みました。

 

 

まずは・・・

 

アイスフィッシング!!

凍った湖の上での釣りです。

 

まだ明るくなる前の
朝早くから集合です。

 

外は−10℃と超寒いので、
こんな感じの小屋の中でやります↓

下は凍った湖です。

 

ショッキングピンクのえび?虫?
を餌にします。

 

そしたら・・・(動画↓)

 

とったどおおおおおおお!!!!

 

釣った魚をその場で
バター焼きにしてもらいました。

 

 

うまし!!!!

自分で釣ったからか
なおさら美味しく感じました。

 

 

そして、お次は

犬ぞり!!

 

実は犬ぞりに乗るのも夢だったんですよね〜

今回の旅で叶えられる夢は
どんどん叶えまくっています。

 

はい、わんちゃん達の登場です〜

 

かわいい〜

 

犬ぞり楽しみだなあ、

犬ぞり・・・・

 

 

 

 

ソリじゃねえ

 

どうやら、雪が少ないので
ソリが滑れないとのこと。

 

 

なので、車で引っ張るから
気分だけでも体験してってちょ

ということでした。

 

んー残念

 

でも、犬ぞりの
雰囲気は味わえたので
楽しかったです。

 

動画↓

 

 

そして次は・・・

スノーモービル!!!

俺は乗り物系が好きで、
スノーモービルも
一度乗るのが夢だったのです。

 

超楽しかったです!!
何もない雪道をぶっ飛ばしたり、
林の中を走るのは
超エキサイティングでした!

 

スノーモービルをレクチャー
してくれたお兄さんと記念撮影

 

あと、こんなところも行きました↓

 

これなんだと思います??

 

 

実は・・・

 

全部氷でできたバーなのです!

 

カウンターも壁も全部氷のバー

 

なんとグラスも氷です!

 

氷のグラスに
マティーニ作ってもらいました↓

 

 

うまいけど、量が多い・・・笑

日本のバーで出てくる量の
2倍以上ありました 笑

 

またもやオーロラチャンス!プロポーズできるか??!!

こんな感じで、
日中はアクティビティを満喫して、
夜はオーロラです。

 

なんとしてもオーロラを見るべく
この日は前回とは違う場所に来ました!

 

日本人の熊谷さんという方が
やっているロッジです↓

 

建物の中がとっても素敵で、
薄暗い部屋の中で窓越しにオーロラの
チャンスを待ちます。

 

ソファに座って窓の向こうを見ながら
オーロラチャンスを待てるので
非常に快適です。

 

 

 

そして・・・・

 

 

 

 

 

きたあああああああああああああああああああ!!!!!!

 

きました!!

きました!!!!

 

オーロラです!!!

オーロラが現れたのです!!!!

 

 

すげえ・・・・

 

 

写真でしかオーロラを見たことがない
俺でしたが、生のオーロラは
全く違いました・・・

 

 

本物のオーロラは
常に動き続けていて、

こく一刻と姿を変える姿は
まるで生き物みたいでした。

 

 

すげ、、、、

 

隣にいた彼女を見ると、
彼女もあまりの美しさに
声を失っているようでした。

 


「きれいだな・・・」

 

彼女
「うん・・・」

 

オーロラがあまりにも綺麗すぎて
すっかり忘れていましたが、

俺は本来のミッションを思い出しました。

 

 

そう、念願の夢だった
オーロラの下でプロポーズです。

 

 

付き合ってから9年。

これまで色んなことがありました。

 

思えば、
苦しい時も嬉しい時も
隣には彼女がいました。

 

 

俺が大学院の受験勉強で
勉強ができなすぎて
自暴自棄になったときは
いつも励ましてくれて、

 

本番で試験問題が全然解けなくて
絶対に落ちたと絶望して
泣いている時は
優しくなぐさめてくれました。

 

そして奇跡的に受かって
合格通知が届いたときは
自分のことのように
一緒に飛び跳ねて喜んでくれました。

 

 

社会人になって俺の親父が死んだときは
忙しいなか、新潟から青森に駆けつけてくれて
泣きじゃくる俺の肩をそっと支えて
ずっと隣にいてくれました。

ひどく落ち込んだ
俺のことを支えてくれました。

 

 

俺がトヨタをやめて家を失った時は
自分の家に住ませてくれて
ビジネスで全然結果が
出てなかった俺を見捨てず、

やりたいことをやりなさいと
見守ってくれました。

 

 

俺が海外で起業するって
とち狂ったことを言い始めたり、

俺が誰からも見向きもされない時や
親父が死んで苦しい時に
ずっと支え続けてくれてたのは彼女でした。

 

そして、嬉しい時に
一緒に喜んでくれたのも彼女でした。

 

 

本当にいい時も悪い時も
ずーっと一緒にいてくれました。

 

感謝しかない大切な人です。

 

 

そんな大切な人に
いよいよ、プロポーズか。

そう思うと、
胸が熱くなりました。

 

 

よし、いくぞ。

 

 


「あ、あ、あのさ!!」

 

彼女
「ん?」

 


「ずっと待たせてごめん。

俺と・・・結婚してください!!!」

 

 

俺はアウターの中に
隠していた結婚指輪を出して、
彼女の前にパカっと開きました。

 

彼女は驚いた様子でした。

 

数秒の沈黙が訪れて

 

 

そして、、、、

 

彼女
「おねがいします///」

 

 


「・・・・!!!」

 

 

よっしゃあああああああああ!!!!!

 

 

やりました!

プロポーズ作戦が成功しました!!

 

嬉しかった。

本当に嬉しかった。

 

これまでずっと支えてくれた
かけがえのない大切な人だからこそ、
これから先もずっと一緒にいられるのが
ものすごく嬉しかったです。

 

好きな人と結ばれるって
こんなに嬉しいことなんだ!!!

 

感動した瞬間でした。

 

 

オーロラをバックに記念に撮影しました↓

 

遠距離で何度も別れそうになりましたが、
9年目にしてこうやって結婚できたことを
本当に嬉しく思ったアラスカの旅でした。

 

 

ネットのおかげで人生変わった。会社員の時だったら絶対できなかった

俺はネットビジネスのおかげで
本当に人生が変わりました。

 

今回のオーロラの下でプロポーズのように
会社員の時は絶対できなかったであろう、
諦めていた夢や目標を
どんどん叶えることができました。

 

例えば、

・親を沖縄旅行に連れていく

・北海道にいる親に定期的に会いに行く

・尊敬する人の誕生日に150万円分の沖縄旅行をプレゼントする

・平日に仲間とスノボ合宿をする

・ランボルギーニ運転してみる

・金髪にする、好きな格好をする

・平日に徹夜で漫画を見たり、ゲームをする

・平日の昼間から仲間と酒を飲む

・彼女とのんびりデートする

・1人5万円の高級フレンチ食べてみる

 

これらは俺の夢でしたが、
昔の俺には絶対できないことでした。

 

会社の給料という
上限が決まった枠の中では
お金がかかりすぎて
到底できなかったですし、

 

仮にお金があったとしても
会社員の頃はいつも仕事に追われていて
時間がありませんでした。

 

 

昔の俺はあきらめていました。

夢を持つことすらありませんでした。

 

 

現実を見ろという大人達に合わせて
大人は夢は見てはいけないものだと
勝手に思いこんで、あきらめていました。

 

でも、今の俺は思います。

 

大人だって夢を持って良いんだぜと。

大人だからこそ夢を持とうぜと。

 

こう思います。

 

 

大人になると嫌でも現実を見せられます。

 

俺は大人になって、
仕事がつらすぎてうつ病になる先輩たちや

全然人生楽しそうに見えない上司たちを
目の当たりにしました。

 

そういった先輩たちを見て、
俺は現実を見すぎた結果、
将来に絶望して希望を失いました。

 

 

せっかく頑張って良い会社に入って
こんな人生になるのかと。

 

こうなるために今まで頑張ってきたのか?と。

 

夢も希望もあったものではありませんでした。

 

 

家のローンと家族と会社のために
精神を削りながら働くのが
大人になるということなのか?

社会人になるということなのか?

 

俺は疑問でした。

 

 

昔の俺は現実を見すぎていました。

 

俺は現実を見すぎた結果、
もっともっと可能性があったはずなのに、
小さく縮こまっていました。

 

 

やりたいことや夢があったはずなのに、
熱いことを語る人や
夢を語る人を冷え切った目で見る
冷めた大人になっていました。

 

 

熱い人を見ると、
そんな夢みたいなこと言ってないで、
現実見ろよと思っていました。

 

もし、今回みたいに

「オーロラの下でプロポーズしたい!」

という人がいたら、
昔の俺であれば、

 

「何言ってんだよ、さむ」

「へーすごいねー頑張ってね」

「そんな長期で会社の休み取れないっしょ」

 

こんなことを言って、
他人の夢をあざ笑っていたと思います。

 

 

でも、今の俺であれば
素直に応援できます。

 

「素敵じゃん!いいじゃん!やろうよ!」

って応援できます。

 

昔の俺は自分の可能性に
自分自身で制限をかけていました。

 

 

やってみたらできるかもしれないのに
昔の俺は

やる前から

難しい、俺には無理だ、厳しいと
勝手に決めつけていました。

 

 

自分にはできないと決めつけているから、
他人に対してもどうせ無理でしょ。
と思ってしまっていました。

 

 

でも、できるのです。

 

仮に、今は無理だったとしても、
人間は変われます。

 

できなかったことも
訓練すればできるようになります。

 

 

そしたら、
絶対に無理だと思っていたことも
気づいたら当たり前にできるように
なります。

 

 

例えば、俺はyoutubeで話すのも
昔はまじで無理ゲーでした。

 

マスタングの最初の頃の動画と今を比べると、
初期はしょぼすぎて全然お話になりませんが、

あれでも10回ぐらい撮り直したり、
放送事故みたいに黙ってしまった箇所を
編集でカットしています。

 

でも、今は編集なしで
一発撮りでいけるようになりました。

 

 

文章も昔は1000文字書くのがやっとでしたが、
今は10倍の一万文字でもかけてしまいます。

 

 

人は変われます。

 

無理だと思っていたことも
いつの間にかできるようになります。

 

 

だからこそ、
どんな夢や願望も本気でやれば
絶対にできると今は思っています。

 

 

夢というと、仰々しいですが、
欲でもいいです。

 

あーバイト行きたくねー

バイトせずに金欲しいー

一日中漫画読んでいたいー

 

こんなのでもいいんです。

 

大事なのは、
それを実現するために
動くことだと思います。

 

きちんと動けば必ず実現できます。

 

 

俺はやりたいことができると、
エクセルのやりたいことリストに
日々追加しています。

 

で、書いておくと
いつの間にか実現していたり、

「あ、これ今ならできんじゃん!」

となるんですよね。

 

 

ぜひ、自分がやりたかったことを
紙やメモ帳に書き出してみてください。

 

馬鹿げたことだっていいです。

 

 

そのやりたかったことは、
全部叶えることができます。

どれか1つと言わず、
全部叶うのです。

 

 

無理だと思いますか?

 

無理だと思うのは思い込みです。

今まで会社や親、先生から
受けてきた洗脳です。

 

 

洗脳によって
自分自身に制限をかけているだけで
本当は全部叶うのです。

 

 

書き出すだけならタダなので
ぜひやりたい事を書き出してみてください。

 

 

俺はネットビジネスの世界に入って
人生いくらでも
好転できることを実感しました。

 

会社にうんざりしている
50歳の人にネットビジネスを指導して
4ヶ月後には月収35万円
稼げるように育ててもきました。

 

 

才能なんてなくても
後天的な努力でいくらでも
人生は変えられます。

どんどん良くすることができます。

 

適切な道を選び、成功のための
型やテンプレートを学んで
努力すれば良いだけです。

 

 

ネットビジネスであれば、
長い人生のほんの1年かそこら
きちんと学んで努力すれば、
後の人生ずっと楽できます。

 

 

こんなに自由がきいてリスクのない
ビジネスはありません。

今ネットビジネスをやっている人は
そのまま突き進んでもらえればと思います。

 

 

ということで、一度きりの人生、
これからもやりたいことを
どんどん実現していこうと俺は思います。

 

 

今回紹介したオーロラの話は
やりたかった事を実現する
重要性を教えてくれました。

 

実際やってみると
超良い思い出になります。

 

 

俺自身、一生ものの思い出になりましたし、
奥さんも周りに超自慢できると言っていました。

 

 

知識があれば
こういったやりたい事も
マジで実現できるようになります。

 

だからこそ
学び、行動していきましょう。

 

大丈夫です。
絶対にできます。

 

では!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は年収1億円稼ぐ23歳の富裕層と出会い、
月収200万以上稼げるようになり、人生が激変しました。

昔はトヨタの本社で
レクサスの開発者をしていましたが、
今はたった一人でほとんど働かずに
上記の金額を稼いでいます。
たぶん超絶怪しいですよね。

お前には才能があったんだろ?とも言われます。
ですが、僕はもともとビジネスが
得意だったわけでもなければ、
しゃべるのも文章を書くのも大の苦手でした。

そんな僕でも自信を得ることが出来て
1年で月収200万まで稼げるようになりました。
結局慣れなんですよね。
ビジネスに才能なんて要りません。
どんな人でも学んでいけば稼げるようになれる。

僕マスタングが月収200万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

月収200万になったマスタングの人生激変物語

ーーーーーーーーーー

下記画像をクリックしてトヨタ脱出物語の続きを読む  


>>詳細が気になる方はこちらをクリック<<

3 件のコメント

  • オーロラかー
    私はカナーリの現実主義者らしく、現実離れした夢とか希望とか持ちにくい脳みそ構造してるみたいです
    その代わり、想像した未来は確実に短期的に実現して来ていると思います
    もうすこし未来視を拡大すべきなのでしょうね

    お金の心配しないでからっぽになって旅を楽しむってのを数年後やってみたいですねー
    誰と行こうかな

  • 時間もお金も気にせずに過ごすということは、確かに会社員だと難しいと思います。
    有給休暇もありますが、実際単なる旅行では休めなかったり、連休として取りにくかったりと制限があるように感じます。
    今回の記事も、時間を気にしなくていいということが、すごく魅力的です。
    何かをやりたいと思ったときに、時間にもお金にも制限されない生活ができたらなと思います。

  • 夢を持つことは誰にでもある事ですが、それを実現することが出来ることが出来る人は限られています、重要なの行動力とお金でだと思います、まず行動する、行動しながら考える事。お金を稼ぐ、この方法としてインターネットビジネスで稼ぐ事を身につける。さらに素晴らしい師匠、そして伴侶・彼女を持つことが重要だと感じました。あらためてマスタングさんの行動力には感心しました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    14 − eight =

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください