メルマガ読者さんとリムジン懇親会!たった1日で参加者の行動力が爆上がりして別人になってしまった。

 

こんにちは、マスタングです。

今回はリムジンを貸し切って
メルマガ読者さんと懇親会した話。

 

たった1日で参加した人たちの
行動力が別人レベルに爆上がりして
かなり変わったので紹介していきます。

 

今まで、マスタングは
メルマガ読者さんと
色んな懇親会を開催してきました。

 

クルーザーを貸し切ったり

 

>>【懇親会レポート】クルーザー借りてBBQしました。

 

豪邸を貸し切ったり

 

>>葉山の豪邸とクルーザー貸し切って、起業家版テラスハウスやってみた

 

懇親会でこんなことをする人って
なかなかいないので、
情報発信している人の中でも
かなり珍しい部類なのですが、

今回の懇親会は
リムジンを借りてみました。

 

で、リムジンを借りたのには
理由があります。

 

ネットビジネスの初心者の人が
陥りがちな “ある問題”

それを突破するために
リムジンを用意したのです。

 

リムジンを用意した理由と
初心者が記事を書けない理由の共通点

今回、俺がなぜリムジンを用意したかというと、

ただ変わった懇親会をしたかった。

というだけではありません。
(まあそれもあるけど)

 

この体験を通して、
情報発信するときに大事な考え方を
伝えていこうと思ったからです。

 

情報発信をするときに
初心者がつまずく問題があります。

 

それは、

 

書くことがない問題

 

 

いざ記事を書こうにも
作業を始めると
手が止まってしまうんですよね。

昔の俺がそうでした。

 

なぜこういったことが起こるのでしょう?

 

ちなみに、
この問題の根本をたどると
リアルのコミュニケーションの克服にも
つながるものがあります。

 

もし他人との
コミュニケーションが苦手だという人は
ぜひ考えてみてください。

 

 

さあ、なぜ情報発信をしようとすると、
手が止まるのでしょう?

 

 

・・・

 

 

答えは・・・

 

 

ネタがないから

 

です。

 

よく考えたら当たり前なのですが、
意外とこれに気づいている人は少ないです。

 

ネタがないから
会話するときに話せないですし、
発信する時も何を書こうかなーと
手が止まってしまうのです。

 

例えば、リアルの
コミュニケーションで
イメージしてみましょう。

 

知らない人と会話する時も
ネタや引き出しがないと
話に困りますよね。

 

昔の俺は人と会話するのが
まじで苦手でした。

 

人と会っても話が続かないし、
盛り上がらないしで、
交流会とか会社の飲み会とか
いつもこんな状態でした↓

 

マスタング
「こんにちは・・・」

 

相手
「どうもこんにちは〜」

 

マスタング
「・・・」

 

相手
「・・・(^^;) 」

 

マスタング
「あ、すみませんちょっとトイレに・・・」

(トイレに逃げる)

 

マスタング
「はあ・・・・

知らない人と何話せばいいんだろ。。。」

(トイレで携帯をいじって時間をつぶす)

 

− 終了 −

 

まじです。

冗談じゃなくて、
昔の俺はまじでこんな感じでした。

コミュニケーションが超苦手でした。

 

相手がおしゃべりな人の場合は
あっちがペラペラと話してくれるので
聞いてれば良いですが、
そうでない相手の場合地獄です。

 

 

何も話せずに終了し、
一人で反省会して

ああああああ何も話せなかった。。。と
頭をわしゃわしゃわしゃして

何も話せない自分に凹み
自己嫌悪します。

 

コミュ力ない時は
人と会うたびに自己肯定感下がってましたね。。。

 

 

で、コミュニケーション関係の本を見ると、
自分から話すのが苦手なら
相手に質問しましょうと書いてあったので
実際にやってみたら、

 

質問ばかりしていると
尋問みたくなるのです。

 

警察かよ・・・ってなります。

 

 

で、結局、何も盛り上がらないまま
気まずい時間だけが流れて
終了するんですよね。

 

 

じゃあ、なぜそうなるかというと、
自分自身の中に話すネタがないからです。

話す鉄板ネタがあれば
話すときに詰まらないですよね。

 

 

で、これは情報発信にも通じます。

 

情報発信するにも
書くことがなくて手が止まる。

語れることがない。

 

そうなってしまうのは話すネタが
自分の中にないからです。

 

そりゃそうです。

初心者ほど大した経験もなければ
知識もありません。

 

人が思わず聞きたくなるような
ネタも持ち合わせていません。

 

そりゃあ、情報発信するにも
発信することねーよって話ですよね。

 

 

じゃあ、どうすればよいか?

 

 

ネタを仕入れればいいのです。

 

人に話せるネタがないなら
ネタを仕入れれば良いのです。

 

ネタを仕入れるには
自分でネタ作り活動をするか、

ネタだらけの人生を送ってる人と
一緒に過ごしてネタを盗むことです。

 

 

俺はこれで
ネタがない問題を克服しました。

 

初心者の頃の俺は
発信できるネタがなかったので
ひたすらインプットして知識を増やしたり、
経験を増やして、
語れることを増やしました。

これだけでも、ネタが超増えました。

 

そして、自分よりもネタだらけの人と
一緒に行動を共にしました。

例えば、ネタだらけの人が
平日に金沢に行って
寿司食いながらプレゼン合宿するかー
と言ったらそれについて行って
ネタを盗んだりしました。

 

 

上の人とつるんでいると、
マインドも基準値も自然と引き上がります。

本人にとってはそれが日常だけど、
俺からしたらそれ超ネタじゃん
みたいなことがありまくるので、
そういう所からネタを収集するのです。

 

そしたらネタで困らなくなりました。

 

これはネットビジネス的にも良かったですし、
人生を生きる上でも役立ちました。

 

人に会ったときにも
話すネタが増えて
会話で困らなくなりました。

 

『ネタを増やす』

 

この意識で生活していると
ネットビジネスでも
良い発信ができますし、

リアルでも人に興味を持たれて、
人生も豊かになります。

 

 

で、ネタと言っても種類があります。

 

知識もネタですし、
経験もネタです。

 

 

知識に関しては
得るのは楽です。

ネットや書籍、
セミナーがあるので
割と手に入りやすい。

 

もし初心者で
発信できるネタがないよーって人は
まずは知識を身につけましょう。

知識は家にいながらでも
手に入るので非常に楽です。

 

 

で、発信ネタのもう一つは
経験ネタです。

 

これは作っておくと
かなり良いです。

経験というのは
本人のオリジナルですから
差別化になりますし、
真似されにくい。

 

例えば、俺の記事の

ヒッチハイクした話や

>>【第一話】愛知から北海道まで物乞いをしながら0円で行った話

 

オーロラの下でプロポーズした話。

>>アラスカのオーロラの下で9年間付き合った彼女にプロポーズした話

 

一般的にこんなのやる人は
かなり珍しいですよね。

 

経験ネタは
見た人の印象に残りやすいですし、
興味を持たれやすいです。

 

なんですが、

経験ネタって行動力がいるので
ハードル高いんですよね。。。

 

 

俺は毎回こういったネタを
実は、超〜勇気をふりしぼって
やっています。

根がビビりなのでw

 

 

で、リムジンの話に戻るんですが、

今回の懇親会は
参加者が毎回遠くから来てくれるので
どうせ開催するのであれば、

その人たちに
人に話せる経験ネタをゲットして
持ち帰ってもらおうと思ったのです。

 

 

リムジンを借りるとか
一人じゃ絶対やらないですよね?笑

 

でも、やったら楽しそうだし、
ネタになりそうじゃないですか。

 

俺はイベントやるのが好きで
リムジン借りるのも
クルーザー借りるのも
1ミリも苦じゃないので
どうせならネタを作ってもらおうと思ったのです。

 

 

ってことで、
リムジン懇親会を企画してみました。

 

 

で、だ!

 

今回はただリムジンに
乗るだけだと面白くないので
さらに他にもミッションを用意しました。

 

(ミッションについては
この後の本編で紹介します)

 

このミッションを体験することで
苦手を突破したり、
初めての経験をして

こんな世界もあるのかーと

世界を広げつつ、
ネタを増やしてもらいました。

 

 

昔の俺みたいに、
週末になっても家でTwitterやyoutubeを
見てるだけだと
そりゃあネタも生まれません。

 

勉強するなり、
何か経験しないと。

 

情報発信ビジネスというのは
情報を持つ人と持たない人の差を
埋めて利益を出すビジネスです。

 

ということは、
希少性の高い知識や経験を
仕入れて発信していれば
稼げる人になります。

 

希少性の高い知識や経験があれば
他人からも面白いと思われて、
勝手に人が集まってきて、
ビジネスも上手くいきます。

 

なのでせっかく経験するなら
希少性の高いことをした方が得です。

そんな狙いを詰め込みまくったのが
今回の懇親会です。

 

それでは、本編のはじまりです。

 

懇親会当日

懇親会当日、
新宿のカフェに集合

 

ちなみに、
ドレスコードも決めていて全身白です。

NON STYLEの石田さんをイメージ↓

 

せっかくリムジンに乗るので
映えやすいカッコを指定しました。

 

参加者は5名、
マスタングを入れて計6名。

まずは自己紹介タイムです。

 

最初はコミュニケーションも兼ねて
今何している〜とか、
課題を話してもらって、
アドバイスを1時間ほどしました。

 

で、本題に入ります。

 

 

マスタング
「メールでも案内した通り、
今日は皆さんにはネタを作ってもらいます・・・」

 

参加者
「ゴクリ・・・」

 

マスタング
「実は、今日リムジンを借りています!!!

リムジンに乗ってレアな思い出を
作ってもらいます!!」

 

参加者
「おお〜〜〜!!」

 

マスタング
「そこで、ミッションがあります・・・」

 

参加者
「・・・・!?」

 

マスタング
「今ここに何人いますか?」

 

参加者
「6人です」

 

マスタング
「今日借りているリムジンは11人乗れます。

つまり、どういうことでしょう?」

 

参加者
「席があまっている・・?」

 

マスタング
「そうです。席が5人分あまっています

つまり、どうしたら良いかわかりますか?」

 

参加者
「うーん・・・」

 

マスタング
「女の子をナンパするのです!!!」

 

参加者
「ええーーーーー!!!

ナンパですかーーーーーー!!!!?」

 

マスタング
「みなさん今までナンパしたことありますか?」

 

参加者
「ありません」

 

マスタング
「てことは、
今までナンパしたことがない人が
ナンパをしたらどうなるか?

 

生まれて初めてナンパをしたという
ネタが生まれますね?

しかもリムジンに女子を乗せるために・・・!

 

この経験、
めちゃくちゃ希少だと思いませんか?」

 

参加者
「たしかに・・・」

 

マスタング
「そうです!!

そうやって希少性が高いことに
挑戦すればネタが生まれるのです!!

たぶん正直みんな
ナンパなんてやりたくないですよね?」

 

参加者
「(無言でうなずく)」

 

マスタング
「抵抗があるということは、
それだけ負荷がかかるということです!

つまり成長するってことです!!

 

リムジンは夜の9時に予約しています。

今の時間は夕方4時。

あと5時間あります。

 

この5時間でナンパして、
なんとしてでも
せっかくのリムジン懇親会を
女子と楽しみましょう!!!」

 

参加者
「は、、、はい!!!」

 

という感じで士気を高めました。
いよいよスタートです。

 

『手段は問わないので
なんとしてでも
夜の9時までに女子を5人集める』

 

これが参加者に課せられた
ミッションでした。

 

 

店を出て新宿の路上に降り立ちました。

さあ、ゲームの始まりです。

 

 

・・・しかし!!!

 

開始早々、マスタングは
早速参加者たちの問題点に気づきました。

 

 

『もうスタートしているのに、
誰も声をかけようとしない・・・?!』

 

俺は驚きました。

 

 

タイムリミットは21時と決まっています。

あと5時間しかありません。

 

タイムリミットが決まっているのに、
参加者同士で群れてニコニコ話しながら
街を歩いているのです。。。

 

 

何をしているんだ・・・

 

 

もうスタートしているんだぞ・・・

今こうしている間にも
たくさんの女性とすれ違っているじゃないか・・・

 

 

なぜ声をかけないんだ・・・・

 

 

この姿勢じゃ絶対に無理だ。

達成できるはずがない。

 

 

俺が手本を見せるしかないか・・・

 

 

マスタング
「はい、じゃあみんな一旦ストップ!

いっかい見てて!」

 

 

俺はみんなに手本を見せるために
参加者たちの前で

横断歩道が変わるのを待っていた
薄ピンクコーデの
マスク女子3人組に突っ込んでいきました。

 

 

マスタング
「(超でかい声で)こんにちは〜!」

 

女子3人組
「!?」

 

マスタング
「あーすみません、びっくりさせてw

全っ然ナンパとかじゃないんですけどw

てか、今何してるんですか?」

 

女子3人組
「今から遊びに行くところで〜す」

 

マスタング
「え、まじっすか!
この3人で?」

 

女子3人組
「そうで〜す」

 

マスタング
「ちょうどよかった〜!

俺ら今日の21時からリムジン借りて
東京タワーとかお台場まわるんですけど
一緒にいきません?」

 

女子3人組
「wwww

大丈夫で〜す」

 

マスタング
「まじすか!?やったー!

じゃあ21時に新宿東口に
集合なんですけど」

 

女子3人組
「いや、そっちの大丈夫じゃなくてw」

 

マスタング
「え!?w

まじすか、絶対来た方が良いっすよ!!

 

てか、お姉さん俺とコーデ一緒っすね?

ほらマスクの色が俺の服と一緒!w」

 

 

女子3人組
「wwwwww」

 

マスタング
「いやー運命感じるわ〜

せっかくだし、いきましょうよ!」

 

女子3人組
「てかお兄さんなんなんですかw

芸人??ww」

 

マスタング
「いやいやそれは内緒だけどw

そんなことよりさ、
リムジン乗ったことある!?」

 

女子3人組
「ないですけど・・w」

 

マスタング
「ないの!?

じゃあチャンスじゃん!!」

 

女子3人組
「いやー・・・」

 

マスタング
「知らん人が急に話しかけてきて
リムジン誘ってきたことあります!?

めちゃくちゃすごい確率の
出会いだと思いません!?」

 

お姉さん
「wwwww」

 

 

・・・とこんな感じで話しながら
ドトールの2階まで
ついていったんですが、ダメでした。

 

で、みんなの元に戻りました。

 

 

マスタング
「いやーダメだったわ。

でもこんな感じ。

もうスタートしてるんだから、
ガンガン行かないとダメだよ!」

 

 

参加者一同
「や、やべえ・・・・(;゚Д゚)」

 

 

基準値の違いにビビったみたいです。

 

マスタング
「お手本みたでしょ!

のんびりしてる場合じゃないよ!
早くいこう!」

 

参加者
「は、、はい!!」

 

こうして、
ようやくみんな危機感を感じたのか、
エンジンがかかりナンパがスタートしました。

 

参加者A
「すみませ〜ん、
あの〜今晩リムジン予約してて〜」

 

参加者B
「すみませ〜ん!!ちょっといいですか!
リムジン乗りません!?」

 

 

この日は新宿の路上でリムジンという単語が
一番飛び交った日ではないかと思いますw

 

で、1時間ほど声かけしてもらいましたが、
成果なしとのことだったので
いったん飲み屋に集合して作戦会議をしました。

 

 

場所は
マスタングのブログでおなじみの
よなよなエールという
クラフトビールが飲めるお店。

 

 

マスタング
「どうだった?」

 

参加者
「ちょいちょい話を
聞いてくれる人はいるんですけど、

予定が合ったり、
怪しまれたりしてダメですね〜」

 

 

で、そこからみんなで話し合いです。

 

・なぜ来てくれないんだ?

 

・みんなリムジンとか興味ないんじゃね?

 

・てか、冷静に考えて見ず知らずの人間が
リムジン乗ろうって誘うの怪しくね?

 

・どんな声かけをしたら
来てくれるだろう?

 

こんなことを、
話し合いました。

 

 

アイデア出しの記録

 

ビジネスで大事なのは
反省と改善です。

 

一回やってダメでもあきらめない。

きちんと反省して、
あきらめずに次の改善策を考える。

 

これが大事です。

 

ネットビジネスの指導をしていると、
1度やってダメだっただけで
諦めてしまう人が結構います。

これは非常にもったいないです。

 

一回やってせっかく
データが出たわけですから、
あきらめてしまっては
それまでにやった努力が水の泡です。

 

むしろここから改善して
逆転するのが面白いのです。

 

 

ということで、
参加者には
こういった姿勢も含めて
感じてもらいました。

 

 

みんな最初は
いちいち俺から言われないと
やらない雰囲気でしたが、

 

作戦会議の時は
問題を自分の頭で考えて
解決していく姿勢になり、
見ていて超成長を感じましたね。

 

こんな短時間でも変われるのかって
嬉しくなりました。

 

 

で、作戦会議をして
マスタングもアイデアを出しました。

 

マスタング
「女子に立ち止まってもらえないなら、

最初からじっくり話せる場所に
行ってはどうだろう?

例えば、相席屋とか」

 

相席屋という
出会い居酒屋があります。

そこは女子だけで飲んでいる
お客さんのところに
店員さんが案内してくて、
相席できるのです。

 

 

相席屋は女性は無料で
男性はちょい値段高めの
居酒屋なのですが、

ここにいる女性は
出会いを求めているか、
タダ飯を食べるために来ている人が
ほとんどなので高確率で暇です。

 

 

路上ナンパよりはじっくり話せるので
ここでじっくり話してオファーしては?

 

こんな提案をしてみました。

 

 

うまくいくかは分かりません。
あくまで仮説です。

でも、試してみる価値はあるよね。

 

そう話しました。

 

 

で、これは俺も実際に
検証してみたかったので
後半戦は俺も参戦することに。

 

店を出て活動再開です。

 

 

マスタングともう一人は
一緒に相席屋に。

 

他のメンバーは、
ナンパではなく
youtubeの企画の
出演者募集という設定で
路上で声かけをすることになりました。

 

相席屋に到着しました。

 

案内された半個室には
若い女子2人がいました。

大学3年生らしいです。

 

 

リムジンまで
あと、3時間。

 

ここで結果を出さないとやばい。

俺とペアの参加者さんで
超頑張って場を盛り上げました。

 

 

その女子大生には
いきなりリムジンの話は出さず、
トークで盛り上げることを意識して、
場がなごんだところでオファーしました。

 

 

そしたら・・・

 

 

 

なんとリムジンに
来てくれることになりました!!!

 

よっしゃああああああああ!!!

 

 

 

よし、あと3人!

次だ次!!

 

その女子大生2人とインスタを交換して、
店員さんに次の席に案内してもらいました。

(女子大生はモデルか何からしく、
インスタのフォロワーが2万人ほどいました)

 

 

次に相席したのは
30歳ぐらいの女子2人組です。

 

さっきの女子大生と話してたときのノリで
ふざけて話していたらノリがかみ合いませんでした。

これはまずい。。。。

 

 

すると・・・

 

ピコン!

 

 

おおおおおおお!!!

 

他のグループもゲット!!!

計4人!!!

よしいいぞおおおお!!!!

 

 

そしてタイムアップ。

 

もう行かないといけません。

リムジンの乗り場である
新宿駅東口に向かいます。

 

時間になると、
俺らがアポを取った
大学生2人組が来ました。

 

 

 

そして、予定では別のグループが
確保した2人組も来るはずが・・・

 

こない!!

 

 

どういうことだ??

バックれちゃった???

 

そしたら、別グループのメンバーが来て
なぜか俺らがアポった女子大生2人組に
「おーい」と手をふっていました。

 

 

・・・・え???

 

どういうこと・・・・???

 

 

マスタング
「スカイプで報告してくれた2人は?」

 

別グループの人
「この子たちです」

 

マスタング
「え・・・もしかして・・・」

 

 

どういうことかというと、

相席屋で俺らがアポを取った二人と
別グループがアポを取った二人が
かぶっていたのです。

 

 

どうやら、別グループのメンバーも
同じ相席屋にいたらしく、

俺らがアポを取った後に
同じ子達にもう一度アポを取っていた。

 

 

なので、4人来ると思っていたけれど、
実は重複していただけで
2人だったのです。

 

 

えええええええーーーー!!!

そんなことあるのかよおおおお!!!

 

 

そしたら、その女子2人組が

 

「え!?うちらだけ!?

いやーそれはないわ!

帰るわ!バイバーイ」

 

 

マスタング
「おわった・・・・」

 

 

集合場所の
新宿駅東口のヨドバシカメラの前には
でかいリムジンと
野郎5人が残されたのでした。

 

 

 

・・・

 

そもそも他の男たちと同じ場所で戦わない。
情報の確認はきっちりする。

 

こういった部分を
きっちりしておくべきでしたね。

 

反省点はあるものの、

楽しむ方向に切りかえて
リムジンに乗り込んだのでした。

 

リムジン内とシャンパン↓

 

シャンパンで乾杯

 

 

リムジンの中では
今回学びになったことをお互いに話しあいました。

今回の反省点を振り返って
実際のビジネスにも生かすためですね。

 

あとは記念写真を撮ったりして過ごしました。

 

振り返り(真面目に振り返ってます)↓

 

東京タワーにて

 

お台場にて

 

 

 

ちなみに、
初リムジンの感想ですが・・・

意外と普通でしたw

 

 

内側がスモークガラスになっているので
走っていても外があまり見えないですし、
なんかバスに乗って酒飲んでるような
感じでしたねw

 

 

でもこれも乗ってみて
初めて分かることです。

 

乗ったことがないのに
リムジンなんて意味ねえと否定するのと、

 

乗った上で

「リムジン?別にね〜」

というのは説得力が全然違います。

 

個人的には
クルーザーは何回乗っても楽しいですが、
リムジンは一回乗ったらもういいかな
という感じでした。

 

 

で、リムジンのあとは
借りていた宿に移動して
飲みながら語り合い。

 

ここでも今日の反省をして、
普段の行動にどう活かすかを
ガッツリ話し合いました(真面目か)

 

 

シャンパンを飲んだあとなのに、
差し入れでイナゴやら蜂の子やら
テキーラやらウォッカが
出てきて、これ単体でもネタになりそうな
ハードな飲み会になりましたw

 

蜂の子とイナゴ↓

 

ウォッカとテキーラ↓

 

そして、2時間だけ寝て
二日酔いの中、

参加者の
シモシさんが差し入れしてくれた
日本酒をみんなで飲みながら
懇親会の感想を
アウトプットの作成です。

 

どんだけ飲むんだw

 

 

 

で、そのアウトプットを
参加者でお互いに添削しあって
ブラッシュアップして
ライティング力を鍛えたのでした。

 

みんなの普段だったらやらない
リミッターを外したおかげで
行動力も爆上がりして、

非日常の連続でかなりのネタが
生まれまくった日でした。

 

この1日だけで
何記事も書けてしまいますね。

 

満足度も非常に高かったです。

 

 

たぶんこんな経験
一人だと絶対やらないですよね。

 

 

でも、来たらもうやるしかないし、
変われるんですよね。

良い意味で、
『来さえすれば強制的に変われる』のです。



みんながいるから
一人じゃできないことも

実現出来てしまいます。

 

 

自分一人で変わろうとすると
とてつもない意思力が必要です。

 

 

そして、できないと


自分には才能がないんじゃないか?

って自分を責めてしまいます。

 

 

でも、そうじゃない。

 

 

変わりたければ
簡単に変われる手段を
選べば良いのです。

 

仲間や上の人といると
他人の基準値で
行動することになります。

 

そうすると、
今までの自分じゃ
出来なかったことも
必ず出来るようになります。

 

こういう会に来ると
気づいたら1日で
するっと変わります。

 

ぜひ、変わりたい人は
来てください。

 

生まれ変わるって
楽しいですよ。

 

 

 

最後に感想を紹介します↓

 

いつもお世話になってます。

フィエスタです。

10/24,25の親睦会に参加させて頂き、
ありがとうございました。

一泊二日の短い時間では
ありましたが、非常に大きなことを
学ばせていただいたと思います。

 

特に、

「これまでの自分のマインド破壊」と、
「狂気」

を学ばせていただいたことは、
これからの自分の人生に大きな
変革をもたらせてくれる非常に
大きなことでした。

 

具体的に、どのようなところで
それを学んだかを書いてみます。

 

今回、親睦会の参加者の方々と共に、
一つのグループワークとして、
リムジン貸し切りパーティーを
企画していました。

 

急遽、街中を行き交う
人の中から参加者を募集して、
一緒にパーティーを行う課題を
自分たちに果たしました。

 

時間のない中、
共同でアイデアを出し、
新宿の交差点で、大声で
参加を呼びかけたり、
看板を作成して、
街ゆく人たちの
注目を集める作戦を
考えました。

最終的に、5名の目標に対して
2名のみ参加してくださる
ことに同意いただくことができました。

 

本当に時間の限られた中、
どんな状況であっても、最後の1分まで
諦めず、粘り強くアイデアを出し、
工夫し、判断していく。

その、「思考のスピードと行動の大胆さ」。

 

これまでの自分は、アイデアを出す際、
そして、それを行動に移す際には、
一瞬の躊躇があったと感じました。

 

「あっ、あれのことか。。。」
「それを、実現するには。。。」
「そうすると、こういう課題があって。。。」
「こういう問題が次に予想されて。。。」

 

と、頭の中で、色々と考えを巡らせることに
ばかり、気を取られて、行動に移す
スピードが鈍っていると感じました。

 

自分では、スピード感を持って、行動に
移せていると感じてはいましたが、
非常に甘かったです。

 

マスタングさんの思考のスピードと
行動の大胆さは、一瞬の間もなく
スッ、ザクッ、と全てのものを
瞬く間に切り裂いていく
直線的かつ圧倒的なものでした。

 

それを間近で学べただけでも、
かなり大きな収穫となりました。

 

まさに、

「これまでの自分のマインド破壊」

となりました。

 

もう一つの学びは、
目標5名に対して、2名という結果で、
目標未達になったことに対する
責任感の大きさです。

 

どんなに過酷な状況においても、
経営者としては、目標に到達しない時点で、
経営者失格となる厳しい世界で
あるからこそ、目標未達は
自分の責任であると、

 

これまで、自分が絶対に
飲みたくないと思っていたものを
飲むという手本を示して
くださいました。

 

まさに、それは、

「狂気」

を感じるまでの
責任感の高さでした。

 

サラリーマンの社会では、
いかに自分に責任を負わされないかを
考えるのが、仕事と捉える人
ばかりです。

 

そのような環境にいたため、
自分も知らず知らずの間に、
そのようなサラリーマンマインドが
染み付いていたことを痛感しました。

 

自分で起業するからこそ、
自分の事業の責任と
お客様への価値の提供の責任を
高い次元で両立するんだという
覚悟の大きさが非常に
重要であることを、
身を以て示してくださったと思います。

 

 

まさに、

「これまでの自分のマインド破壊」と
「狂気」

でした。

 

このような、学びの多い親睦会である
からこそ、一緒に参加した方々も
短時間の間に、みるみる
発想、行動力、が身についていきました。

 

新宿の交差点で、大声で
パーティー参加を呼びかける学生の方、

 

自分の殻を破るために、あえて
お店の店員さんに厳しく当たる方、

 

親睦会参加当初は、
彼らはいい人ではあったけど、
まだまだ参加する側の立場で
待ちの姿勢であったのですが、

 

「よし、俺も変わるぞー!」
「次は、俺だー!」
「絶対に、目標達成してやるー!」と、

 

親睦会が進行していくについれて、
みるみるうちに、
自分のコンフォートゾーンを
壊していくその姿勢が
見て取れました。

 

人って、こんなに短期間に
変われるんだって、
本当に感動しました。

 

そのおかげもあり、
今回一緒に参加した5名の
若い起業家たちと、
都内一周のリムジン貸切ドライブで
東京の名所を巡り、さらなる飛躍を誓って
お互いのモチベーションを向上することが
できました。

 

さらに、親睦会の最後で、
お互いに対して厳しい意見を
出し合うことで、切磋琢磨し
個々のレベルアップもできました。

 

最後にはなりますが、

今回、親睦会に参加したことで、
普段は知り得ないような、
マスタングさんの日頃の言動を
目の当たりにし、

起業家としての
意識の高さ、緻密さ、精度の高さ、

それらに対する、自分の課題を
はっきりさせることができました。

 

また、一から自分の全てを
見直し、早速修正をかけていきます。

 

そして、
サラリーマン生活を終わらせ、
マスタングさんのように、
ネットビジネスで
本当の自由を手に入れたいと思います。

 

マスタングさんには、
本当に感謝しかありませんが、
これから、結果で
恩返ししたいと思います!

 

本当に、貴重な経験をありがとうございました。

 

フィエスタ

 

もう一人

 

マスタングさん、こんにちは!!
10月24日、25日の2日間、
懇親会に参加させていただき
ありがとうございました!!

 

平凡な会社員生活から一転!!
自分の甘い考え、行動の甘さ、
目標達成の意識の低さを痛感・・・

 

そして猛省した、
懇親会の感想を書かせていただきます。

 

今回の懇親会はまさに、
『狂気・破壊・再構築』
非常に濃厚な2日間でした!!

 

今回の懇親会を通して僕は、

・自分が抵抗のある事をやると成長する事!!

・目標達成の為に必死に考え、すぐ動く事!!

・ギブの精神が成功への道!!

・興味付けとはなんなのか!!

という事について、身体にたたき込めました。

 

【僕とインターネットビジネスとの出会いのきっかけ】

僕がインターネットビジネスを
本格的に学ぼうと思ったのは、

今回懇親会を主催していただいた
マスタングさんのブログが

きっかけでした。

 

・不器用で会社の仕事について行くのがやっと・・・

・時間、お金に縛られた会社員生活への不安・・・

・無駄としか思えない仕事を詰め込んでくる企業文化・・・
 (それでもやらないと評価が下がる・・・)

 

会社の為だけに生きている様な状況に、
僕は大きな不安という

真っ暗なトンネルの中を常に
彷徨っている様な日々を送っていました。

 

そんな中、何気なくネットサーフィンをしていたとき、
気になるブログを見つけました。
それは、真っ暗なトンネルに一筋の光が見えた感覚でした。

 

そのブログのタイトルは
『ホームレスになった元トヨタ社員が年収1億円の
23歳に出会って企業した結果・・・』
というもの。

ちょっと気になったので、内容を見てみると

・ネットビジネスを始めて
1年後には月収数百万円

・企業コンサルもやっている

・実店舗で美容関連のお店も経営している

・今ではほぼほったらかしでも収益が得られている

と書かれていました。

 

「う~~~ん。胡散臭い(笑)」

そう思いながらも、
これまでの生い立ちの記事を見て、

トヨタ社員時代、仕事が同期に比べて遅かったとか、

プレゼンが大嫌いだったという
内容を見ていくうちに、
共感を覚え、自然と引き込まれていきました。

 

そして、メルマガ登録、
教材の購入と、気づいたら大ファンになっていました。

 

そんな憧れのマスタングさんから、
「懇親会参加者を募集します」というメールが来ました。

 

「なんとしても参加したい!!!!!!」

「どんな人かこの目で見てみたい!!!!!!!」

「今後の人生を変えられるかも知れない
『何か』を得られるハズ!!!!!」

 

そう直感した僕は、
懇親会参加フォームの自己アピール欄に、

思いつく限りのアピール文を
必死に打ち込み、応募しました。

 

そして数日後、マスタングさんから

「このメールが届いている人は懇親会参加OKの人です」

とメールが届いたときは、
飛ぶように嬉しかった事を今でも覚えています!!!!

 

【そして懇親会へ】
初めてマスタングさんを見たとき、率直に思った感想は
オーラと自信がとてつもなかったこと!!

 

話しかけることに躊躇してしまいましたが、
実際にお話をすると、

とても話しやすく、気さくな方でした。

 

ブログや購入したセミナー動画のイメージでは伝わらない、
すごく柔軟な発想と考えを持たれており、お話しして
驚きの連続でした。

 

今回の懇親会では、
『これまでの自分のマインド破壊』と『狂気』
をテーマに学ばせていただきました。

 

事前に「無茶ぶりします」と伝えられており、
ドレスコードは白シャツ、白パンツ。
「どんなことをやるんだろう」と、不安と期待を胸に、
参加させていただきました。

 

懇親会当日は、マスタングさんのアイディアで、
学びを得る為のぶっ飛んだ企画が、
集まったメンバーの性格や個性から

アドリブで決まりました!!

 

このアドリブでズバズバ
思考していく姿にはとても驚きました!!

 

企画は
「新宿で女性をナンパし、21時のリムジンパーティに誘い、
あえて女性に嫌われる事をする」というもの!!
連れてくる女性は男性陣と同じ人数の5名。

 

この企画の狙いは、
・目的達成の為に頭をフルに使う事
・女性に嫌われたくないというマインドをぶっ壊す事
が狙いです。

 

また、課題達成出来なかったら、
普通の生活をしていたら

絶対にやらないし、やりたくない事をやる!!
という罰ゲーム付きです。

 

まさに無茶ぶり!!
狂気!!
マインド破壊!!
マインド再構築!!

 

課題も罰ゲームも日常だったら絶対やりたくない事の
オンパレードでした。

参加者メンバー4人と僕は、
不安を滲ませた顔をお互い見つめながら、
己を奮い立たせ、課題企画に望みました。

 

打ち合わせ終了後、
早速マスタングさんがお手本を

見せてくれました!!

女性の前に立ちはだかり、
自信満々でさっそうとナンパする姿!!

 

率直に「スゲぇ!!!!なんのためらいも無い!!!!
こうやるのか!!!!!」と、
思ったのと同時に

 

「僕にこんなことができるのか!?」
と頭をよぎってしまいました。

 

そんな中、マスタングさんに続き、
動き出したのが参加者メンバーの一人!!
早速女性に声掛けを始めていました。

 

それを見て、
「負けてはいけない!!やらなければ!!」と思い、
僕も声掛けに早速挑戦します。

 

声を掛けやすそうな女性のところに行き、

「21時からリムジンパーティするよ!!」

「日常生活から非日常のリムジンパーティやろう!!」

といった感じで声掛けをしました。

 

しかし、殆どの人達はスルー。
立ち止まってくれた人も「予定あるから・・・」
と言われて断られてしまいました。

 

そこで一度反省会を実施。
反省会では、

・警戒されて話すら聞いて貰えない

・女性側にメリットを提示できていない

・興味を持って貰えていない

・全員で同じ方法をやっても効率が悪い

という現状の問題点が出てきました。
この反省を生かすため、

 

・チームで分かれてナンパする
 (相席居酒屋チーム、街で声掛けチーム)

・ドレスコードの『全身白』を興味付けに使う

・youtuberの企画という設定で興味を惹きつつ
 警戒心を下げる

 

という方針で再始動する事になりました!!

 

相席居酒屋チームは、マスタングさんとMさんペア。
そしてKさんと僕のペアでそれぞれ行動する事になり、
街で声掛けチームは、FさんとYさんペアで行う事に
なりました。

 

相席居酒屋ではやはり女性の警戒心という
ハードルを大きく下げられ、
話をすると興味を持って貰えました!!

 

「えぇ!!?何それ?行ってみたい」

と目をキラキラさせながら
食いついてくる女性を見て、
確かな手応えを感じました。

 

ここで学んだのは、
ペアを組んだ懇親会参加者のKさん!!!!

女性に適度にいじり、話を盛り上げ、
企画に参加してもらう為に

アドリブでどんどん話を進めていました。

 

懇親会の凄いところは、
同じ参加者からとても刺激を

貰えるところ。

必死に僕もついて行こうと、
頭をフル回転させました。

 

1時間後・・・

 

なんとか2人来てくれるという話になり、
他の懇親会参加者の人達も

女性を誘っているので、
「どうにかなるだろう」と

気を緩めてしまっていました。

 

【運命の21時】
いよいよリムジンがやってきました!!

「女性とリムジンパーティだ!!」
と期待をしていたのですが、
ここでまさかのアクシデントです。

 

リムジンパーティに参加する予定の女性が、
実は既にマスタングさんMさんペアで
約束していた女性達で、

そのあと、その2人の女性に
僕たちがダブって約束していたのでした。

 

また、街で声掛けチームは路上ということもあり、
必死に戦って頂いているのですが大苦戦。

 

参加を約束してくれていた女性達も、
約束の条件として

「他の女性参加者が2~3人参加しないなら行かない」

という条件だったので、
結局参加して貰えませんでした。

 

つまり、女性0で
リムジンパーティ+絶対やりたくない罰ゲーム
という結果になってしまったのです。

 

女性が居ないリムジンパーティ。
人生初の「女性とリムジンパーティ」という目標が
達成出来なかった悔しさを味わった体験でした。

 

また、リムジンパーティでは、
「人生で初めてリムジンに乗った」という経験以外に、
大事な事を学びました。

 

参加者の一人、Mさんが、率先してシャンパンを
注いでくれたり、盛り上げるためにアドリブで
巨大クラッカーを用意してくれていました。

 

この行動にマスタングさんは
「こういう何気ない気配りって大事で、
人を楽しませようという姿勢、ギブの精神は、
ネットビジネスでも同じで、こういう精神がないと
成功は難しいですよ。」と仰られました。

 

課題が終わって完全に気が緩んでいた僕の心に、
この言葉はとても響きました。

「成長したい!!」

「人生を変えたい!!」

「そう思って行動して、ここまで来たのに、
僕は何を怠けているんだ!!!!」

 

と、初心を忘れていた事に気づかされました。

 

そこから僕は、Mさんを見習って、
ギブの精神を意識するようにしました。

「今のままの僕では成功出来ない!!!!」

「この懇親会で学べる事はとことん学ぶんだ!!!!」

「未熟だからこそ、率先して学ばないと、他のメンバーに
どんどん置いていかれてしまう!!!!」

これまでの甘えがあった僕のマインドに、
とても大きな気づきを

得られた体験でした。

 

【反省会】
リムジンパーティで非日常を思いっきり堪能した後、
反省会が開かれました。

メンバー全員、一通り反省を言い合ったあと、
マスタングさんから指摘がありました。

 

「女性達を誘えなかった反省で、
良い経験が出来ましたとか、

勉強になりましたって言うのは、

一見ポジティブ思考で
良さそうですが、
皆さんポジティブに考えすぎです。」

 

「結果を出すまでの過程で満足していても、
ビジネスは
結果が出なければ
いつまでも成功しませんよ。」

ここでもまた、

「会社員としての普段の姿勢が出てしまった」

と感じました。

 

会社では
「これだけ頑張りましたが、思うような結果が
出ませんでした。」

「次回から反省をいかします。」

 

こんな様に、結果が出なくても途中の過程で
成長出来ていれば良いという習慣や空気があります。

しかし、自分がビジネス経営者になったら、
結果が出なければそれは
時間とお金の損失でしかありません。

 

「がんばったんだけどね・・・」
は、ただの言い訳でしかないのです。

 

この言葉も、僕の心に深く刻み込み、

「結果が出なければ意味が無い!!!!」

「結果が出ない事は悔しい事なんだ!!!!」

とマインドセットするきっかけとなりました。

 

【一生忘れない罰ゲーム】
反省会の終盤では、絶対やりたくない罰ゲームを、
マスタングさんと参加者メンバー全員でやりました。

 

「まさか、自分の人生でこんなことをするとは・・・」
という、めちゃくちゃ抵抗のある罰ゲームでした。


なぜ、マスタングさんが、絶対やりたくない罰ゲームに

拘ったのかというと、

「なんとしても達成しないと!!という
気持ちに、自分を追い込む必要があるから」と

仰られていました。


ひとつひとつの行動に、必ず目的と意味を持たせる。

マスタングさんの思考には、本当にただただ驚かされる
ばかりでした。

 

【最後に】
マスタングさん!!
今回は、貴重な体験や経験、学びを得られる
貴重な懇親会を開いていただき、
本当にありがとうございました。

 

また、課題を達成するための行動も、
課題が達成出来なかったときの強烈な罰ゲームも、
マスタングさんご自身でも一緒に参加して下さり、
本当に尊敬出来る人だなと改めて実感しました。

 

また、一緒に参加課題に取り組ませていただいた
懇親会参加者の方々からも多くの事を学ばせて
もらいました。

 

Fさんからは、あらゆる事態に備え、様々な
ツールを事前に準備されていた姿、
たった2ヶ月で多くのブログ記事を書かれている
圧倒的行動力と質の高さ。
その重要性を学ばせて貰いました。

 

Mさんからは、懇親会全体を通して、
率先して人を楽しませようというギブの精神、
姿勢、行動について学ばせて貰いました。

 

Kさんからは、目標達成のために思考をフルに
働かせる姿と、アドリブでどんどん女性に
話を振る姿を間近で学ばせて貰いました。

 

Yさんからは、大学生という若い時期に、
不安も多い中で
インターネットビジネスを学ぼうとする姿勢、

行動、すでに将来のやりたいビジョンを描かれている姿に、
行動する勇気を学ばせて貰いました。

 

長々となってしまいましたが、これでも
全然書き切れない位の濃厚な2日間でした。

 

改めて、マスタングさん、懇親会に一緒に参加された
メンバーの皆さん。
2日間、本当にありがとうございました。

 

今後もお互い刺激し合いながら、
成長し、上を目指して行きましょう!!

 

こんな感じです。
えらい熱量の高い会でした。

 

 

人間、ただ楽しいよりも
めっちゃきついけど
それを乗り越えたときの方が
思い出になるし、

のちの財産になると俺は思うんですよね。

 

なので、限界値を引き上げるためにも、
今後もこういった
キツいけどおもしろい企画を
提供できればなと思います。

 

ぜひ成長したい方は参加してください!

では!!

 

 

追伸

参加者の方から
大好きなカレーをお土産で
いただきましたが、なんと!

木箱に入っていました!

 

メッセージもいただいて嬉しかったです(^^)

参加者のみんなと美味しくいただきました。

こういうのは、
みんなで食べた方が美味しいですね。

 

ということでまあ企画するので
遊びに来てください!

ーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は年収1億円稼ぐ23歳の富裕層と出会い、
月収200万以上稼げるようになり、人生が激変しました。

昔はトヨタの本社で
レクサスの開発者をしていましたが、
今はたった一人でほとんど働かずに
上記の金額を稼いでいます。
たぶん超絶怪しいですよね。

お前には才能があったんだろ?とも言われます。
ですが、僕はもともとビジネスが
得意だったわけでもなければ、
しゃべるのも文章を書くのも大の苦手でした。

そんな僕でも自信を得ることが出来て
1年で月収200万まで稼げるようになりました。
結局慣れなんですよね。
ビジネスに才能なんて要りません。
どんな人でも学んでいけば稼げるようになれる。

僕マスタングが月収200万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

月収200万になったマスタングの人生激変物語

ーーーーーーーーーー

下記画像をクリックしてトヨタ脱出物語の続きを読む  


>>詳細が気になる方はこちらをクリック<<