【事例あり】個人はAmazonを目指してはいけない。個人の勝ち方とは

マスタングです。

今日は
個人はAmazonを目指してはいけない。
という話です。

ビジネスにも戦い方や勝ち方があって
個人には大手にはできない勝ち方があるよ

って話です。

 

大手と個人の違い

まず、大手と個人では何が違うか?

一番大きいのは資本力ですよね。

 

大手は資金が豊富ですから、
広告費とか、設備に
たくさんお金をかけられますし、

従業員の数が
めちゃくちゃ多いです。

 

俺のいたトヨタ自動車であれば、
トヨタ単独で従業員が36万人

俺が入社した2013年の時は
大卒社員の同期だけで
500人以上いました。

巨大すぎる、、、
こんなのと戦えるわけがねえ、、、

 

一方で個人の場合は
資金もないし、
仕事をするときは一人です。

大手とは規模が全然違います。

 

じゃあ個人はビジネスをしても
稼げないかっていうと違います。

むしろ個人でビジネスをしている人の方が
一流企業のエリート社員より
収入が多いのはザラにあります。

 

例えば、俺も会社をやめて
年収が6倍に変わりました。

会社をやめて2年で
上司の2倍の収入になりました。

じゃあこれが難しかったかというと
そうでもありません。

 

もちろん勉強してないと
こうはなれませんが、

ちゃんと勉強さえすれば
むしろ個人の方が
ストレスもないですし、
時間もたくさんありますし、
余裕で稼げるんですよね。

 

個人が圧倒的に
良いのはスピード感が早いことです。

 

大手はお金と人をたくさんかけられる分、
失敗ができないので、
何をやるにしても慎重になります。

1つの仕事をやり始めるまでに
何回もプレゼンが必要だったりします。

 

上司の上司のそのまた上司の
許可を得て、初めてスタート。

 

こんなスピード感なので
合わない人にはしんどいです。

毎回プレゼンのために
資料を作っては修正してを
繰り返して本当にムダだなー

資料なんて手書きでえーやん

俺はそう思っていました。

 

個人でやると
スピードが早いというのは
かなりのメリットで、

スピードが早いということは
成功するのも失敗するのも
早いということです。

 

人生で一番大事なのは時間ですから、
個人でビジネスするなら
さっさと挑戦して、ダメなら次。

これをどんどん出来ると
簡単に成功できるんですよね。

 

スピードが早いと成功する話はこちら

 

俺もビジネスは色々試してきましたが、
仮に失敗したとしても
大したダメージを負わないことばかり
やってきました。

 

一般的に起業というと、
リスクがやばそうなイメージがありますが、
それはやり方次第なんですよね。

俺の場合、ほとんどリスクなく
起業に挑戦できました。

 

>>俺がこれまでにやってきたビジネスはこちら

 

個人は大企業みたいに
1兆2兆みたいな
莫大な利益は出せませんが、

個人が生きていくぐらいの利益
年に数千万ぐらいだったら
1、2年もあれば作れてしまいます。

 

大手サラリーマンよりも
個人で活動している方が
よっぽど成功するのが早いし簡単です。

で、そうなるためには戦い方があるんですよね。

 

個人は大手ができないニッチな分野で戦うべし

個人で年間1000万円儲けるのは
少し学べば全然簡単だし、余裕です。

 

でも、大手で年間1000万円しか
儲からない事業をやるのって
労力に対してリターンが悪すぎます。

やる意味がないのです。

 

もっと規模の大きい儲かる事業をやらないと、
社員の給料やらオフィス家賃やら
払えないですよね。

 

なので、個人が良いのは
大手だったら儲からなくて手が出せないけど、
個人レベルだったらそれで全然良いよねー。

というような、ニッチな分野で
ビジネスが出来るところです。

 

で、さらに
個人にしかできない戦い方もあります。

 

個人はできて
企業にはやりづらいこと。

それは

共感を集める。

です。

 

個人だと自分の考えや経験を
自由に発信できます。

そうすると、それに共感した人が
集まってくるんですよね。

 

例えば、マスタングの発信をしていると
集まってくる人はこんな人です。

・平凡な人生は嫌だ
・何かに挑戦してみたい
・家族とゆっくり過ごせる時間が欲しい
・組織に合わない
・会社辞めたい
・お金持ちになりたい
・時間が欲しい

 

で、俺もこういう価値観なので
ネットで発信すればするほど
気が合う人が集まってきます。

 

こういった発信は
個人だとやりやすいですが、
企業だとやりづらいですよね。

 

会社ですから、私的な感じが出しづらい。

(もちろん、やり方を工夫すれば、企業でも共感を集めてファンを作ることもできます)

 

企業がやりづらいけど
個人なら普通にできる。

これがチャンスなのです。

 

個人で発信するというと
むずそうなイメージですが
全然そんなことはなくて、

俺的にはオンラインゲームをやっていたら
ゲーム仲間ができてました。

こういうノリに近いです。

 

発信をしていたら
勝手に人が集まってきて
ビジネスになるんですよね。

 

もちろん適当にやっても結果は出なくて、
型があるので、

それの通りにやる必要がありまが、
学んでしまえば難しくないし、簡単なのです

 

企業というのは
例えば俺が出しているような

昔貧乏で
学校でいじめられていて〜とか、

そういう個人的なエピソードが
出しづらいですよね

 

でも個人だったら
そういう情報を出し放題です。

 

いじめられてたーとか、
プレゼン下手で上司から怒られまくってたんですーとか、

こういったエピソード出し放題です。

そうやって発信をしていると、
実際、人が集まってくるんですよね。

 

で、例えばプレゼンネタで
ビジネスを作ることもできますよ。

 

例えば、

プレゼン下手くそだから変わりたいと思って

こんなことをやって克服できたんです〜

 

そんなことを発信していれば、

エピソードに共感した
変わりたい人が集まってくるので

プレゼン上手くなりたい人に対して
そういうサービスを提供して
ビジネスにするのは全然可能です。

 

例えば、

昔プレゼンが
下手くそだったことを情報発信する

人が集まってくる。

ZOOMとかで
プレゼンの添削をしてあげる
サービスを提供する

とか、

プレゼン講座をやるとかも良いですね。

 

プレゼン講座というと
ハードル高そうですが、
人並み外れたプレゼン能力は
なくていいです。

 

俺もそうでしたが、
プレゼンが下手な人というのは
なにを話しているのか
理解不能なぐらい壊滅的に下手ですからw

そういう人たちよりも上手ければ
ビジネスにできます。

今日からでも始められます。

 

プレゼンは会社員の世界だと
商売道具ぐらい超大事ですよね。

 

俺はプレゼン下手すぎて
いつも上司に怒られてて、

毎回、

どういうこと?
よく分からない

と言われまくって、
自分の伝える能力のなさに
絶望していたんですよね。

 

自信も失われましたし、
周りに対する劣等感がやばかった。

 

でも、じゃあどうやったら改善するかって
自分一人で考えても分からないわけですよ。

それを客観的な目線で指摘して
解決してくれる人がいたら
サービスとして普通に良いと思います。

 

プレゼンの指導なんて実は簡単で
型を覚えて型通りに数をこなして
練習させるだけです。

 

俺もプレゼン下手でしたが、
型を覚えたら出来るようになりましたし、

 

そんな俺ですら
教え子のプレゼン能力を指導して
稼がせるようにできたので、

プレゼン教えるビジネスは
そんなにハードル高くないと思います。

 

例えば、俺がやるなら

何も学んでない時の
プレゼン動画を初回に撮って、

そこから技術を座学で教えて、

実践編でプレゼンやらせて
できてないところを修正。

 

これを全く同じ内容のプレゼンで
何回もやらせますね。

そしたら嫌でも上手くなります。

 

で、習う前と習った後で
ビフォーアフターを記録しておけば、
超変わりますから、
満足度めちゃめちゃ高いだろうなと。

 

だってプレゼン下手すぎて
会社行くの嫌だった人が
プレゼン上手くなるわけですから。

当然自信もやばいぐらいつきますし、
人生楽しくなりますよね。

 

プレゼンだけでも
こんな風にビジネスにすることが
出来るわけです。

 

で、これは
月に数十万〜100万ぐらいなら
稼げるかもですが、

大手でやるほどか?

というとそうでもない。

 

なので、そういう市場が狙い目です。

個人でやる場合は
大手がやるほどでもない市場を
狙っていくイメージですね。

 

こいうネタはたくさんあります。

恋愛、ビジネス、投資
美容、ダイエット・・・

 

大手と個人が大きく違うのは

単価の安いものを大量に売るか、
利益が大きいものを少なく売るか

この違いです。

 

大手は規模が大きいので
1つ1つの単価が安くても、
大量に売りさばく事ができます。

 

例えばアマゾンみたいな
プラットフォームビジネスですね。

逆に個人でアマゾンみたいなことをやるには
時間とお金がかかりすぎる。

 

例えば、アマゾンは会社が出来てから、
10年以上ずっと赤字ですからね。

個人でそんなの無理じゃないですか?

俺たちはAmazonを目指しちゃダメなのです。

 

アマゾンには投資家たちがついているので、
赤字を出しても売り上げが伸びていれば
追加でお金を引っ張ることができますが、

個人だとそんな体力がないからできない。

 

じゃあ個人はどうすべきか?というと、
売れる数が少なくても
利益が大きいものを売る、です。

 

例えば、コンテンツを
作ってネットで発信するとかね。

コンテンツメーカーになることが
一番リスクなく、儲かります。

 

年収1000万ぐらいなら
簡単にいけてしまうのが
コンテンツメーカーです

 

プラットフォーム?
コンテンツメーカー?

なにそれ?

と思う人もいるかもなので
それぞれ解説しておきましょう。

頻出ワードなので
押さえておきましょう。

 

プラットフォーム

プラットフォームというのは
デカい箱と覚えてもらえたらOKです。

デカい箱。

例えば、会員数がめちゃめちゃ多い、
AmazonとかFacebookとかTwitterとか

ああいった、
多くの人が利用する箱のことです。

 

俺のイメージですが、

月間で1000万人以上の人が見たり、
利用するサイトやサービスがプラットフォーム。

こういう感じです。

 

例えば、

Google
Amazon
Facebook
Twitter
Instagram
youtube
LINE
Uber

こういったものです。

Googleが一番大きいプラットフォームですね。

 

主要なプラットフォームは
ほとんど海外製ですが、

日本だと

価格コム
クックパッド
食べログ
5ちゃんねる(昔の2ちゃん)
ライブ配信アプリのSHOWROOM

とか。

数がありすぎるので
挙げ始めたらキリがないです 笑

 

ネット系以外だと

docomo
東京ガス
Apple
新聞

こういったものも
プラットフォームといえます。

 

これらの特徴は構築するまでは
めちゃめちゃお金も時間もかかるけれど、
当たればめちゃめちゃデカいということです。

 

けど、資金力ゲームみたいなところがあるのと、
確実に当たるかというと微妙なので

資金力、度胸、運、投資家たちを巻き込む力

こんなのが必要になります。

 

Amazonとか本当すごいですよ。

元々は本のオンラインショップだったのに、
今や食品も車も買える世界最大の通販サイトです。

 

儲かったお金と投資家から集めたお金を再投資して、
天下取るまでひたすらパワーアップ。

Amazon王国ができるまで
再投資、再投資、再投資です。

こんなことを
10年以上赤字を出しながら
ずーっとやっているのです。

 

そう考えると、
スケールが大きすぎる。

個人がここを目指したら死にます。

 

個人がここを目指してはいけない。

むしろ、プラットフォームにいる膨大なアクセス、
膨大なユーザーをいかに自分のところへと流すか。

これを考える必要があります。

 

メイカー

で、俺らが目指すのはこっちです。

メイカーといっても
トヨタみたいなマジモンの製造業に
なろうぜってことではないです。

 

ネット上の製造業。

つまりコンテンツ製造業です。

 

ブログ
メルマガ
Twitter
youtube

ここら辺に
作ったコンテンツを
出していくわけですね。

 

コンテンツを作れるようになると
正直儲かります。

 

会社員で年収1000万を目指すとなると
一般的にはかなり大変ですが、
コンテンツを作って個人で稼ぐ場合だと
全然到達できる領域です。

 

主婦の方でも
月200万円稼ぐ人とか
全然いますからね。

 

コンテンツを作る時のポイントは
付加価値です。

 

例えば、たくさんある情報の中から
内容を絞ってまとめるだけでも
付加価値になります。

 

例えば、付加価値について
感動した話があります。

 

俺はカレーが大好きなのですが、
前に懇親会にきてくれた読者さんから
感動する物をいただきました。

それがこれ↓

俺がカレー好きということを知った読者さんが
東京のおすすめのカレー屋さんを
まとめてくれたレポートです。

 

超嬉しかったなあ。感動したなあ。

ちなみにこの人は
俺と出会ってビジネスを学んで
最近、月収35万円ぐらい
稼げるようになったそうです。

マスタングさんのおかげです!
って超喜んでました。

 

情報を絞るだけでも
付加価値になるんですよね。

 

今の世の中は、
情報が増えすぎてしまって、
逆に決められない。

選択肢がありすぎて迷っちゃう。

 

なので、おすすめをまとめて
ネット上で発信するだけでも
付加価値になります。

 

情報を出してまとめるだけ?

こんなことして稼げるの?

って思いますよね。

 

どうやってマネタイズ、
要は収益化をしていくかというと、

こうやって付加価値のある
コンテンツを出していくと
信用がたまっていくわけです。

 

そのたまった信用を
ビジネスに活かして
お金に変えるイメージです。

 

一度、人に信用される状態を作ってしまえば、
商品をアフィリエイトしたり、
自分のサービスを売るのは容易になります。

 

例えば、このカレーレポートを例にして、
わかりやすい例を話しましょう。

 

読者さんからもらったのは一回忘れて、

会社員時代のマスタングが
たまたまこのカレーレポートを
ネットで発見した設定でいきますね。

〜ある日のこと〜

むむ?

カレーレポート?

 

たまたまネットサーフィンをしていた
マスタングはカレーレポートなるものを
見つけました。

 

無類のカレー好きのマスタングは
興味がわいて、このレポートを
ダウンロードしてみました。

 

へえ〜リアルな感想が載っていて面白いなあ。

どのカレー屋もうまそう
試しに一軒行ってみるかあ〜

 

で、実際に行ってみる。

ぱく・・

うまい、、、、

行ってみたら本当に美味しかった。

 

このレポートをくれた人、
なかなかやるな。

食べログとか雑誌の紹介は信用ならないけど、
この人は信用できるかもしれん・・・

 

他のお店も行ってみるか。

 

ぱく・・・

ああまた美味しい。

 

この人の選ぶカレー屋はどこも美味しいぞ。
あの人のまとめてくれる情報には価値がある。

 

そしたら、
マスタングはあるものを発見します。

 

むむ、カレーレポートの人
メルマガやってるらしいぞ。

 

『カレ子のカレー日記』

「ブログでは書けない
超辛口(カレーだけに)の
カレーコラムをメルマガで配信していま〜す」

 

なるほど、ちょっと気になるな。

登録してみるか

 

※注)カレーが好きじゃない人には分からないかもですが、
ガチなカレー好きな人というのは
カレー食うためだけに旅行行ったりするんですよね。

旅行先でカレーを食うのではなくて、
カレーを食うために旅行いったりします。

 

だからこそ、美味しい店を教えてくれる
信用できる情報というのはありがたいのです。

 

カレ子さんのメルマガに登録したら、
マスタングのところには
こんなメールが定期的に
送られてくるようになりました。

↓↓

ーーーー

件名:下北沢のカレー、レベル高い・・・

こんにちは、カレ子です。

この前は下北沢でカレー屋さんを
はしごしてきました( ´艸`)

どれもレベルが高くて
またリピートしたい・・・

 

下北沢は特にカレー屋さんが多くて、
カレーの聖地なんです!

 

で、この日行っておすすめだった
カレー屋さんを発表しますね。

まず第3位!

バラららららら・・・

じゃん!

以下省略

ーーーー

 

ほうほう、下北沢か

ちょっと遠いけど今度行ってみようかな。

てか、カレ子さんのメルマガ、面白いなー。

 

・・・で、

そんな感じで定期的に送られてくる
カレーメルマガが楽しみになってきたある日、
こんなメールが来ました

↓↓↓

ーーーー

件名:【懇親会のご案内】美味しいカレー屋さん貸し切りました。

カレ子です♪

この前、ものすっっっごく
美味しいカレー屋さんを見つけて
5回もリピートしてしまいました。

しかもその店主さんは
インドでカレー修行していて
その話もとっても面白かったんです!

店主さん、インドで強盗にあった時は
持っていたスパイスで・・・・

 

ぜひこのカレーを読者の皆さまにも
味わってもらいたいので
店主さんと交渉してお店を貸し切ってみました(^-^)v

みんなでカレーを食べて
店主さんがインドで体験した
おもしろ話を聞きませんか?(*´∀`*)

ーーーー

カレー懇親会??

楽しそう。

てか、そんな美味しい店があるんだ。
カレ子さんが言うなら相当だな。

 

面白そうだなあ、行こうかな。

カレー友達出来たりして。

てか、ワンチャン出会いあるんじゃね?

よし、参加してみよう。

 

〜その後〜

 

ああ、楽しかった。
参加してよかった。

カレ子さんともお話しできたし。

カレーも美味しかったなあ。

 

ん?またメールだ

ーーーー

件名:家で美味しいカレーを作れるようになりませんか?

カレ子です!

この前のカレー懇親会大好評でした!

ぜひ来られなかった方も
次回は来てくださいね!

ところで、前回の懇親会で
自分でも美味しいカレーを
作れるようになりた〜い!

 

こういった意見があったので

スパイスから美味しいカレーを作るための料理教室しますよ〜

みんなで昼からカレー作ってお酒飲んでワイワイしましょう〜(*´∀`*)

あ、カレー食べてお酒飲んで
午後はみんなでシーシャを吸ってお話ししながら
まったりするのとか良いですね♪

申し込みはこちら!

ーーーー

うおー、行きたい。

なんて魅力的な企画なんだ。
カレ子さん天才すぎる。

超行きたいぞこれは。

カレー作って食って、飲んでシーシャとか
幸福度高すぎる・・・

 

どうせ休みの日も
youtubeとツイッター見て
1日終わるだけでつまらんし、

行ってみるかあ〜

 

ワンチャン出会いありそうだし(どんだけ出会いたいんだ)

 

で、次、

ーーーー

件名:カレー教室に参加されたみなさまへ

この前のカレー教室とっても楽しかったですね〜!

遠方から来られた方も来てよかった〜と
言ってくださってとっても嬉しかったです(*´∀`*)

それはそうと、先日インド旅行に行きまして、
本場の美味しいスパイスを大量ゲットしてきました〜

もう香りが全然違う、
早速カレーを作ってみたんですが最高でした〜(*´∀`*)

欲しい人いたら販売しま〜す♪

ーーーー

スパイス、そうだよね。

せっかく習ったのに
スパイスないから困ってたんだよ。

欲しいな、買っちゃおう。

 

・・・

 

はい、勝手に盛り上がってしまいました。

(今即興で作りましたが、
普通にいいなこのメルマガ・・・)

 

こんな風に、
自分の興味ある分野で
有益な発信がされてたら
超見たいと思うんですね。

 

で、こういう風に
情報発信+お客さんが
喜びそうなものを提案していれば、
普通にビジネスになってしまうのです。

 

もちろん、
人が見たいと思うコンテンツを
作るのにも型がきちんとあるので、
それに沿って作る必要があります。

俺がこういった事例を即興で作れるのは
頭の中にテンプレがきちんと入っているからなのです。

 

こんな風に入り口がカレーでも
発信をして信用が積み重なったら
あとで色んなものを売って利益が出せるんですよね。

 

例えば、

カレーを食べていると
確実に太るので

パーソナルジムや
酵素ダイエットをアフィリエイトしたり。

 

カレーは辛いし塩分が多いので
水をたくさん飲んだ方が良いので
ウォーターサーバーを売っても良いです。

 

普通にカレー講座の販売でも良いです。

 

カレーの発信なんかして儲かるの?

こう思うかもしれませんが、
入り口はカレーでも
そこから関連させて収益化に
繋げることはできるんですね。

 

自分が興味あることを発信して
それがビジネスになったら
結構よくないですか?

 

例えば、カレー教室だけでも
趣味のお小遣い稼ぎだったら十分なレベルです。

 

参加費1万円で10人集まったら、売上10万円

経費は

場所代が2万円あれば十分

材料費やらお酒とか色々入れても
流石に3万円あれば収まるので、

経費は5万円ぐらい。

 

売上10万円で経費が5万円だから
利益5万円ぐらいは出せてしまう。

 

これ結構良いと思うのです。

休日を使って準備含めて
1日ちょっと稼働して
友達も作れてわいわい楽しんで
利益5万円得られるなら
趣味のお小遣い稼ぎとしては十分です。

 

もっと利益を追求するなら
他にもやり方は色々あります。

 

で、情報発信が良いのは
これを仕組み化すれば、
自動で利益を出せてしまうことです。

 

例えば、日々の配信はツールを使えば
完全に自動化できるので、
日々の配信をしつつ、
たまに商品紹介を入れて利益をだす。

こういった仕組みを一度作ってしまえば
不労で売れる状態が作れてしまいます。

ここら辺の話はまた今度。

 

ま、難しく考える必要はなくて、
要は有益な発信をする
コンテンツメイカーになろう

ということですね。

 

個人には個人の戦い方がある

リソースが少ない個人だと
ビジネスでは不利なんじゃないかって
思う人もいるかもですが、
きちんと戦い方があるんですよね。

今回話したのは
それのほんの一部です。

 

個人がAmazonみたいな
プラットフォームをやったらダメです。

 

そうではなくて、メイカーになる。

コンテンツ制作者です。

良いコンテンツを探すという視点で
日々色んなものを見てみると良いです。

 

俺のようなブログを見て
ヒントを得るのもそうですし、
例えば、雑誌とかも
コンテンツですよね。

 

雑誌ではどうやって記事や
特集を作っているのかな?

面白いコラムってどんなこと書いてるのかな?

こういった視点で
眺めてみると良いです。

 

女性雑誌のコラムとかたまに見るんですが、
男の俺にはない視点が多いので
面白い発見がたくさんあります。

 

ですが、忘れてはいけないのは
コンテンツを作るのももちろんですが、

マーケティングを無視したコンテンツを作っても
人に価値を与えたり、利益を出すことは難しいです。

 

なので、コンテンツを作るなら
マーケティングは絶対に学んでくださいね。

 

マーケティング関連の記事はこちら

>>俺「雑記ブログはもうやめましょう」教え子「え!稼げてるのになんで!?」

 

では!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は年収1億円稼ぐ23歳の富裕層と出会い、
月収200万以上稼げるようになり、人生が激変しました。

昔はトヨタの本社で
レクサスの開発者をしていましたが、
今はたった一人でほとんど働かずに
上記の金額を稼いでいます。
たぶん超絶怪しいですよね。

お前には才能があったんだろ?とも言われます。
ですが、僕はもともとビジネスが
得意だったわけでもなければ、
しゃべるのも文章を書くのも大の苦手でした。

そんな僕でも自信を得ることが出来て
1年で月収200万まで稼げるようになりました。
結局慣れなんですよね。
ビジネスに才能なんて要りません。
どんな人でも学んでいけば稼げるようになれる。

僕マスタングが月収200万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

月収200万になったマスタングの人生激変物語

ーーーーーーーーーー

下記画像をクリックしてトヨタ脱出物語の続きを読む  


>>詳細が気になる方はこちらをクリック<<