日本一の旅館で天皇陛下から金儲けのレシピを教えてもらった件

マスタングです。

今回は金沢の日本一の旅館で天皇陛下から金儲けのレシピを教えてもらった件について話していきたいと思います。

 

この旅で俺は【1円もかけずに値段を10倍、20倍に変えてしまう錬金術】を目の当たりにしました。

 

この錬金術を使えば、ネットビジネスはもちろん、どんなビジネスでも使えて、

そこら辺の石ころでも、きったないお茶碗でも価値が10倍、20倍になって死ぬほど儲かるし、”なおかつ” お客さんから喜んで感謝されるということを話します。

 

この記事の続きですね

>>寿司食いに金沢に行ったら池上彰が黒塗りのレクサスに乗ってきて神展開

 

レクサスハイヤー川嶋さんの不思議なお力によって、我々はなんと一般には出ていない天皇陛下の泊まった最上級の部屋に泊まれることに。

 

この加賀屋、やばいです。

36年連続日本一を受賞していて、天皇さま、上皇さま、秋篠宮さまなどがしょっちゅうお越しになっています。

 

天皇さま↓

 

上皇さま↓

 

秋篠宮さま

 

フロントから部屋に案内される途中も、部屋に到着してからもマジ興奮です。

子供みたいにすげーすげー!って叫んでしまいました 笑 ↓

 

旅館の中に街がある感じ。

このスケール感は泊まらないと分からない

 

こりゃ36年連続日本一なるわ・・・と。

 

ただただ夜景が綺麗で見た目豪華な外資系のホテルとは違う、品や格式を感じました。

 

旅館内が日本の文化で溢れていて、

映える写真を撮って承認欲求を得たいだけの成金ステージの人を相手にしているというより、

日本の伝統文化を愛したい、上のステージの人を相手にしている感じ。

 

で、天皇陛下の泊まられたお部屋にin

 

天皇陛下の座られた椅子に座ってみた↓

 

いやー景色も素晴らしいし、

 

部屋に置いてある伝統工芸品たちも美しい。

それぞれ数百万はくだらない代物です。

 

ここに来るまでに輪島塗やら九谷焼がどれほど高価なものかはお土産屋さんで死ぬほど見てきたので、

あー美しいなー

さりげなく置いてあるこれも500万円ぐらいするんだろうなーと、

価値がわかるようになり、それらをさらりと置いてあるこの部屋すげえというのが分かります。

 

 

価値がわかる感覚というのは、ハンターハンターで言うところのオーラが見えるようになって、こいつはつええってのがわかる状態ですね。

相手が価値を理解できるように情報を与えるというのが、単価を10倍、20倍にしてしまう魔法の錬金術なんですよね。

情報を与える=超儲かるってことです。

 

情報を与えると、それまでは『価値を感じない=ゴミ』だったものが、価値がわかるようになり、一瞬で宝に変わるわけです。

 

たとえば、アイドルのライブに行ってファンになったら、それまでは100円でもいらないと思っていたタオルが1000円、2000円でうれますよね。

これも情報を得て、感じ方が変わったということです。

 

輪島塗りなどの伝統工芸品もいかに貴重なものかすごさを伝えることで。それまで見向きもされなかったものが、一気に10倍、20倍の値段でも売れるようになります。

与える情報次第で物の価値は大きく変わるのです。

 

で、仲居さんが抹茶と和菓子を運んできてくれました。

大樋焼という焼き物の茶碗に抹茶と生和菓子

 

ちなみに、さらっとでてきたお茶碗ですが、18万ぐらいします。

 

これも昔の俺であればただの茶色い茶碗にしか見えませんでしたが、

色々な伝統工芸品を見て情報を得たことで良いお茶碗なんだろうなあ。と、値段を見ずとも感じられるようになり、

ちゃんと器を見て、ビジュアルも味わおうという気になります。

情報パワーすげえ。

 

 

そして、仲居さんが席を離れ、われわれ二人は取り残されたわけですが・・・

 

広い・・・広すぎる・・・

 

 

二人で泊まるには広すぎて持て余すのでとりあえず写真

 

 

 

これ二人で泊まる部屋じゃねーなと悟りました。

 

あーこんな時に、コミュニティのメンバーとかメルマガ読者のみんなで集まって、みんなんでどんちゃん楽しめたら良いのになあって思いました。

 

二人でだだっ広い部屋に泊まっても持て余しますし、嬉しさとか感動を共有する相手が欲しくなります。

 

例えば、仲間達みんなで泊まって、何年後かに

 

あそこ泊まったよねーいやーあの部屋はやばかったなあ〜

やばかった、超ネタになった。

てか、あの時のお前飲みすぎてやばかったよなw

ね、やばかったw

楽しかったなあ〜またどっかいくか!

行こう行こう!

 

こんな感じの会話してえと妄想していました。

 

楽しいことは仲間と共有して楽しみたい。ってのが俺の価値観です。

一人で満喫してもつまらん。

なので、みんな頑張って早く稼げるようになりましょう。

 

 

ということで、さっそくコミュニティメンバーにこの動画を共有したところ・・・

 

こんな反応が。興奮していましたw

 

刺激になったみたいで嬉しかったです。

こいつら全員稼げるようにして、みんなでドンちゃんやるぞ!と思ったらワクワクしました。

 

ちなみに今度、結果出した教え子たちを連れて3000万円の会員権がないと泊まれない、某高級ホテルにいきます。

ここも眺めやら内装が頭おかしいので超楽しみです。

 

 

そして、館内ツアー

 

館内にある人間国宝たちの作品を解説付きで見せてもらいました。

 

このツアー、人気で人が殺到して見れないこともあるみたいですが、最上級の部屋パワーで問題なくみれましたw

 

めっちゃ良かったです。

何気なく飾られてる置物が実は国から賞を受賞した人間国宝の作品だったりするのです。

 

それまでは普通にスルーしていたけれど、

「ああこれも職人さんが何十年も技の鍛錬を重ねて出来た作品なんだなあ」

そう思うと胸が熱くなりました。

 

間近で見ると、ものすごく仕事が細かくて、人間の仕業なのか??と思うようなものばかりでした。

 

知識があると、そこら辺にあるものの価値が分かるようになります。

この効果はまじでえげつない。

 

今までは焼き物なんて綺麗なゴミにしか見えなくて、100均のものと一緒に見えていたものが、知識を得るといきなり見え方が変わって

「おおおおおお素晴らしいものだあああああ」

ってなります。

 

情報を得ると、価値の感じ方が何十倍にも跳ね上がるし、逆に情報がないと価値を感じようがないのです。

 

 

これってビジネスを学んでいてもそうで、

何気なく電車に乗っている時の中吊り広告とかが、

今までは「くだらねーこと書いてんなあ」としか思えなかったのが、

知識を学ぶと「ライティングうめえええ」とか、週刊誌の見出しを見て、「この見出しの書き方うますぎ!!」と電車やタクシーに乗っているだけで勉強になって、

 

一気に日常の風景が宝に変わります。

 

知識があると世界の見え方が変わるのです。

普通に生きてるだけで世の中が儲けのヒントだらけになりました。

 

刺激がたくさんで生きてて超楽しくなります。

 

 

例えば、最近おお〜と思ったのが、脱毛サロンのミュゼの広告を電車で見かけて、

「脱毛ビュッフェ100円!」と書いてあって超勉強になりました。

 

要は、数十万のコース契約に持っていくために、「脱毛100円!」と打ち出して、まずは体験に来てもらうためのやり方で、今に始まったわけじゃなく昔からやっているのですが、

『ビュッフェ』と言うことで、好きな場所を何箇所も脱毛できそう!しかも100円で!?

と思ってしまいますよね。

 

前から存在していた物でも言葉を変えて、捉え方を変えさせることで、別のものに見えるのです。

 

知識がないとスルーしていたことも、知識の色メガネをつけると見える世界が変わって、

生きているだけで儲けのヒントがそこらじゅうに転がっている状態になります。

 

ビジネスを学んで見える世界が変わるのと同様に、焼き物とか教養を学ぶと、高額商品がそこらじゅうに転がってるやんけやば・・・

と思えます。

 

たとえば、昔だったらこういう物はスルーしていたのですが、今ではアンテナが立つようになりました↓

人間国宝の八十吉(やそきち)さんの九谷焼 220万円

 

昔は自分に余裕がなかったので、

芸術とかそんなもん見ても腹の足しにならんわ、くだらん。とか、あー盗んで転売してーとか

山賊みたいなことを思っていたのですが、

今は純粋にこういうものを楽しめるようになれましたし、

こういった芸術品の価値とか、それを作る人の素晴らしさを認められるようになりました。

 

富裕層の価値観に近づいてきました。

 

 

昔は、芸術とか暇かよ

とか、

金になんのかよそれ。

と思ってバカにしていました。

 

心が超すさんでいましたねw

 

 

でも今思うのは芸術もビジネスと一緒で、ビジネス力がある芸術家は売れるし儲かるってことです。

 

 

例えば、芸術もビジネス力がある芸術家たちの間では

「これ作ったらやばい、絶対高値で売れる」というのがあるそうです。

 

でも、芸術を全く知らない素人からは

「売れるか分からないのに、頑張って作品ばかり作って大変ね〜」と思われている。

 

実際は師匠から指導をもらいながら、これでイケる!と結構自信満々で売れる作品を出してるんですよね。

 

儲かっている芸術家は、ビジネスとしてお客さんがお金を出したいと思えるものをきちんと作っているのです。

 

 

これって俺らみたいなネットビジネスやっている人もそうで、

 

俺がトヨタを辞めてPDFとか動画をせっせと作ったり、ブログ書いてるってトヨタの同僚から見たら

「お前、そんなことしてて大丈夫?再就職して真面目に働いた方が良いんじゃない?」

 

って思うかもしれません。

 

ですが、

 

お客さんに価値提供できて、お金もいただけて、喜ばれると分かっているからやっています。

 

 

外から見たら、PDF作って動画作って、そんなことして大丈夫なの?って思われるけど、イメージと実際は違う。

 

実際は彼らの年収の5倍あって、

毎日忙しそうに働いている彼らよりはるかに暇で自由ですし、

色んな企業を助けて喜ばれて、ぜひうちで働いて欲しい

って言われまくるのです。

 

外から見える世界と真実は違うのです。

 

 

芸術もネットビジネスも一緒で、

自己満で変な芸術作品を作っている芸大生とかは、よほど天才じゃない限り誰にも評価されなくて、

結局フリーターで自分の好きなものばかり作って、売れない芸術家になって消えていくみたいです。

 

ビジネスも「好きなことで生きていく!」と、誰に求められているか分からない自己満コンテンツを作っている人ほど食えていなくて、

結局全然儲からずに、再就職して全然好きじゃない会社の仕事をしたり、クライアントにこき使われている人がいます。

芸術もネットビジネスも構造は同じだなあと思いました。

 

結局は世の中に求められているものを出すってのが、芸術でもビジネスでも大事ということです。

 

ただ、彼ら芸術家と俺らが違うのは行動量です。

 

芸術家の作品展を見にいくと、これまでに作った作品が鬼のようにあります。

 

こんなに作ってたんだ・・・やべえ・・・

と思うぐらい。

 

狂ったように作っています。

 

売れている芸術家はビジネス的な視点を持ちながらも、大量に作っているのです。

 

 

ネットビジネスに比べたら、芸術はものすごく厳しい世界です。

美大を出てもほとんどの人は芸術をお金にする技術がないので、ほとんどの人は稼げていません。

 

でも、そんな中で芸術家たちは作品を大量に生み出しています

 

それに対して、俺たちがやっているネットビジネスは正しい知識を得てやれば絶対に稼げるし、人生変わるのに、

モチベーションがーとかしょっぱいことを言って行動しなかったりする。

 

 

これ非常にもったい無くて、

芸術は絵が下手だったら才能ない稼げる見込みないおわたーですが、

ネットビジネスだったら自分の興味あるジャンルを選べるし、

日本語さえできれば、文章は型を学べば絶対に上手くなって稼げるようになります。

 

人間国宝にならなくても年収数千万を普通に稼げてしまいます。

 

自分が価値提供できる分野を見つけてコンテンツを作って、それがお客さんの役に立てば、お客さんにとっての人間国宝になって稼げるのです。

 

めちゃめちゃ再現性が高くてチャンスなのに、それをみすみす逃してしまうのは

なんてもったいないんだと思いました。

 

 

俺は芸術家の人たちみたいに、

大量にコンテンツを生み出せているか?

没頭できているか?

と思うと、全然しょぼいと感じます。

 

ネットはレバレッジがきくので、正直怠けてても稼げてしまいます。

稼ぎやすすぎるんですよねこの領域は。

 

それゆえに行動量がしょぼくなりがちになるけど、もっと芸術家のようなハングリー精神があれば絶対勝てるじゃんと思いました。

 

もっともっと常に考えて、没頭して、

コンテンツ界の人間国宝になりてえって思いましたね。

 

芸術家の世界を見習おう。

もっともっとできる・・・・!!

 

 

・・・と、解説を聞いてそんなことを思いながら勝手に刺激を受けていたのでした。

 

そして、1時間ほどの解説を聞いて、お風呂!

 

お風呂の写真は撮れませんでしたが、ここのお風呂は3階建てで、なんとお風呂の中にエレベーターがありますw

 

裸でエレベーターに乗って移動できるのですw

さすが日本一の旅館、頭おかしい。

 

 

ちなみに女性風呂は2つあって、片方はめっちゃ綺麗らしい。

おとぎ話かよって見た目のお風呂です

 

そして食事!

あわび

ぶり大根、超おいしかった

能登牛のすきやき、超おいしかった

白子とキノコの汁

 

太さ数ミリしかないナマコの肝を30匹分合体させて作った、超貴重な日本三大珍味のくちこを食べました。

 

しかもそれを大将がわざわざ来て、目の前で炭で焼いてくれました。

 

これも情報の与え方が上手くて、

目の前で焼いてくれると感動しますが、冷静に考えると焼く場所を厨房からお座敷に変えただけなんですよね。

 

なんですが、焼く場所を厨房から目の前に変えただけで一気に特別感が生まれて満足度が上がるんですよね。

同じことをするにも、いかに満足度を上げるかで儲けが変わります。

 

つまり、情報の与え方で儲けが変わるってことです

 

 

日本酒を飲みながらいただきました。

 

そして、空中にある素敵なバーでお酒を飲み、嫁とめっちゃ酒に詳しいバーテンの女性3人で盛り上がり、

 

あっという間に夜になり、嫁とアウトプットの会をしたり、この学びを忘れないようにアウトプット動画を撮ったいたら深夜3時になりましたw

 

今回、この日本一の旅館、加賀屋に泊まって超学びになったのは大きく2つあって、

1つは『情報が儲けの源泉』であるということです。

 

例えば、輪島塗のお皿

 

最初俺がこれを見た時は、『ちょい見た目が綺麗なお皿』という認識でしかありませんでした。

 

でも、旅館に泊まって、この皿はものすごい手間がかかっていて、ものすごい技術が盛り込まれているということを教えてもらって、

あーだから高いんだなという気持ちになりました。

 

1つの作品が完成するまでに、これだけたくさんの工程を踏みます、えぐい↓

 

こういった情報を聞くことによって、聞いた人の中で価値が上がるのです。

 

 

それまでは皿1枚に2万とか、コップに10万とか馬鹿らしいと思っていました。

だけど、価値を伝えられたことによって見方が変わって欲しくなりましたし、

こういうものを楽しめるのが金持ちの価値観なんだなって感じました。

 

昔の俺みたいな

『皿なんて100均のプラスチックでえーやん、その方が割れないし』

こんな価値観だと、外に出た時に恥かくし、金持ちと価値観が違いすぎて仲良くなりようがない。

 

なので、良いものの価値がわかって、楽しめる素敵な大人になりたいなあと素直に思うようになりました。

 

おもしろくないですか?

俺はそれまではアンチ輪島塗だったのに、情報によって輪島塗のファンになった。

情報の力でファンが1人増えたのです。

 

ただのお皿がちょっと話を聞いただけで、ものすごく価値があるものに変わったわけです。

商品自体は話を聞く前と聞いた後で変わらない。

なのに、情報を受け取ったことで本人の中で勝手に価値が変わって、金額が2桁、3桁変わるのです。

 

ちなみに、嫁の実家から貰った漆塗りの箸も今までは野菜炒めを作るのに使ったり、菜箸代わりに雑に扱っていましたが、

石川旅行から帰ってきてからはすごく丁寧に扱うようになりましたw

 

情報によって見え方も変わるし、扱い方も変わるって面白いですよね。

 

これはモテにも使えて、

例えば俺の友人は旅行先のマッサージ屋でマッサージされている時に、

ビジネスの知識をペラペラ話していたら、

美人なお姉さんに「それ詳しくお聞きしたいです、この後お時間空いてますか?」

とぐいぐい来られて、次の日一緒にランチすることになったりとか。

 

ビジネスの話をする前と後とでは、明らかに扱いが変わったと言っていて、

これも結局、情報の力でお姉さんにとっての友人の存在価値が爆上がりしたのです。

 

情報を持っている人は価値が高いし、その情報を出すと他人から価値を認められます。

 

現金ですよね?

俺も現金だなーと思いますが、世の中そんなもんです。

 

 

俺も昔は交流会とか行っても、知識も何もなくて相手にすらされませんでした。

 

いてもいなくても同じの存在で、誰からも相手にされず、せっかくの交流会なのに、会場のすみっこで一人で静かに酒ばっか飲んでました。

 

でも、知識を学んだら語れることが増えて、ちょっと話すだけであっちから話を聞きたいと興味を持たれるようになりました。

 

これも情報の力ですよね。

 

 

俺が情報発信しましょう、情報発信すると儲かりまっせーという理由はこれなのです。

 

情報発信というのは、言うなれば『魅力を伝える技術』です。

 

例えば、今回泊まった日本一の旅館、加賀屋。

 

これも昔の俺だったら寝たらどこでも同じやん。

3000円の宿でえーやん。という価値観でした。

 

しかし、旅館に来て

輪島塗や九谷焼について教えられて、金沢の伝統工芸品に興味がわくようになりました。

 

加賀屋というのは人間国宝が作った作品が至る所にあるので、美術館に泊まれるような感じです。

 

温泉に入ったり、バーで飲んだりしている時も周りに美術品があって、それに生け花が飾られてあって、

お香の香りもふんわり良い匂いで、素敵な気分になるので当然楽しいです。

 

ただ泊まるだけだと、豪華な旅館だなーぐらいしか感じることができませんが、知識があると楽しみ方が増えて、よりファンになります。

 

つまり、情報によってお客さんの中で受け取る価値が天と地ほど変わるのです。

 

 

これを理解すると、儲かる金額が2桁、3桁変わります。

 

なんでも売れるようになって、ただの石ころでも現金に変えることができます(悪用厳禁ですよ?)

 

例えば、今回泊まった部屋も『天皇陛下が泊まられた部屋』という情報がなければ、ただのだだっ広い部屋でしかありません。

 

でも、歴代の天皇が訪れた写真があり、

これが天皇陛下がお座りになった椅子ですよーという情報があるからこそ、

 

おおお、ここがネットには載ってない伝説の部屋かああ!!!

 

という気持ちになるのです。

 

だだっ広い部屋にちょっとした情報が加わっただけで、単価が全然変わるのです。

 

昔の俺はコスパ人間だったので、娯楽や面白さにお金を払うという価値観がわかりませんでした。

 

ですが、コスパ人間の価値観はビジネスする上で致命的だなあとビジネスするようになってから先輩たちに教えられて、超直しました。

 

頭が良くて、なんでも原価で考えてしまう人や俺みたいに育ちが貧乏な人は、ついついコスパを気にしてしまうけど、その価値観は捨てた方が良いです。

絶対に損します。

 

 

なぜなら、コスパを意識するとお金儲けが下手くそになりますし、世の中の儲かっている商売はコスパが悪いものがほとんどだからです。

 

例えば、六本木のキャバクラでシャンパンを入れてウェーイしたら300万とか飛びます。

300万ですよ、300万

 

普通の人からしたら超コスパ悪くないですか。

だってドンキで数十万で同じの売ってるんですよ?

 

300万なんて、人によっては年収やんけと思うじゃないですか

 

数時間で年収分のお金が毎晩のように使われる世界って意味わからんし、サラリーマンで真面目に働いている人からしたら、超無駄だし非合理だと思うんですよね。

 

でも、現実にシャンパンウェーイに価値を感じて楽しいからお金を出す人がいるのです。

 

自分と価値観は違って理解できないかもしれないけれど、実際にそういう世界がある。

これを認められないと、儲けられません。

 

 

昔の俺であれば、

 

六本木でシャンパン?300万?

原価いくらだよ?ぼったくりじゃねーか

 

そう思っていましたが、外野がどれだけ言ったところで本人たちが楽しんで納得してるのに、そこにあーだこーだ言うのはナンセンスというものです。

 

むしろ、

え?シャンパンに300万円も出してくれんの?

すげえwめっちゃ儲かるじゃん!!

俺もその商売やりてえ!

 

じゃあ、原価数十万のシャンパンが300万円に化ける差は何なのか?

 

これを考えられると儲かる人になります。

 

ここでお金儲けが悪だと言ってしまう人は全然分かっていなくて、お客さんが価値を感じているんだからそれで良いのです。

世の中の人全員を相手にビジネスしようと考えるからダメなのです。

 

年収300万円の人に300万円のシャンパンを無理矢理売ったらそりゃ買った人も後悔するし、悪かもしれないけれど、年収3億の人だったらノリで頼んで飲みますよね。

 

誰を相手にビジネスするかは非常に大事で、豚に真珠という言葉がある通り、価値が分からない人に売ると地獄です。

 

なので、商売は価値が分かる人に売るというのが大事ですし、そのためには価値が分かってくれる人を増やすのが大事です。

 

 

なので、情報発信をしてたくさんの人に魅力的に情報を伝えまくって価値がわかる人を増やすのが大事なわけです。

 

人は情報を得ると価値観が変わって、わからなかった価値がわかるようになるのです。

 

 

ヴィトンとかもそうですよね。

この記事で紹介したヴィトンのリュック↓

 

俺はこれを買ったんですが↓

 

これ60万円するんですが、ほとんどビニールです。

原価100円くらいじゃないですかね?

 

でも、このリュックは販売してから速攻で売り切れました。

これ背負ってヴィトンに行くと、店員から「お、こいつやるな」という目で見られます。

 

これも原価100円のものを60万円で売るなんて詐欺じゃないか!

という価値観だと儲けられないのです。

 

原価がいくらとかは関係なくて、お客さんをいかに満足させたり、喜ばせるかが大事なのです。

つまり、ヴィトンは広義の情報商材ってことです。

 

この感覚わかりますか?

もしわからないのであれば、知識不足です。

超損していてもったいないので、もっと俺のブログ、メルマガ、youtubeを見て勉強しましょう。

 

勉強してもらえると、このブログで話していることも受け取り方が変わって何倍も理解が深まるはずです。

 

 

あとはフェラーリとかランボルギーニもそうですよね。

ただの車なのに5000万円とかします。

時速300キロ出るとか言われても公道でそんなスピード出ないですよね。

俺は車好きですが、人によってはただの鉄クズに見えるでしょう。

 

でも、欲しい人はたくさんいて、買いたくても買えないぐらい買い手が殺到しているのです。

 

バスキアの絵だってキャンパスに油絵具塗ったくっただけなのに、123億するのです。

 

これこそ原価いくらやねんって話ですよね。

情報商材の最高級品です。

 

 

 

でも、こういうものほど儲かります。

要は世の中、無駄なものほど儲かるのです。

逆に機能性やコスパが高いものは大して儲からないのです。

 

つまり、人間は合理的な生き物じゃないってことです。

 

お笑いのライブとか嵐のライブだってそうじゃないですか。

あれ見たって年収上がるわけじゃないし、一時的に楽しいだけで人生変わらないし、何も蓄積しないけど、お金を出してライブに行く人がいます。

 

俺はお笑いライブ好きです。

生で見るとお笑いって映像よりさらに面白いんですよね。

 

 

実際お笑い芸人もジャニーズも超儲かってますよね。

機能とかはないかもしれないけれど、楽しいとか面白いものにものすごくお金が動くのです。

 

今回の金沢旅行も、俺は面白そうだから体験してみたいという興味本位のために、1泊のためだけにかなりの金額を使いました。

 

なぜそれだけお金を使ったかというと、寿司や日本一の旅館などなど、金沢の魅力を感じたからです。

 

つまり、魅力という情報にお金を払ったってことです。

 

てことは、魅力を伝えるスキルを身につけて、魅力が伝えられるようになると、それだけ儲かるということです。

 

例えば、せっかく手間暇かけて育てた野菜を安売りして儲かっていない農家さん。

その農家さんを魅力的に紹介して、高値で野菜を売って儲けさせて助けることができるし、

 

漁師さんが命がけで魚を獲ってきた美味そうに紹介して、魚を高値で売ることもできる。

 

儲からなくて後継ぎがいなくて消滅しそうな日本の伝統工芸を魅力的に紹介して、儲かる商売に生まれ変わらせて、

若い人が食っていけるようにして、日本の伝統文化を後世に残すこともできる。

 

こんな風に情報を適切に伝える発信のスキルを身につけたら、自分自身が儲けることもできるし、人を助けることも出来ます。

 

 

ちなみに俺はコロナでお客さんが減った地方の有名居酒屋チェーン店のインスタグラムをプロデュースして、

お店の料理を美味そうな写真で紹介させまくり、売り上げを復活させたこともあります。

 

そしたら、とあるキーワードのハッシュタグ検索で全国4位になってしまいました。

 

でもこの時やったのはシンプルで、

元は超まずそうだった居酒屋のインスタ画像を良い感じの色味と角度で撮影するよう徹底させ、食欲がそそるコメントをつけて投稿していただけです。

 

おもしろくないですか?

お店で出してる料理は全く変えてないのに、見せ方を変えただけでお客さんが来るのです。

 

これも情報を操る力です。

全く同じものでも魅力的に情報を出すと売れ方が全然変わるのです。

そして利益になります。

 

 

これは才能もいらないし、難しいことでもなくて、知識を学べば誰でも出来るようになります。

 

情報発信スキルを身につけて、人がどんどん少なくなる日本や、高齢者ばかりで弱っていく地方を

俺ら若い人がじゃんじゃん儲けさせて、盛り上げていければ良いなあと思います。

 

 

てことで、天皇陛下の泊まった部屋で情報の威力を思い知った金沢旅でした。

 

知識や情報に投資して、情報発信スキルで稼げるようになりましょう。

 

他人からも感謝されるし、お金も稼げるし、ドラクエみたいにどんどん仲間も増えるし、人生超楽しくなりますよ。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は年収1億円稼ぐ23歳の富裕層と出会い、
月収200万以上稼げるようになり、人生が激変しました。

昔はトヨタの本社で
レクサスの開発者をしていましたが、
今はたった一人でほとんど働かずに
上記の金額を稼いでいます。
たぶん超絶怪しいですよね。

お前には才能があったんだろ?とも言われます。
ですが、僕はもともとビジネスが
得意だったわけでもなければ、
しゃべるのも文章を書くのも大の苦手でした。

そんな僕でも自信を得ることが出来て
1年で月収200万まで稼げるようになりました。
結局慣れなんですよね。
ビジネスに才能なんて要りません。
どんな人でも学んでいけば稼げるようになれる。

僕マスタングが月収200万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

月収200万になったマスタングの人生激変物語

ーーーーーーーーーー

下記画像をクリックしてトヨタ脱出物語の続きを読む  


>>詳細が気になる方はこちらをクリック<<

3 件のコメント

  • 情報付加価値は強いですよね
    そして、そういう付加価値のある体験や情報はどこかで使える日がくるって思います
    会話のアイスブレイクだったり、そのまま商売になったり、知らないことで見逃してるチャンスって無限にあると思う
    すこしでもすくえるようた網の目を細かくてしておきたいすね

  • 情報収集は大事だと思っていましたが、情報発信も大事であると改めて学びました。
    自分の中だけで留めて置いても価値はそのままで、それを発信することによって、他者に良くも悪くも評価され、急にヒットすることもあると思いました。

  • 現実的な内容で情報から得られる価値は効果的に使う必要がありますね、マスタングさんの今回の話しは興味深ったです。加賀屋での宿泊、高級寿司屋での食事うらやましく、早くそのような身分になりたく思います。その為にはただ贅沢しているだけで無くそのことから価値観を学びそれをビジネスに繋げる方法を考え、情報を発信する事を意識したいと思います。価値のある情報は何処にでもある。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    eleven + 9 =

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください