金沢でプレゼン合宿をした、3日あれば劇的に成長できる。あと成長するって超楽しいぞ

 

以前、金沢でビジネスの合宿をした。

2泊3日でひたすらプレゼンの練習だけをする合宿だ。

この合宿で濃密すぎるほど、濃密な時間を過ごして一気に進化できのだが、

その時の事を話そうと思う。

とりあえず言いたいのは、プレゼン苦手な人って多いけど、訓練すれば誰でも出来るし、出来なかったことが出来るようになるのは超楽しい。という事だ。

プレゼンの合宿?

今回はプレゼン能力を鬼鍛えるための合宿で、

仲良くさせてもらっている億超えの先輩経営者からのお誘いだった。

億超えの人
「今度経営者仲間とプレゼン合宿するけど来る?」


「もちろんす!」

という具合に、場所も予算も何も聞いていないけど、秒で合宿参加が決定した。

合宿なんて中学の卓球部以来だったが、はっきり言ってめちゃめちゃ濃い時間だった。

寝ても覚めてもプレゼンしかしないのだ。

どうすれば上手くプレゼン出来るか?

これだけをひたすら考えて、そのために学び、練習をしまくった。

僕は大人になってからわざわざ何かのスキルを鍛えるために、合宿をした経験がなかった。

しかも自主的に。

で、今回学んだのは、

プレゼンの技術はもちろんだが、

たった3日でも人は鬼のように成長できるということ。

そして、成長は超楽しい。ということだ。

 

最初は金沢でうまい寿司が食える。ぐらいしか思っていなかった。

合宿は石川県の金沢の旅館だった。

僕は最初、金沢で合宿と聞いて、

まず頭に浮かんだのは寿司だった。

「石川?のどぐろが食える!!」

最初僕はプレゼンの事よりも寿司で頭がいっぱいだった。

で、実際寿司は美味かったのだが。

 

旅館に着いて合宿が始まってからはそれはもう濃厚な合宿だった。

ちなみに旅館の写真。

 

夜中の3時までプレゼン、プレゼン、プレゼン。

着いてからはもうこれでもかというほど、ひたすらプレゼンの理論と実践の繰り返しだった。

もうこれが精神的にも肉体的にもきつくてきつくて。

でも明らかに伸びたな。ていう事が実感できて充実感が半端じゃなかった。

 

まず最初にやったことは、

あるテーマについて、200文字以上の文章を5分で作って発表する。だった。

テーマは例えば、「20代は勉強をすべき」とか。

与えられたテーマ、もしくは自分で考えたテーマについて自分の考えを主張する文章を即興で書くわけだ。

 

で、5分で急いで作るわけだけど、自分で見ても明らかに文章のクオリティが低い。

うわ、こんなショボイの発表したくねぇ。と思った。

でも、強制的に参加者の前で発表させられる。

 

あー案の定自分ショボイ。

ショボすぎて顔から火が出そうになる

 

こうする事で、強制的に完璧主義が破壊されるし、
現時点での自分のレベルの低さを嫌でも思い知らされる。

 

で、今回講師役の億超えの人も即興で作ってお手本を見せてくれるのだが、同じ即興なのにレベルの違いにびびらされた。

同じ5分なのに全然違うじゃないかと。

ポケモンで例えると、
あっちはギャラドス、こっちはコイキングぐらい違った。

 

で、次に自分で自分に点数をつけさせられた。

うん、2点。

 

こんな事をひたすら繰り返して、

次は500文字で文章作りましょう。

700文字で文章作りましょう。

 

今度は即興で3分話してみましょう。

5分話してみましょう。

 

この人は何が良かったですか?逆に何がダメでしたか?

と他人のプレゼンの感想を言う。

こんな事を連日夜中の3時までやりまくった。

 

心も体もボッコボコに叩きのめされた。

合宿中は常に自分に点数をつけたり、

メンバーの人に順位をつけて

自分と講師の差、ライバルとの差が

どれだけあるのかを数字で課題認識させられた。

 

やってみると分かるが、これ相当メンタルにダメージを受ける。

みんな同じ条件でやっているし、スタート地点も一緒だから出来ない言い訳が出来ないのだ。

強制的に周りや講師とのレベル差を感じさせられる。

今の日本教育とは真逆の超スパルタスタイルだ。

 

今の日本教育って

差をつけないようにしましょう。

的な教え方で、100メートル走で順位をつけない学校もあるぐらいだけど、僕らはむしろ逆。

超競争社会。差をつけまくる。

 

順位もつけるし点数もつける。

1位 Aさん
2位 Bさん
3位 自分
4位 Cさん

とか、

自分 ○点

 

メンタルをボッコボコにされた。

おまけに夜中の3時まで容赦なくやるもんだから肉体的にも疲れているし、眠い。

 

でも、きつかった分物凄いスピードで成長出来た。

僕はこの合宿の1日目で悔しい思いをした。

自分が上手くプレゼン出来ないのもそうだけど、急に上手くなる奴が出てきたのが悔しかった。

みんな最初はプレゼン下手くその状態でスタートしてるのに、なぜアイツは出来ているんだ?

なぜ俺は出来ないんだ。

と思った。

 

で、悔しがってても進まないので、他の人より1時間早く起きて、朝風呂に入りながら
昨日上手く話せなかったテーマを完璧になるまで練習した。

朝は眠いしきつかったけど、でも朝練をすると昨日よりも上手く出来るようになって、どんどんマシになっていた。

これが超楽しかった。

 

そして、気づいたらめちゃめちゃ成長している自分に気づいた。

初日は全然出来なくて超辛いし、

あー早く終われ、寿司食いてえって思っていたけど、

出来るようになってくると、話すのが超楽しくなっていた。

 

初日は

このテーマについて話したい人?

と聞かれたら、

 

え、誰やる・・?

 

みたいな感じでメンバー全員けん制し合っていたんだけど、

 

合宿最終日には

はい!はい!はい!

とみんな手を挙げまくるようになっていた。

 

自己採点の点数も最初より上がったり、

他の人からつけてもらう順位も上がった。

 

で、終わってみたら

自分も含めプレゼンが超絶苦手だった人たちが

たった2泊3日の合宿で即興でプレゼン出来るようになったのだ。

 

これには本当驚いた。

人ってたった3日でこんなに変われるのかと。

 

で、その後、この合宿で学んだことは超生きていて、

僕は企業の人にプレゼン出来るようになったり、

人を指導する時も「分かりやすい」と言ってもらえるようになった。

 

僕は会社員時代はプレゼンが本当に苦手だった。

いつも上司から

「君は何が言いたいのかさっぱり分からん」

と言われまくっていて、プレゼンが下手なことが超コンプレックスだった。

youtube動画にもプレゼン下手ですね。ってコメントされた動画もある。

だけど、今は出来る。

人って変われるのだ。

 

もちろん喋りが元から上手い人間もいる。

だけど、元から上手い奴のことを見て、

「才能ある奴はいいよなぁ」

と羨ましがっていても状況は何も変わらない。

 

そもそもビジネスでお金を稼ぐのであれば、

お笑い芸人のようなトークスキルはいらない。

わかりやすい話の型を覚えて実践あるのみだ。

 

そうすれば、変わるのには1ヶ月とか1週間とかいらなくて、3日もあれば変わる。

もちろんその3日間は自分のペースじゃなくて、自分よりも出来る人のペースだから当然キツイ。

だけど、やりきった先には成長があるし、自信が付くのだ。

 

何か一つに集中してガムシャラになるって、めちゃめちゃ楽しいよ。

今回であれば、プレゼンという共通のテーマを鍛えるために前から知っている人、はじめましての人が集まって切磋琢磨しながら3日間一緒にいるのだ。

 

で、一緒に飯を食ったり、温泉に入ったり、プレゼンしたりする。

当然仲良くなる。

これって会社員時代、付き合う人間が同じ会社の人しかいなかった時にはあり得なかった事だ。

ビジネスを始めたからこそ出来た人間関係。

なのでビジネスを通して、向上心がある仲間が増えるのは非常に嬉しいし、ビジネスやっていて良かったなと思う。

 

よく、会社の人しか知り合いがいなくて、話合わないし、毎日退屈って相談が来るんだけど、そういう人はビジネスやると良い。

 

ビジネスをやると、それぞれ目標は違えど、自分を成長させて上を目指したい。という人と知り合えるのでめちゃめちゃ刺激を受ける。

 

もちろん成長すれば稼げるようになるので、利益も生まれる。

利益が生めるようになると、どんどん周りに良い人も情報も集まって来る。

 

最近だと世界一周してきた人とか、サプリに鬼のように詳しい人とか面白いビジネスマンがどんどん周りに増えている。

そういった人たちと集まって作業会したり、情報交換したりすると、すごく良いこともある。

 

という事で、メルマガでは不定期だけど、合宿の案内もしているので、登録がまだの人は下記から登録しておいてください。

メルマガ登録はこちら

今回はこんなもん。

おすすめ漫画

僕はほんの少し前までトヨタ自動車で車の開発をしていました。

しかし、ある事がきっかけでトヨタを辞めることになります。
その物語を漫画にしました。

下記画像をクリックしてトヨタ脱出物語の続きを読む  



おすすめブログ記事

年収1億円の男と出会って人生が激変した物語

僕は年収1億円の23歳起業家と出会ったことがきっかけで、世界中を旅しながらほとんど働かずにお金を稼げるようになりました。

ですが、
「働かずにお金を稼いでる」なんていうと、超絶怪しいですよね。
元々はトヨタでレクサスの開発をしていましたが、
このまま仕事ばかりの狭い世界だけしか知らず年をとったら、
絶対将来後悔すると思ったので僕は自分の力で生きることを選びました。

元々ビジネスが得意だったわけでもなければ、
しゃべるのや文章を書くのが得意だったわけでもありません。

そんな僕でも自信を得ることができて、
自由を手にすることができました。
結局慣れなんですよね。


どんな人でも稼げるし。
学んでいけば誰でも自信を得て稼ぐこともできる。

僕マスタングが自由を手にできた理由を下記の記事では公開しています。

年収1億円の男と出会って人生が激変した物語