葉山の豪邸とクルーザー貸し切って、起業家版テラスハウスやってみた

いいなあ、俺もテラスハウスみたいな青春送りてえ、、、

 

こんにちは、マスタングです。

今日は
「葉山の豪邸で起業家版テラスハウスをやってみた」

というテーマでお送りします。

 

テラスハウス
僕はこの番組が好きだった。

「テラスハウスは見ず知らずの男女6人が
共同生活する様子をただただ記録したものです。

用意したのは、素敵なお家と素敵な車だけです。
台本は一切ございません。」

 

毎回YOUの説明とともに始まる
一つ屋根の下で若い男女が
シェアハウスをして暮らす様子を記録した番組。

 

一緒に住む若い男女が恋愛したり、
それぞれが夢に向かって頑張る様子を描いたり、
うまくいかなくて不安になったり、葛藤したり、
ものすごくキラキラしている番組です。

 

色々問題が起きてこの番組は終わってしまったけど、
テラスハウスのためだけにネットフリックスを契約して、
初期から最新作まで全部見るぐらい好きだった。

青春時代非リアだった僕にとって
テラスハウスはただただ眩しい。

自分とは真逆なリア充すぎる生活。

 

モデルとか俳優とか
デザイナーとか建築士とか
スポーツ選手とか
イケてる仕事していて
将来に夢がある美男美女が

プール付きのモデルルームみたいな
超豪邸に住み、

時にはケンカしたり、
汚い部分を見せながら、

 

時には仲間を祝ったり応援しながら
ワイワイと生活する。

 

ま、まぶしすぎる、、、、

まぶしすぎてクラクラするぜ、、、

キラキラキラキラ

 

ああ、いいなあ。

俺には一生無縁の世界だなあ。

と思いながらも、
こんな人生送れたら楽しそうだなあと
俺は妄想の中で自分を重ね合わせていた。

 

ああ、キラキラしてえ、、、、

 

しかし、とある問題が起きて
突如としてこの番組は
放送打ち切りになってしまった。

 

毎週火曜の0時にアップロードされる
テラスハウスが楽しみで
毎週ワクワクしていた僕の胸には
ぽっかりと穴が開いて、虚無感だけが残った。

 

あああああああああああああ!!!!

くそおおおおおおお!!!!

キラキラしたい!!!!

 

もうこうなったら
自分でテラスハウスやるしかねえ!!!!!

 

ということで、
読者の方やら友人やら教え子やら
マスタングのツテというツテを使い、
起業家版テラスハウスをやることにした。

 

今回はその思い出を記録すると共に、
起業家がテラスハウスをやるとどうなるのか?

を書き記したいと思います。

 

8月某日

 

YOU
「こんばんは」

トリンドル
「こんばんは」

YOU
「テラスハウスは見ず知らずの男女10人が
共同生活する様子をただただ記録したものです。

用意したのは、素敵なお家と素敵なクルーザーだけです。
台本は一切ございません。」

 

・・・・

 

ということでマスタングです。
いきなりですが、残念な報告があります。

 

今回は男女10人集まったのですが、
なんと男女比率が

男性7人、女性3人

になってしまいました。

_人人人人人人人人人人人_
> 壮絶な取り合い!! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

 

【起業家版テラスハウスのポイント1】
女性起業家が少なすぎて男しか集まらない。

 

そして、テラスハウスといえば、
用意するのは『素敵なお家と素敵な車』ですが、
メンバーの女性1人が

「あ、わたし自動車の免許はないですけど、クルーザーなら運転できますよー」

 

と述べてきたので、
素敵なお家と素敵なクルーザーになりました。

_人人人人人人人人人人人人人_
> 免許のクセがすごい!! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

 

【起業家版テラスハウスのポイント2】
素敵な車が素敵なクルーザーになる

 

ということで、こんな感じのお家を用意し、
クルーザーに乗ってきました。

お家

ここが最上階で1階と2階が応接室とか寝室でした↓

 

クルーザー

運転してました

 

うーん、いい感じ。

このまま船で外国行っちゃう?
なんて冗談を言ったりして。

青春感があります。

これぞ僕が求めていたキラキラ感。
そう、キラキラ・・・

 

 

いやキラキラというより、ギラギラッッッ!!!

 

あのすみません、シャンパンを直瓶イッキとかしないでください・・・

そういう番組じゃないんですこれ。

 

【起業家版テラスハウスのポイント3】
キラキラではなくギラギラ

 

という感じで、
青春感あることを色々やってみました。

クルーザーから飛び込みして遊んだり

 

麻布の高級スーパーで買ったスイカを使ってスイカ割りしたり

夕日の見えるお家のプールで遊んだり

元弟子となぜか肩組んでツーショット・・・w

BBQのプロを召喚して、BBQしたり

花火したり

もうこれでもかってぐらい
青春要素をぶち込みました。

 

さて、テラスハウスといえば、
若い男女の恋愛です(イメージ図↓)

 

今回、男7:女3の壮絶な取り合いだが、
果たしてこの1日で恋は生まれるのか!?

いー感じで盛り上がって
男女の少しずつ距離感も近づいているぞー

酔っちゃったかもー♡

なんてね(o´艸`)ムフフ

 

って、、、、

 

 

恋どころじゃねえ・・・

 

シャンパン、ビール、ワイン、テキーラ、テキーラゼリーと
次々と繰り出される大量のアルコールに死亡者続出

この後も男性陣はどんどんぶっ潰れ、
女性陣の方が生き残ってました 爆

【起業家版テラスハウスのポイント4
飲みがエグすぎて恋どころじゃない

 

と、いうことで
楽しくも激しい起業家版テラスハウスは
幕を閉じたのでした。

 

起業家版テラスハウスをやって良かったこと
→一緒に遊んでるだけなのに学びになる

とまあ、ただ遊んでるだけ風に見えますが、
起業家版テラスハウスの良いところは

普通に話してるだけで話す内容が全て学びになる。

ということです。

 

具体的には、

司法書士の世界って
めちゃめちゃITが苦手な人が多くて、
ZOOM会議とかもできない。

ホームページとかも持ってない人がほとんどで、
ウェブ?マーケティング?なにそれ?って感じ。

地方とかはその傾向が超強いから
ネット使えてマーケティングできる司法書士が
むちゃくちゃ勝てるって話とか。

 

裁判の世界でも忖度があって
実は裁判官の世界は狭い業界だから
業界からの見られ方とか
出世を気にしてるって話とか。

 

大企業ではTOEICの点数が
社内の基準を超えられずに
苦労してる人はいっぱいいて、

TOEICの点数がないから出世に響いたり、
休みの日も返上で勉強したり、
有料の講座買ってる層がいる。

実はテクニックさえ押さえたら、
800点ぐらいなら
すぐ取れるノウハウがあるんだけど、
それでビジネスすれば、
大企業社員のかなりの人を
ターゲットにビジネスができるし、

そういった人を具体的にどう集客するかも
今すぐ始められるレベルで
詳細に戦略が決まったりとか。

 

みんな日々知識を学んで
思考を鍛えまくってる人間ばかりなので
一般的に知られていない情報や
一瞬で儲かる勝ち確定みたいな話が
バンバン飛び交っていた。

 

今回の学び

基本僕がやりたいことを
ぶち込みまくった会でしたが、
参加者全員から
「超楽しかった。誘ってくれてありがとう」
とめちゃめちゃ感謝されました。

本気で遊んだことで、
結果、勉強になったこともありました。

 

学び1

今回のメンバーは
僕の元教え子とか友人とか
その友人が連れてきた人とかで、

ほぼみんなネットビジネスで
月収100万円以上は当たり前に稼いでいて、

中には年収1億超えの人とか
自分より格上も普通にいました。

 

みんなお金や時間はあるけれど、
刺激を求めていて、
今回みたいな青春感のある
思い出に残るイベントは一人じゃできないから
超嬉しいみたいです。

 

ビジネスをやっていると、
自分より格上の人は
お金も時間も知識も経験もあって、
持ってないものの方が少なくて、
価値提供できることなんてあるのかな?

って気持ちになるけれど、
体験とか思い出とか
価値提供できることはいくらでもある
という確信が得られました。

 

学び2

富裕層がやってそうな遊びをしてみて、
世界が広がりました。

例えば、クルーザー

クルーザーはピンキリで
海にはレクサスのクルーザーに乗っている人も
いましたが、

こんな感じのやつ↓

僕はトヨタでレクサスの開発をしていたけど、
レクサスがクルーザーを出しているなんて
全く知らなかった。

金持ち=ランボルギーニだと思っていたけれど、
それは世界が狭くて、クルーザーとかは
ランボルギーニの何倍も維持費がかかるし、
本体価格も基本1億越え。

上には上の世界があるって分かった。

 

あとは豪邸に泊まったことで、
豪邸にはどんなものがあるかが分かった。

例えば、アクアリウムや高級家具。

豪邸には豪邸にふさわしい装飾品が必要になる。

僕はアクアリウムも高級家具も
全く興味がなかったけれど、
金持ちはこういうものに
お金をかけるんだなって分かった。

で、高級家具市場を調べてみると、
ソファーがオーダーメイドで400万円とか。

どういう商売してるのかなと思って
軽く調べてみると、
オーダーが入ったらお金をもらって、
イタリアに発注するらしい。

つまり、先にお金をもらって
発注するわけだから、
単価は大きいけれど、
意外と資金力がなくても
いけるビジネスなんじゃないか?
って思った。

ここら辺はもっと調べてみないと分からないけど。

という感じで
普段やらないことをやったおかげで、
一気に世界が広がった。

 

ネタも生まれたし、
みんなと仲良くなれたし感謝されたし、
良い情報も交換できたし、
世界も広がったし、
良いことばかり。

 

これからもよく学び、よく遊び
楽しんでいきます!

 

追伸

今回読者の方にも参加いただきましたが、
超楽しかったそうです。

メルマガで
こういった企画の募集するので
興味ある人はぜひチェックしておいてください。

やってみたい企画などあれば、
ぜひリクエストとか頂ければ
やるかもしれません。

例えば、クルーザー借りたり、ヘリ借りたりは
一人でやるのは結構ハードル高いかもしれないけど、
人が集まれば出来ます。

どんどん楽しい思い出作りましょう!

人生楽しんだもん勝ちです!

ーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は年収1億円稼ぐ23歳の富裕層と出会い、
月収200万以上稼げるようになり、人生が激変しました。

昔はトヨタの本社で
レクサスの開発者をしていましたが、
今はたった一人でほとんど働かずに
上記の金額を稼いでいます。
たぶん超絶怪しいですよね。

お前には才能があったんだろ?とも言われます。
ですが、僕はもともとビジネスが
得意だったわけでもなければ、
しゃべるのも文章を書くのも大の苦手でした。

そんな僕でも自信を得ることが出来て
1年で月収200万まで稼げるようになりました。
結局慣れなんですよね。
ビジネスに才能なんて要りません。
どんな人でも学んでいけば稼げるようになれる。

僕マスタングが月収200万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

月収200万になったマスタングの人生激変物語

ーーーーーーーーーー

下記画像をクリックしてトヨタ脱出物語の続きを読む  


>>詳細が気になる方はこちらをクリック<<