毎日ツラいことを我慢している人の漫画が共感したので紹介

マスタングです。
先日ツイッターを見たらバズっている漫画があった。

仕事を頑張りすぎて毎日がツラい人は共感すると思ったので紹介する。

 

死神「頑張りを耐える事に使ってはいけない」

このセリフ、僕は非常にいいなと思った。

 

僕が会社員時代は

どうでもいい無駄な仕事、
無駄な会議、
複雑な人間関係など

自分が嫌なこととどう折り合いをつけて、
うまくやっていくか?を頑張っていたように思える。

 

どちらかというと、
プラス(自分の興味ややりたいこと)を伸ばすというより、
マイナス(嫌なこと)を克服する作業だった。

 

でも、それだと超効率が悪いんだ。
嫌なことを「嫌だーやりたくねー」と頑張ったって
結局は人並みか、それ以下にしかなれない。

世の中、結果が大事だ。

結果を出さない人間が何を言ったって
赤の他人は見向きもしてくれない。

 

で、嫌だーやりたくねーの状態って
耐えながらやっている状態なので
非常に結果が出づらい。

マラソンをしながら
「ああ、つらい、早くやめたい」

と言いながら走ったって
当然楽しくないし、
途中で投げ出したくもなるし、
良いタイムも出ないだろう。

 

耐えることを頑張ったって
良いことはないのだ。

 

もちろん、耐えることが必要な場面だってあるだろう。
でも、大事なのは耐えた先に自分の目標の達成や
理想の実現があるかないかだ。

「ここで一踏ん張りすれば、自分の目標が達成できる。
やりたかったことが実現できる。もう少し頑張ろう!」

というのなら精一杯頑張ろう。

 

でも、

「あと40年我慢すれば、定年退職できる!
年金が貰えるし、毎日働かなくていい!頑張ろう!」

こんな風に耐えるだけが目標になっているなら問題だ。

おじいさんになってからやりたかった事をやるより
今やりたい事をやった方が体力も気力もあって
成功しやすいし、絶対に人生楽しい。
それに、将来年金は確実に破綻する。

10年後、20年後に期待したって
どうなるか分からない。

 

耐えることを頑張るよりも、
自分が興味あることや、やりたい事を頑張る方が絶対によい。

 

僕は元々、興味あることや
やりたいことは特になかったけど、
理想のライフスタイルはあった。

僕の理想は
プライベートではお金と時間があって
好きな時に旅をしたり仲間と遊べて、

仕事ではお客さんを喜ばせる仕事がしたかった。

 

なので、その手段として
ネットビジネスはよかった。

ネットとパソコンがあれば
世界中どこでも仕事ができて、
資金もほぼ必要ない。

ブログやメルマガ、youtubeを通して
お客さんに価値を提供してお金が貰える。

これは僕にとって非常に魅力的だった。

 

だからこそ頑張った。

元々は文章を書いたり、
人にプレゼンするのは得意じゃない。
むしろ苦手な部類だった。

だけど、
理想のライフスタイルを実現するために
勉強をして、勉強した事を実践していたら
半年せずに実現できていた。

 

もちろん頑張ること自体に意味は無くて、
結果を出すのが大事。

なんだけど、
そもそも会社のやらされ仕事のように
頑張る気すら起きなければ

結果を出すために勉強したり、
試行錯誤する気すら起きない。

 

 

だからこそ、
自分が叶えたいライフスタイルや
実現したい目標を見つけて、
そのために頑張ることが必要なんだ。

 

「ライフスタイルなんて知らんけど、
とりあえず俺は金が欲しいんだ!」

というのであれば、
全然それで良いと思う。

自分なりの目標を持って
それに向かって頑張るのが一番だ。

 

とにかく、
嫌なことに耐えるのに
頑張りのエネルギーを注ぐのは
非常にもったいないのでやめよう。

 

 

そして、自分が興味あることや
目標を見つけることにエネルギーを注ごう。

 

自分でビジネスをすれば、
自分が興味ある事や趣味でも仕事にできる。

例えば、ゲーム好きであれば
ゲームについてのブログを作って
広告を貼っておけば
それだけで収益になる。

他には会員制のグループを作ったり、
オフ会をやったり、
自分が好きな有名人を呼んでイベントを開いたり、
今はネットのおかげで自分の好きなことでお金が稼げる時代になった。

だからこそ、自分が嫌なことに
フォーカスする必要はないのだ。

 

自分が興味あることだけに
フォーカスして、ストレスフリーな
人生を送ろう。

僕のメルマガやyoutubeでは
ビジネスの正しい努力の仕方を教えたり、

本気で勉強したい人向けの
合宿やオンライン講座もやっているので
ぜひチェックして欲しい。

 

メルマガ登録ページ

youtube紹介記事

ーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は年収1億円稼ぐ23歳の富裕層と出会い、
月収200万以上稼げるようになり、人生が激変しました。

昔はトヨタの本社で
レクサスの開発者をしていましたが、
今はたった一人でほとんど働かずに
上記の金額を稼いでいます。
たぶん超絶怪しいですよね。

お前には才能があったんだろ?とも言われます。
ですが、僕はもともとビジネスが
得意だったわけでもなければ、
しゃべるのも文章を書くのも大の苦手でした。

そんな僕でも自信を得ることが出来て
1年で月収200万まで稼げるようになりました。
結局慣れなんですよね。
ビジネスに才能なんて要りません。
どんな人でも学んでいけば稼げるようになれる。

僕マスタングが月収200万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

月収200万になったマスタングの人生激変物語

ーーーーーーーーーー

下記画像をクリックしてトヨタ脱出物語の続きを読む  


>>詳細が気になる方はこちらをクリック<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

19 − 10 =