思考停止の努力を続けている人の話

こんにちは、マスタングです。

今日は、思考停止の努力について話します。

人間は慣れると思考停止します。

これは意識しないとすぐ起こります。

 

例えば、情報発信で稼ぎたいって時に

仕組みを作らずに
永遠とセミナーでセールスするとか、
ひたすらSNSで集客するとか。

これってずっと労働し続けないといけなくない?

 

毎日フェイスブックやアメブロ、
Twitterを更新し続けないといけないって
超効率悪くない?

と、俺は思うのです。

 

もちろん初期段階なら良いです。

売れたー!わーい!
わーフォロワーついた!

これで全然良いです。

 

けど、これは半年も1年も
続けることではないのです。

人は同じことを続けていると、思考停止して
自分を疑わなくなります。

 

自分はこれまでアメブロをずっとやってきた。
これが一番良いんだ。

お客さんはこれを求めているんだ。

だからこれからも更新し続ける。

 

こんな風に思考が固定化されて
ガンコ親父みたいな状態になるんです。

うちは今までずっとこれでやってきたんだ!

これでいいんだ!

・・・という具合にね。

 

でも、売れるなら手法なんて
別になんだって良くない?

固執する必要なくない?

こう思いませんか?

 

なぜアメブロ?

集客できればなんでも良くない?

 

なぜ対面セールス?

セールスを自動化しても売れている人はいますよ?

 

お客さんに喜ばれて売れていれば
別に手段はなんでも良いわけです。

何かに固執する必要は全くない。

その固執が自らの可能性をせばめているわけです。

 

例えば、ブログのPV数もそうです。

ブロガー界隈では、
100万PVだとすごいという雰囲気がありますが、
100万PVだったらなんだというのでしょう。

 

俺たちの目的は利益を生み出すことです。

それなのに、いつの間にか集客数が
目的にすり替わっています。

 

ただただ、人を集めただけでは
物は売れませんし、稼げません。

確かに、死ぬほどアクセス数を集めれば、
一定の成果は出ます。

ただ、効率は超悪いです。

 

なぜかというと、ライバルが超多いのと
その中で差別化が難しいのと、
Googleへの依存度が高いとか
色んな要素があります。

 

記事の検索順位で勝った負けたを気にするよりも、
お客さんを濃くする方がよっぽど優先度高いです。

 

なので俺はSEOは捨てました。

たまたまSEOに引っかかって
アクセスがきたらラッキーぐらいの感覚です。

SEOで上位表示させるための記事は書きません。

 

これまでもSEOで
一位を何度も取ってきてるので
上位表示させるのは得意なんですけどね。

 

ただ、優先度はそこじゃない。

 

こんな風に

『やらないことを決める』

これは結果を出す上で
非常に大事なマインドセットです。

 

あれもこれもやる必要はありません。

優先度が高いことだけやれば良いのです。

 

なので、俺はPV数を求めて、
毎日ブログ更新もしません。

毎日ブログを更新することと、
お客さんが喜んだり、売り上げが立つことは
別問題だからです。

 

自分のビジネスは今のままで効率良いのか?

これを自問して定期的に自分の行動を
チェックすることが非常に重要です。

 

では、俺は何を重要視しているか?

それはお客さんに
本当に価値ある発信をすることです。

 

Googleで上位表示されることでもありませんし、
ブログを毎日更新することでもありません。

 

価値提供することを徹底的に考えています。

 

ブログを毎日書く。
これはお客さんへの価値提供ではありません。

 

クソつまらない記事が100記事あったところで
お客さんからしたらむしろ迷惑です。

自分が読者だったら、
読んでも読んでもつまらない記事
ばかりだったら閉じますよね。

 

逆に、毎日更新はしないけど、
面白い情報発信をしてくれる人。

こっちの方が絶対に良いわけです。

 

で、記事を書いていない時間は
情報収集したり、考えていたり、人と会う。

こっちの方が、
よりお客さんに高い価値を提供できます。

 

 

集客のために記事を書くのは非常に効率が悪いです。

なぜなら、集客は別の手段で補えるからです。

 

例えば、SEO記事のような
誰でも書ける記事は外注すれば良いですし、

もしくは、広告を打てば一瞬で解決します。

 

なので、やるべきなのは
自分にしか出来ない作業です。

 

自分にしか書けない記事を書く、
人と会う、
情報を仕入れる、
思考する。

 

たまに、

毎日メルマガ更新してます!

という人がいますが、
それ意味あるの?と疑問です。

 

もちろん、最初慣れるためとかなら全然良いです。

正しい知識を学んで量稽古すれば
どんどん上達します。

 

でもそれを一生やっていて、
売り上げが立っていないというのは
完全に労働者の価値観だなと思います。

 

 

なぜ労働者のままではダメなのかというと、

ビジネスは単に頑張っていれば
報われるものではないのと、

お客さんに対して、
より大きな価値が届けられないからです。

 

 

労働や作業ばかりしていると、
その分時間が失われます。

作業で時間が失われると
レベルアップに必要な、
学んだり、思考したり、
情報を仕入れるといった時間が減ります。

 

レベルアップできなければ、
いつまでたっても
お客さんに大きな価値を届けられません。

 

 

結果、お客さんにも喜ばれませんし、
お客さんに喜ばれないということは
利益も伸びません。

 

良いことがないのです。

だからこそ、効率よく結果を出せるよう
思考停止ではダメなのです。

思考停止の努力では
結果も出ませんし、誰も得しません。

 

 

手段にとらわれるのではなく、
本来の目的はなんだっけ?

と考えていきましょう。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は年収1億円稼ぐ23歳の富裕層と出会い、
月収200万以上稼げるようになり、人生が激変しました。

昔はトヨタの本社で
レクサスの開発者をしていましたが、
今はたった一人でほとんど働かずに
上記の金額を稼いでいます。
たぶん超絶怪しいですよね。

お前には才能があったんだろ?とも言われます。
ですが、僕はもともとビジネスが
得意だったわけでもなければ、
しゃべるのも文章を書くのも大の苦手でした。

そんな僕でも自信を得ることが出来て
1年で月収200万まで稼げるようになりました。
結局慣れなんですよね。
ビジネスに才能なんて要りません。
どんな人でも学んでいけば稼げるようになれる。

僕マスタングが月収200万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

月収200万になったマスタングの人生激変物語

ーーーーーーーーーー

下記画像をクリックしてトヨタ脱出物語の続きを読む  


>>詳細が気になる方はこちらをクリック<<