商売で儲ける極意は、坂◯忍にならないことである。

マスタングです。
一緒に仕事している
シンガポール在住の金持ちが、
以前、すげー勉強になること
言ってたの思い出したので話します。

きちんと理解して実践すれば、
これだけで生涯年収が数億変わります

それが、

商売で儲けたいなら
坂◯忍になってはいけない。

ってことです。

 

坂◯忍はお昼のテレビ番組とかで
司会している、
もの申す系の芸能人です。

なんじゃそりゃ?って感じですよね。

イチから解説していくので
最後まで読んでもらえると理解できます。

 

儲かる人の共通点

まず、超大事なことなので
儲かる人の共通点って何か?
って話をします。

これ超大事です。

 

それは

儲かる人は
人を動かすのが上手い

ってことです。

 

仕事柄、個人やら経営者やら
いろんな人を指導しますが、
儲かってる人は
人を動かすのが超上手いです。

ネットビジネスでも
実店舗経営でも
商売するってことは
人を動かすってことです。

 

例えば、
アフィリで儲かるのは
サイトに訪れた人に
商品を購入しもらうからです。

相手を動かしてますよね。

 

オフラインであれば、
経営で儲かるのは
お客さんが商品を
契約してくれるからですし、

さらに社員がきちんと
付いて来てくれるからです。

オフラインはお客さんと社員
両方動かせないといけません。

 

そう考えると、
ネットビジネスの場合は
仕組みに動いてもらうので
社員雇わない限りは
お客さんのことだけ
考えていれば良いので
シンプルで楽ですね。

 

最近はオフラインのコンサルが多いので
いろんな経営者や社員を見ますが、
上手い経営者のところは短期間で
もの凄く伸びてますし、
下手な経営者は全然伸びてなくて
社員も疲弊してます。

経営って面白いなーって思います。

 

というわけで、

「儲けたければ動かし上手になる」

これがキーワードです。
ネットでも
オフラインでも超大事です。

 

あと、ビジネスだけでなく、
人を動かすって
子育てとかでも大事ですよね。

子供に言うことを
聞いて欲しければ、
きちんと子供の心を
動かす必要があります。

 

で、これには脳科学的な型があるって
冒頭の金持ちに教わって
ほーなるほどーと感心したわけです。

 

人を動かす型:承認→質問→ラポール→アドバイス

結論から言うと
人を動かす型は

承認→質問→ラポール→アドバイス

です。

これだけだと
なんのこっちゃ
分からないと思うので
事例で話します。

 

僕は最初に話した
シンガポールの金持ちと
とある会社にコンサルに
入っているのですが、

そこの経営者が

経営者
「部下に何回も同じこと
注意してるんだけど直らんのですよ〜」

と嘆いていました。

で、しまいには

経営者
「あの部下はダメだ!」

とキレていました。

 

そしたら、
シンガポール金持ちが

シンガポール金持ち
「それは部下がダメなんじゃなく
お前がダメなんやろおおお!!!

経営者なんやからしっかりせえええええ!!!」

と逆にキレて、

シンガポール金持ち
「ええか、あんたの伝え方次第で
部下はやる気になって
進んで変わってくれるし、

逆に、伝え方が悪いと
相手はどんどん反発するし、
あんたのこと嫌って
言うこと聞かなくなるんや!」

伝え方には型があるんやあああ!!!」

と言っていたのです。

 

ダメな指導者は「指摘」する

※以下全部シンガポール金持ちの発言

ええか、人の指導が下手な人は
相手のダメなところを指摘してしまうんや。

え?何それ違うよ?
いっつも言ってるのになんで出来ないの?

って。

でも、それ私からしたら
お前の指導の方が違うよって話で。

指摘じゃ人は動かんのよ。

 

その子からしたら
一生懸命頑張ってるのに、

それ違うよ?

って言われたらどう思う?
しかもそれを毎回。

 

こっちだって頑張ってんだよ!!!
って気持ちになるやろ?

 

人は

あんたそれ違うよ。

って言われたら、反感持つんや。

 

そうじゃなくて、
人をやる気にするには
ちゃんと方法がある。

 

まず、相手に聞く耳を持ってもらうんよ。
聞く気もないのに何言われてもウザいだけや。

まずは相手に聞く体勢になってもらわんと。

 

じゃあ、相手に聞く耳持たせるにはどうするか?

まずは承認することや。

〇〇さんが責任感を持って頑張ってくれて私はとっても嬉しい。
あなたが頑張ってるのを私は理解しているよ。

って良いところ褒めて
認めてあげる。

 

で、認めた上で、

だけど、今は空回りしているよ。
〇〇さん、結果出したいでしょ?

これをすればもっと良くなるんだけど、
具体的な方法を聞きたい?

って質問する。

 

そして、
相手が聞きたい。
と言ってからがスタートや。

 

だけど、ここでまだアドバイスしちゃいかん。
ラポール(信頼)を築いて打ち解けて、
もっと聞く気になってもらうんや。

 

私も最初は全然出来んかったよ。
超しかられとったわー

とか、相手が
自分のことを身近に
感じてくれるような
エピソードを話すんや。

 

そしたら相手も

え!
上司さんにもそんな時代があったんですか!?

ってなる。

 

そんで、

そう。苦労したわ。
だけど、少しずつコツを見つけて今があるんよ。
私がそのコツ教えたら〇〇さんすぐ伸びるわ。

って言われたら、
相手も聞きたくなるやろ。

 

そこでようやくアドバイスするんや。

承認→質問→ラポール

これをやってから
初めてアドバイスや。

 

だけどな、
ダメな社長や上司は
それをすっ飛ばしていきなり指摘から入るんや。

俺が社長だー!
あれ違う、これ違う、直せー!

って
部下に対して失礼や。

直して欲しいなら
相手が直したくなる言い方をせんと。

 

部下は奴隷じゃないからな?
会社と社員は雇用関係にはなっているけど、奴隷契約ではないわけや。

社員は会社で働かせて頂いてる立場やし、
経営者は社員に働いて頂いてる立場や。

社員が働いてくれるから経営が出来るんや。

 

もの売る時も一緒や。
人間は説明説得に応じんからな。

脳科学や。
0.1秒で相手が聞きたくなる状態を
作ってから売るんや。

 

ーーーーー

って話をしていました。

 

なるほど、何百店舗も経営して、
何十億も儲かってる人はやっぱちげーわ。
と僕はシンガポール金持ちに
感心しまくったのでした。

すごい人と仕事すると
お金もらいながら
勉強させてもらえるので超よいです。

 

つまり、どんなに相手が間違っていても
それをいきなり指摘してはダメなのです。

坂◯忍になってはいけないってことです。

 

テレビであの方の
発言を聞くぶんにはいいでしょう。

ズバズバ言っていて
痛快かもしれません。

 

でもあれは他人に
ズバズバ言っているのを
他人事として聞くから
面白いのであって、

目の前の相手に
思ったことを思ったまま言っても、
言われた相手は動きません。

 

人は感情で動き、理性で納得するので、
言ってることがいくら正論でも
こいつの言うこと聞きたくねーと
思われたら終わりなのです。

 

会社でも、

あの上司の言ってることは
正しいかもしれねーが、
なんか言うこと聞きたくねー

って経験ありませんか?

 

僕はトヨタ時代に超ありました。

部下の悪口ばっか言ってる
大嫌いな上司がいて、
あんな上司の言うこと聞きたくねーし、
将来絶対あんな風になりたくねー

と思っていました。

 

で、これは会社だけじゃなく、
モノを売る時も同じなのです。

 

ライバルを見ていると、

だからあなたはダメなんです!
今すぐこの商品を買いましょう!

みたいな

これで誰が買うんだろって
売り方してる記事が
ちょいちょいあります。

ちょっと伝え方変えるだけで
売れるのに
もったいないなあ
と思います。

 

僕は人を動かす方法を学んで
トレーニングした結果、
モノを売るのに
苦労しなくなりました。

ですが、これって
才能とかじゃなく、
上記のことを
知ってるか知らないかなのです。

 

正しい知識を学んで
トレーニングすれば
誰でもできるし、
知らなければ一生できません。

まじ知らないって怖いですよね。

 

冒頭に今回の話を聞くと、
生涯年収が億単位で
変わるって書きましたが、
これ大げさじゃなくて、

実際これ知ってるのと
知らないとでは
モノ売る時の成約率とか
部下が付いてくるとか
人生のあらゆる局面で
違ってくるので、
まじで億単位で変わります。

 

年間2000万儲かったら
10年で2億。

平均的な会社員の
生涯年収分変わります。

大げさじゃなくて
現実的な話です。

やっぱ人を動かせる人が最強だなーと思います。

なので、ぜひビジネスや子育てなど
いろんな局面で使ってください。

 

売ることに特化した話は
またメルマガとかで
するかもしれないので
興味ある人はチェック
しといてください。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は年収1億円稼ぐ23歳の富裕層と出会い、
月収200万以上稼げるようになり、人生が激変しました。

昔はトヨタの本社で
レクサスの開発者をしていましたが、
今はたった一人でほとんど働かずに
上記の金額を稼いでいます。
たぶん超絶怪しいですよね。

お前には才能があったんだろ?とも言われます。
ですが、僕はもともとビジネスが
得意だったわけでもなければ、
しゃべるのも文章を書くのも大の苦手でした。

そんな僕でも自信を得ることが出来て
1年で月収200万まで稼げるようになりました。
結局慣れなんですよね。
ビジネスに才能なんて要りません。
どんな人でも学んでいけば稼げるようになれる。

僕マスタングが月収200万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

月収200万になったマスタングの人生激変物語

ーーーーーーーーーー

下記画像をクリックしてトヨタ脱出物語の続きを読む  


>>詳細が気になる方はこちらをクリック<<