資産100億の男が働き続ける理由と稼げる人の価値観について

マスタング
「一生働かなくても生きていけるのに、なんで仕事するんですか?」

資産100億の男
「それは・・・」

 

マスタングです。

昔、資産100億の大金持ちと
飲んでいた時に
気になって聞いてみたこと。

『なぜ働かなくても生きていけるのに仕事するのか?』

 

これ昔の俺は理解不能でした。

働かなくても遊んで暮らしていけるほど
金持ってるのに意味不明じゃないですか?

さらに稼ぐなんてよっぽどお金が好きなのかと。

銭ゲバなのかと。

 

でも、聞いてみるとそうじゃない。

何億も持ってる先輩たちと話していると
仕事をするモチベがお金じゃない。

そして俺自身、最近その感覚が分かってきたので話します。

 

今回の記事は

・金持ちの世界を知りたい人

・今の仕事が人の役に立っている実感がなくてやりがいを感じず、会社がつまらない人

・ビジネスして稼ぎたいのに、むしろお客さんから逃げられて結果が出ていない人

 

といった昔の俺みたいな人向けに書いてます。

もし当てはまる人はぜひ読んでください。

 

なぜ金持ちは働かなくても生きていけるのに仕事するのか?

俺の周りの金持ちたちを見ていると、
死ぬほど金を持っているのに仕事しています。

 

例えば、会社を売却して
何億も資産がある金持ちのTさん。

その人はIT系の会社を経営していて、
朝4時まで一緒に
死ぬほど高級ウィスキーを飲んだのに、
3時間後には会社に出社しています。

 

あんなに酔っ払っていたのに、
「7時には会社いたよ〜」と

ケロッとしていて、
意味わからんぐらい働きます。

40代中盤の気さくなおじさんですが、
バリバリ過ぎて体力がすごい。

 

借金が死ぬほどあって
働かざるを得ないなら分かりますが、
借金どころか逆に金を持て余しまくっているのです。

 

で、同様に
資産100億のバケモノ金持ちのYさんと
高級シャンパンを飲んでいた時に、
俺は思い切って聞いてみたのです。

ちなみにその人は
大学生の時からビジネスを始めて、
会社を作っては売却を繰り返したり、
スタートアップにエンジェル投資して
巨額の財を成した人。

 

(その金持ちは圧がやばい。

金色のガッシュベルのブラゴみたいな
空間に存在してるだけで謎の圧を感じます)

 

その金持ちの圧で
俺はおしっこをちびりそうになりながらも
勇気を出して聞いてみました。

 


「100億の男さんは
一生働かなくても生きていけるのに、なんで仕事するんですか?」

 

資産100億の男
「それは・・・人に喜ばれるのが好きだからですね。

僕は承認欲求が強いので、
人に喜ばれた時が一番楽しいです。」

 


「そうなんですか、、、
お金のことはどうでも良いって感じですか?」

 

資産100億の男
「お金では困ってないので
お金自体がモチベーションにはならないですね。

どうでも良いというよりは、
たくさん人に感謝されようと思ったら、
必然的に社会的にインパクトが大きいことになるので、
それをやっていたら勝手に儲かるって感じですね。」

 


「なるほど、、、、」

 

この金持ちはビジネスが趣味だと言っていました。

遊びという遊びはだいたいやってきて、
結局人に喜ばれて楽しいからビジネスに行き着いたらしい。

 

で、これを聞いた昔の俺は理解不能でした。

もちろんビジネスは楽しいが、
遊んでた方が楽しいし、
旅行に行った方が楽しいと思っていた。

 

でも最近になって、
少しは100億の方の気持ちが分かるようになってきたのです。

 

例えば、最近お客さんから
突然こんなラインをもらって
俺は超嬉しかった。

 

俺が指導したら商品が売れるようになって、
1ヶ月で利益が倍になり、
不安もなくなって迷わなくなったので、
将来別ジャンルでもビジネスしたいから
指導して欲しいとのことでした。

(なるみってのはマスタングの本名です)

この人は最初はビジネスについて
右も左もわからん状態だったんだけど、
指導していたら素直に吸収して
利益を伸ばしました。

 

あとは、俺だけでなく、俺から学んだ人も
お客さんから喜びのメッセージをもらえるようになって
嬉しそうに報告してくれる。

 

この記事で紹介した人です↓

【実践者の成果報告|3ヶ月目で初収益189,800円】美容系情報発信のH.Mさんの場合

お客さんからこんなLINEをもらったそうです。
掲載許可いただいたので紹介します。

↓↓↓

 

お客さんからこのLINEが来た時は
超嬉しかったそうです。

会社の仕事では味わったことのない
もの凄い充実感を感じたと言っていました。

 

そして俺もこの報告を見て超嬉しかった。

ビジネスで変わる人をもっと増やして
幸福の連鎖をもっともっと作りてえと思いました。

 

こんな風に、
お客さんを喜ばせて
正しくビジネスをしていると、
人から感謝されるわ、
お金もいただけるわという状態になり、
幸福のループに突入します。

ドラクエでいうところの
ガンガンいこうぜの状態になって
ビジネスが楽しいし、収益も増えていきますし、
人も集まってきます。

 

ビジネスして人を喜ばせていると
超楽しいです。

充実感がすごい。

 

昔の俺は遊んでるより
ビジネスしている方が楽しいという感覚は
理解不能でしたが、

最近の俺は100億の方の
ビジネス=趣味という感覚は
理解できます。

 

 

逆に俺が稼げてなかった時や
現状、稼げてない人を見ていて思うのは

稼ぐ=悪いこと
セールス=人を騙して物を売りつける

といった
間違ったマインドセットに
陥ってるなと感じます。

 

お金を受け取ることに罪悪感がある人は多いですね。

昔の俺はそうでした。

 

お金を渡された時は
本音では欲しいんだけど、

とりあえず

「いいから!大丈夫だから!」って

拒否ってました。

 

本音では欲しいんですけどねw

 

この状態だとビジネスしていても
悪いことをしている感じがして
後ろめたくて、やっていても楽しくないです。

当然金持ちになれるはずもありません。

 

なぜ『稼ぐ=悪』みたいな間違った
マインドセットに陥ってしまうかというと、
原因は3つあります。

 

1つは歴史的な背景。

江戸時代に
徳川家康がお金=汚いもの

という価値観を大衆に
植え付けたってのがあります。

だからお金を受け取るのは
罪悪感がある人が多いんですよね。

今の俺は違いますが、俺も昔はそうでした。

なぜ変われたか?というと、あとで話す
『前提条件の書き換え』をしたからです。

 

2つ目は、メディアの影響。

メディアは良いことをしている人より、
悪いことをしている人の方が
ネタとして面白いし、取り上げます。

あと単純に悪いニュースの方が目立ちますからね。

 

だから詐欺で儲けたグループの特集とか
悪いことでお金儲けした人のニュースの方が
情報の流通量として多いわけですから、
世の中の印象としては
お金儲け=悪になりがちです。

 

3つ目は、人間心理。

人というのは
自分の知らない世界を
怪しいと思います。

 

世の中、金持ちや
自分でビジネスをしている人の方が
少数派ですから、

会社員しか経験してない人、
親が経営者じゃない人は
自分で金を稼ぐ=怪しいこと、悪いこと
というイメージになりがちです。

 

僕自身、
父親は中卒の土木作業員、母親はパートで
1ミリもビジネスに関係がない人種だったので
自分でビジネスする前は
起業の世界をクソ怪しいと思っていました。

 

しかし、このマインドでは
当たり前ですが稼げません。

お金を稼ぐことに後ろめたさがあって、
ブレーキがかかるからです。

 

ブレーキがかかると当然お金が入ってこない。
結果、お金があったら絶対にしない苦労をしまくります。

 

例えば僕の場合は、
貧乏でいじめられたり、

親が毎日怒鳴りあいながら喧嘩していて
その怒鳴り声を布団の中で泣きながら聞いたり、

塾に行きたいけど行けなかったり、

学校に行くための定期券が買えなかったり、

親が病気になっても病院に行けなくて
苦しみながら亡くなったりとかです。

 

まじで金ないのは辛い。

金があって困ることはないけど、
金がないとまじで苦しみます。

地獄です。

 

余裕がないと
自分の心もどんどん貧しくなるし、
大切な人も守れません。

金がないのは無力です。雑魚です。

 

なのでそうなりたくなければ、
『前提条件の書き換え』が必要です。

既存の間違った価値観を
正しい価値観に書き換える必要があります。

 

正しい価値観はなにか?

それは、
お金というのは『感謝の印』と
考えることです。

他人に価値を提供して
その感謝の量が大きいほど
稼げる金額が大きくなると捉えることです。

 

もちろん世の中には悪いことをしたり、
人を騙して金を稼ぐ人もいますが、
そんなのはごく一部ですし、
悪いことをして儲け続けるのは
非常に技術がいるので長く続ける方が難しい。

だからそっちは例外と思って
ガン無視でいいです。

 

稼ぐための真っ当な正攻法は
他人を喜ばせて感謝を集めまくることです。

悪いことするより
こっちの方が楽です。

喜ばせれば良いだけ。
シンプル。

 

最初は無料でもいいので
とにかく他人を喜ばせまくる。

これが大事です。

 

 

逆に稼げない人ほど
大した実力もないのに
人から搾取しようとします。

これじゃ一生稼げません。

 

急に長文のDMを送ってきて、
聞いてもないのに
「素晴らしい副業があるんです!」
と案内してきたり、

SNSのプロフには
何か相談あったらこちらに!と
セールスされるオーラがバリバリ出ている
LINEの友達追加URLを載せていたり。

 

人は信用がない人からは
物を買わないし、関わろうと思いません。

だからこそ、稼ぎたければ、
まずは信用を作ることが大事です。

まずは無料でも100円でもいいのです。

 

俺は初期の頃は
とにかく相手を喜ばせることを
考えまくっていました。

 

例えば、友達の家を500円で掃除したり、

SNSで知り合った人の
ビジネスで困ってることを聞いて、
それを解決できる無料のセミナーを作って提供したり、

イベント運営している人には
無料で運営の手伝いをさせてもらっていました。

 

なんならイベントの参加費を払った上に
手伝いをやらせてもらってました。

そうすると、勝手に信用されるし、
人も紹介されて人脈も増えます。

 

こうやって相手を喜ばせて信用を築くと、
売るのも簡単です。

まともな人間であれば、
ギブされまくると心理学的に
お返ししたくなって
ゴリゴリ売らなくても売れます。

 

ということで、
人を喜ばせるマインドで
感謝されまくる存在になろうと
改めて思った話でした。

 

ちなみに、ネットだと
自分の提供したものをネットを介して
世界中に一気に届けられるので
他者を喜ばせる効率が良いです。

(だから若くして金持ちになる人が
増えまくっているわけですね)

 

トヨタの時は怒られてばっかだったし、
自分の仕事がお客さんの役に立ってるかも分からなかったので
ガチうつ寸前でしたが、
今はめちゃめちゃ仕事が楽しいです。

 

現状の俺はこの100億の方の
足元にも及ばないので、
さらに学びまくって、人に価値提供しまくって
感謝されまくって、もっと上を目指そうと思いました!

 

では!

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は年収1億円稼ぐ23歳の富裕層と出会い、
月収200万以上稼げるようになり、人生が激変しました。

昔はトヨタの本社で
レクサスの開発者をしていましたが、
今はたった一人でほとんど働かずに
上記の金額を稼いでいます。
たぶん超絶怪しいですよね。

お前には才能があったんだろ?とも言われます。
ですが、僕はもともとビジネスが
得意だったわけでもなければ、
しゃべるのも文章を書くのも大の苦手でした。

そんな僕でも自信を得ることが出来て
1年で月収200万まで稼げるようになりました。
結局慣れなんですよね。
ビジネスに才能なんて要りません。
どんな人でも学んでいけば稼げるようになれる。

僕マスタングが月収200万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

月収200万になったマスタングの人生激変物語

ーーーーーーーーーー

下記画像をクリックしてトヨタ脱出物語の続きを読む  


>>詳細が気になる方はこちらをクリック<<