海外旅行用Wi-Fiルータのレンタルはどこの会社がお得?調べるのがめんどくさい人向けにベスト3をまとめてみた!

 

こんにちは! トヨタを辞めて世界一周中のマスタングです!    

 

 

旅慣れしてない時って、
海外旅行が近くなってくると、

ちゃんと準備出来てるか不安になりませんか?

 

 

僕なんかは出発の数日前にバタバタ―っと
いつも準備しています。

 

そんな中、出発の準備で意外と忘れがちなのが通信方法の確保です。

 

 

日本の友達に写真をLINEで送ったり、電話したり、Facebookに写真アップしてみたり。

 

 

僕の場合、基本的に日本よりも海外にいる事が多いし、

PC1台で出来る仕事なので、自由度が高い分、現地ではネットが必需品です。

 

 

カフェやホテルではたいていwifiがあると思いますが、
それ以外では通信出来ない場合がほとんど、、、

 

 

電話や写真はカフェやホテルに居る時でも
良いかもしれませんが、

 

ちょっと調べ物したい時とかは不便ですよね。

 

 

海外でネットをするには、3パターンあります。

 

 

SIMフリーのスマホに現地でSIMを買って使う。

携帯会社の海外定額を使う。

wi-fiルータをレンタルして使う。

 

 

一番安上がりなのは現地の
SIMカードを買って使うのが良いのですが、

 

 

SIMフリー携帯じゃなかったり、
手続きがめんどくさい人は

Wi-Fi ルータの方が良いかもしれません。

 

 

ただ海外旅行用Wi-Fiルータのレンタル会社って、
色々あるのでどこが良いのか分からないと思います。

 

 

そこで今回はwi-fiルータのレンタル方法や選び方、料金、口コミなどお得なwi-fiルータランキングを徹底的に調べてみました!    

 

 

Wi-Fiルータの選び方

それではまずWi-Fiルータの選び方を伝授しますね。

 

Wi-Fiのレンタル会社はたくさんあるので、
選び方を覚えておくと、

 

他の比較サイトでおすすめランキング等を見た時も、
その会社が自分に合っているかちゃんと判断できるでしょう。    

 

 

ポイント① 旅行先の国に対応しているか確認する

そもそもって感じはしますが、一番重要です。

 

どの会社もほとんどの国に対応していますが、何カ国か回る予定のある方、マニアックな国に行く方は必ず対応しているかチェックが必要です。    

 

 

ポイント② 1日の料金を比較する

人気な国の場合、各会社の料金は1日だけ見るとそこまで大きく変わりませんが、1週間、1カ月と長期になるにつれて、レンタル料金が数千円~数万円と大きく差が開いてきます。

 

また、海外では盗難も頻発するので、万一に備え盗難保障プランに入る場合も考えると、かなり料金の差が、、、

 

各社で渡航先と渡航期間を入力し、見積もりが取れるようになっていますので、しっかりと相見積もりを取る事をおすすめします。    

 

 

ポイント③ 口コミを確認する

海外で実際に使ってみると都市部以外では繋がりづらい、建物に入ると電波が切れるなど、そういった実際の使い心地は各社の宣伝文句からは分かりません。

 

また、困った時のサポートの対応なども重要ですよね。知識が乏しく、問題が解決しない、またはするまでに時間がかかるなど、せっかくの旅行の思い出も嫌なものになってしまいます。

 

ですので、実際の生の声や評価は事前にチェックしておく事が必須です。    

 

 

ポイント④ 通信速度、通信容量を確認する

通信速度について

せっかくWi-Fiルータをレンタルしても、通信速度が遅いとストレスが溜まってしまいます。 通信方式によって速度が大きく変わってしまうのですが、一応各通信方式の速さの違いを解説しますね。

 

 

3G回線

第3世代の通信方式で3rd Generationの略です。通信速度は受信がMAX 14.4Mbps, 送信が5.76Mbpsです。  

Mbpsとは? メガビット毎秒の事で、1秒間にどれだけのデータを送信したり、受信したりできるかという事を表す単位です。

 

LTE回線

3Gを進化させた(Long Term Evolutionの略)通信方式で、通信速度は受信がMAX 50MBps, 送信がMAX 25Mbpsです。

 

4G回線

第4世代の通信方式で4th Generationの略です。受信はMAX 187.5Mbps, 送信は37.5Mbpsです。

 

 

という事で、回線の速さは3G<LTE<4Gとなります。速ければ速いほど快適ですが、その分料金も高くなってしまうので、予算と相談が必要です。

 

 

通信容量について

プランにもよりますが、通信できる量には制限があります。それを超えてしまうと極端に回線が遅くなってしまうので注意が必要です。

 

公平な電波の利用と1人のユーザーによる過剰な利用で回線に負荷がかかるのを防止するためです。

 

日本の携帯会社でも1ヶ月の通信料が7GBを超えると通信制限がかかってしまいます、あれと同じですね。

 

どこのWi-Fiも大体1日130~300MBが相場のようです。少ないと感じられる方もいるかもしれませんが、1ヶ月にしたら約4GBなので、よっぽど大容量のファイルをアップロードしたり、youtubeでも見ない限りは問題ないはずです。

 

ちなみに僕は日本に居る時、携帯でyoutubeを見てしまうので月末になると回線激遅になってしまいます。僕みたいな人は注意が必要です 笑    

 

 

Wi-Fiルータおすすめベスト3

それではWi-Fiルータのおすすめランキング行ってみましょう!

この記事を作る為に、口コミとかスペックをめちゃめちゃ調べました、、、

 

 

1位 エクスモバイル

 

 

1位はエクスモバイルです!

対応国数こそ他の会社よりも若干少ないものの、行く国に対応していれば対応国数の多さは関係ありません。

 

1位の理由ですが、一日のレンタル料の安さ通信可能な量の大きさです。

 

下の比較表を見て頂ければ分かりますが、安さも通信可能な量もずば抜けています。口コミもネガティブな意見は見つからなかったので、マスタング一押しとさせて頂きました!

 

 

2位 グローバルWi-Fi

 

 

2位はグローバルWi-Fiです!

対応国数もナンバーワンですし、エクスモバイルより数十円~数百円ではありますが、十分安いです。

 

通信料も1日250MBも使えたら十分すぎるでしょう(動画は見たら一瞬ですよ 笑)。

 

あと、グローバルWi-Fiさんは補償も手厚いです。もし盗難にあっても補償パックによっては負担ゼロでOKです。

 

もし、旅先での盗難や紛失、破損などが心配で利用料金もシビアにならなくてOKであれば、グローバルWi-Fiさんが無難かもしれません。

 

 

3位 グローバルデータ(イモトのWi-Fi)

 

 

3位はイモトのWi-Fiのグローバルデータです!

イモトさんを前面に押し出してるだけあって、安心感がありますよね。

 

今回あえて順位を付けたので3位になってしまいましたが、選りすぐりの中の3位なのでイモトのWi-Fiもレビューを見た感じでは良さげでしたよ!

 

 

各社比較

それではトップ3の各会社について、Wi-Fiルータの選び方に挙げた項目も含めて比較していきましょう。      

 

ブランド名

グローバルWiFi

 

グローバルデータ

 

エクスモバイル

 

 対応国数  200カ国以上  200カ国以上  170カ国
通信容量(目安) 250MB/1日 400MB/3日 200~500MB/1日
※国による

レンタル料金(円/日)
※1 基本的に4G/LTE価格、(※3G)と記載されているものは4G/LTE未対応
※2 キャンペーンで価格変動する場合があるので最新の料金は公式HPをチェック!

韓国 870 ⇒670 680 650
ハワイ  1170⇒970  1580 850
グアム 1170⇒970 980(※3G) 750
アメリカ 1170⇒970 1580 850
中国 1170⇒970 1280 750
 台湾 1170⇒970 1280 750
香港 870 ⇒670 1280 650
タイ(※3G) 1170⇒970 1280 850
ベトナム 870 ⇒670 980 550
カンボジア 500300 980(※3G) 550(※3G)
フィリピン 1170⇒970 1280 750
マレーシア 970⇒770 680(※3G) 750
シンガポール 1170⇒970 1580 850
オーストラリア 1470⇒1270 1580 950
フランス 1470⇒1270 1580 1100
イギリス 1470⇒1270 1580 950
スペイン 1470⇒1270 1280(※3G) 1100
ドイツ 1470⇒1270 1580 1100
イタリア 1470⇒1270 1580 1100
ヨーロッパ周遊プラン 1480 1280(※3G) 1580
その他
補償パック
料金/内容

100%免除:300円/日
80%免除:200円/日

100%免除:300円/日
80%免除:200円/日
※電池類は対象外

レンタル料の10%
※故障・破損・水没
のみ補償
延滞料

(1970円+オプション
料金)×超過日数

2000円/日

レンタル料金×
超過日数×1.5
支払方法

Webでクレジットカード決済
VISA, JCB, MASTER, AMEX, Diners

口コミ

ハワイ・ダイアモンドヘッド登山中でもOK、香港島のビクトリアピークの頂上でもOK

タイで遅くてストレス(3Gだった?)、ドバイではつながらない、ドイツ南部では繋がりが悪い  香港の田舎でもLTEサクサク

 

 

口コミは実際に使った方の感想を集めましたが、なかなか同じ国同士の比較が出来ませんでした。

価格.comにも口コミは載っていますが、契約してもらうための宣伝用口コミなので、あえてそこの感想は引用しませんでした。

 

 

Wi-Fiルータレンタルの流れ

最後にWi-Fiルータレンタルの流れを軽く予習しておきましょう!

各社流れはほぼ同じですが、グローバルWi-Fiさんはハワイ、韓国、台湾に限り現地受け取りが可能です(受け渡し手数料500円)。

 

 

STEP1

渡航先と渡航期間が決まったら各社のHPから申し込み、見積もり、支払いをする。

 

Wi-Fiルータの受け取る場所によって、申し込み期限が違います。

空港カウンターで受け取る場合⇒出発の1~3日前まで
宅配で受け取る場合⇒出発の2~4日前まで

 

 

STEP2

Wi-Fiルータを受け取る。

 

空港、自宅、現地、各会社の本社など受け取る場所は色々選べます。

Wi-FiルータのレンタルセットにはWi-Fiルータ本体と、説明書、海外用のコンセントプラグ、充電アダプターが入っています。

 

 

STEP3

海外に出発、現地で使用する。

 

Wi-Fiルータの電源を入れて、20秒ぐらいでちゃちゃっと携帯の設定をすれば使えるようになります。

 

 

STEP4

帰国したらすぐ返却

 

空港カウンターで返却か、宅配などですぐ返却しましょう。

空港カウンターの場合はそのまま返却で良いですが、宅配の場合は帰国した翌日までに発送をしないと、延滞料金がかかってしまいますよ(震え)

 

 

 

おさらいすると、おトクなWi-Fiルータ会社は

 

 

 

1位エクスモバイル

 

 

2位グローバルWi-Fi

 

 

3位グローバルWi-Fi(イモトのWi-Fi)

 

 

 

 

ですが、やっぱり一番安上がりなのは、現地のSIMカードを使うことです。

 

 

SIMフリースマホに現地SIMカードを使うと、

料金が3分の1ぐらいに抑えることができます。

 

 

こちらの記事ではSIMフリースマホについてまとめています。

SIMフリーなんじゃそれ?
海外SIMって?という方は見てみてください。

 

海外旅行はSIMフリー携帯でOK? 基礎知識をまとめてみた

 

おすすめ漫画

僕はほんの少し前までトヨタ自動車で車の開発をしていました。

しかし、ある事がきっかけでトヨタを辞めることになります。
その物語を漫画にしました。

下記画像をクリックしてトヨタ脱出物語の続きを読む  



おすすめブログ記事

年収1億円の男と出会って人生が激変した物語

僕は年収1億円の23歳起業家と出会ったことがきっかけで、世界中を旅しながらほとんど働かずにお金を稼げるようになりました。

ですが、
「働かずにお金を稼いでる」なんていうと、超絶怪しいですよね。
元々はトヨタでレクサスの開発をしていましたが、
このまま仕事ばかりの狭い世界だけしか知らず年をとったら、
絶対将来後悔すると思ったので僕は自分の力で生きることを選びました。

元々ビジネスが得意だったわけでもなければ、
しゃべるのや文章を書くのが得意だったわけでもありません。

そんな僕でも自信を得ることができて、
自由を手にすることができました。
結局慣れなんですよね。


どんな人でも稼げるし。
学んでいけば誰でも自信を得て稼ぐこともできる。

僕マスタングが自由を手にできた理由を下記の記事では公開しています。

年収1億円の男と出会って人生が激変した物語