海外でよくある犯罪ベスト4と巻き込まれないための8つの対策

 

 

こんにちは、マスタングです。

 

 

海外に行く予定なんだけど、
犯罪に巻き込まれないか不安っていう悩みが結構あると思います。

 

 

僕も最初の旅では
めちゃめちゃビクビクしていました。

 

 

大丈夫かなー?と不安になるあまり、
謎に防犯対策しすぎて南京錠買いまくったり 笑

 

防犯対策する分にはいいですけど、
心配しすぎて旅が楽しめなかったら本末転倒ですよね。

 

 

なので、今回は海外でよくある犯罪ベスト4と
これだけ押させておけば、

大丈夫だという8つのポイントを
まとめました。

 

 

僕は初めての一人旅で

 

タイで50万円詐欺られてからは

 

めちゃめちゃ旅する時に注意するようになりました。

 

 

今は海外に住むレベルの
旅をよくするのですが、

最初の旅以降、
旅人や海外に住む人たちから
防犯ポイントを聞きまくって、

 

注意するようにしてからは
危ないことが一切なくなりました。

 

今回の記事を読むことで、
安全に旅を楽しむことができます。

 

 

海外でよくある犯罪ベスト4

それでは海外でよくある犯罪を見ていきましょう。
国にもよりますが、意外と恐喝や暴力系の犯罪は少なく、
窃盗などの軽犯罪が主流です。

 

恐喝や暴力系は抵抗すると殺されるので、
遭遇したら全て渡すのが最善策です。

 

発生頻度が多い順に並べていくと、

 

①スリ・窃盗

一番多いのがスリです。
色々なケースがありますが、

 

僕が以前2ヶ月住んでいたセブ島を例に挙げると、

 

乗り合いバスのジプニーに乗っている時に
iPhoneを使っていたら車内でひったくられて
降りて逃げていくというケース。

 

ジプニー↓

ジプニーで向かいに座っている人が
小銭を撒き散らして、

 

それを拾ってあげると隙をついて
バッグやポケットから物を盗まれるケース(撒き散らす人と隣に座っている人がグル)。

 

物乞いの子供に囲まれて、気付いたらスラれているケース。

 

知人のセブに4年以上住んでいる方は過去に、

 

ピッチピチのスキニーを履いて
ポケットに財布を入れて、

 

ポケットもパンパンなので
スラれたら絶対気づくだろうと

 

思っていたら知らないうちに
スラれていたそうです 笑

 

 

奴らはマジシャンだ

 

 

という名言を残していました 笑

 

 

海外のスリはマジで上手いです。

 

 

辛いですよねー、

 

iPhoneとか連絡先入ってるから
盗られたら面倒くさいし、

 

僕なんかはMacパクられたら
仕事が止まっちゃいます。

 

 

システム化してるので
何もしなくても売り上げはでますが、
取られないに越したことは無いですね。

 

 

 

そのぐらい、こっちのスリは
上手いので注意が必要ということです。

 

 

②睡眠薬強盗

これはバーやクラブで知り合った人と
お酒を飲んでいる時に睡眠薬入りのお酒を飲まされてしまうケースです。

 

意気投合して、お酒をおごってくれたと思ったら実は睡眠薬入りでした、というパターンですね。

 

 

知らない人がくれたお酒なんて飲まないでしょ、

 

と思うかもしれませんが、
自分が飲んだことのないお酒を

 

「これ飲んだことある?」

 

なんて言われて渡されたら
つい反射的に飲んでしまったりするので
注意が必要です。

 

僕はフィリピンのバーに
友達に連れられて行ったら、

 

現地の女性に、

 

「これオイシーヨ」

 

と言われて渡されて、
反射的に飲んでしまいました 汗

 

 

睡眠薬は入っていなかったみたいで、
なんともなかったですが 笑

 

 

③詐欺

 

これはセブの語学学校で貼られていたチラシです。

 

詐欺は日本人が被害に遭いやすいケースです。

 

 

僕も初の一人旅でタイでオカマに
50万円詐欺られてしまいました。

 

 

海外から旅行に来たらバスで荷物を盗まれてしまったの・・・・

 

 

と、涙を浮かべながら話しかけられ、
同情してしまい、その後何回かに分けて

 

お金を貸したら、それが詐欺でした 爆

 

 

話にすると、

 

なんでそんなの信じるの?
おかしいでしょ?

 

と、思うかもしれませんが、
思わず信じてしまうように

 

色んなトリックが
仕掛けられているのです。

 

 

日本人の友達がいるとか、
〇〇大学に短期留学してたとか、

 

 

やけにリアルな情報が
山ほど出てくるのです 笑

 

 

初の一人旅で、
人生で初めて被害届を、しかも海外で出して、

 

いい経験したなーと今では
笑い話です。

 

 

そのおかげで、
めちゃ気をつけるようになりましたしね。

 

 

④強盗

これは意外と遭遇しにくいですが、
深夜に人気のない所を歩いていると、

銃を持った人やシャブ中に恐喝される事があります。

 

相手が銃を持っていたら、こっちが
何人だろうと関係ないので、

 

みんなといるから安心てわけでも
ありません。

 

もうこういう事態になったら、
変に抵抗せずに持っているものを大人しく渡しましょう。

 

海外で犯罪被害に遭わないための8つの対策

先ほどあげた犯罪に巻き込まれないために、
以下の対策を徹底しましょう。

 

これらが身についていたら
どこの国に行っても犯罪被害には遭いません。

 

 

僕が最初の一人旅でタイで詐欺られてからは、
これらをめっちゃ注意するようになり、

 

詐欺大国インドに行っても
何もなく無事に帰ってこれました

 

①声をかけてくる人は無視する、信用しない

僕はタイでの事件でこれを一番学びました。

 

基本的にあちらから
話しかけてくる場合、相手に思惑があります。

 

内容は何であれ、基本的に無視するか、
どんなに打ち解けても最後まで
信用しないようにしましょう。

 

とは言っても、ずっと疑ってたら
一生仲良くなれないので
さじ加減は必要ですけどね。

 

僕はインドで現地の人の
家に行って家族とカレー食うぐらい
打ち解けましたが、

最後はもう自己責任で信じるしか
無いです 笑

 

 

 

②荷物から離れない

ちょっとだけ置いておくつもりの
そのちょっとが命取りです。

 

乗り物に乗った時は荷物をわきに置かず、
抱えておくなど、荷物を離さないようにしましょう。

 

盗む人は常にチャンスを
うかがっていてスキを見せた瞬間に持って行きます。

 

 

③ポケットに物を入れず、バッグに入れる

スリはマジシャンのように
いつの間にかポケットから財布や携帯を盗んでいきます。

 

僕のフィリピンの語学学校の
友達は普段はバックにiPhoneを入れているのに、

たまたま少しだけポケットに入れたら、
いつの間にか無くなっていたそうです。

 

 

④バッグは前掛け、鍵をかけれたらなおよし

自分の視界の中に常に大切なものを入れておく癖をつけましょう。

 

バッグは背負っているといつの間にか
開けれらてスラれてしまいます。

 

僕は下の画像のような感じで
リュックに鍵をかけて背負っています。

 

 

⑤なるべくスマホやタブレット、デジカメは人前で出さない

スマホやPC、デジカメ、
特にiPhone, iPad, 一眼レフは

新興国の人からしたら非常に高価です。

 

僕は特に、
PCは商売道具なので、
絶対鍵かけて保管しますね。

 

 

盗られないように注意する以前に
盗る気が起こらないよう、

 

そもそも見せないということが重要です。

 

例えば、新興国で携帯を使う場合はバッグの中で操作とか。

 

 

⑥深夜に出歩かない

もし出歩く場合は
盗られてもいい最低限の持ち物だけにしましょう。

 

僕は夜一人で出歩くこともありますが、
そういう時は持ち物は全部盗られても

 

いいという覚悟を持って出歩いています。

 

 

⑦深夜はタクシーを利用する

深夜に外を出歩くのは、
襲ってくれと言っているようなものです。

 

タクシーを使えば、タクシーに乗っている間、
時間が浮きますし(僕なら本読んで商売のネタ考えます)、

 

何より、犯罪に遭うリスクを
めちゃめちゃ抑えることができますからね。

 

で、よくあるのは海外で
タクシーを値切りまくる人いるんですけど、

 

あれ普通に危ないです。

 

 

僕の友達はタイでタクシー値切りまくったら
運転手のおっちゃんが怒って、

 

ヤクザみたいな男のところに連れて行かれて、
有り金置いてきたそうです。

 

⑧銀行の中のATMを使う

これは2つ理由があって、

1つは引き出した金額を見られないようにするためです。

 

路上のATMでお金を引き出したら

不特定多数の人に見られるので、

 

私は今お金持っていますよと言っているようなものです。

 

 

自分が泥棒だったら、

 

お、あの日本人たんまりお金おろしてやがるぜ、ヒヒヒ

 

なんて思うでしょう。

 

 

2つ目は海外ではATMの中に
カードが吸い込まれて取り出せなくなるというケースが結構あります。

 

日本じゃ考えられないかもしれないですが、
海外のATMではあるあるです。

 

路上のATMでは吸い込まれても
戻ってこないので、

 

カードを再発行してもらうしかありませんが、
銀行内のATMなら対応してもらえます。

 

 

あると便利な旅行グッズ

上記のまとめを守っていれば、
よっぽどトラブルに遭うことはないですが、

 

それに加えて僕も使っている、防犯グッズを紹介しますね。

4桁のダイヤルロック

外を出歩く時、僕はバッグのファスナーに鍵をかけています。3桁はよく売っていますが、3桁と4桁では突破されるまでの時間が大きく違います。

 

なのでこれいいですよ。

 

日本でもそこら辺じゃ、4桁バージョンは売ってないし、高いので日本のアマゾンで買っておくのがオススメです。

 

 

ショルダーバッグ

移動する時はポケットに物を入れているとスラれるので、
基本的にショルダーバッグにに全部入れて前掛けです。

 

必要な時だけサッと開けて荷物を出しましょう。

 

 

リュックでも代用可能ですが、
リュックだと大きいので出し入れが面倒くさいし、
スマート感ないですしね。

 

 

僕はこの中にKindleと手帳と財布、携帯入れてます。

 

Kindleなんかは空き時間にささっと本読めるので、
アイディア湧きまくりでめっちゃいいです。

 

まとめ

基本的に今回紹介した対策をやっていれば、
海外で危険な目に遭うことはありません。

 

お金は盗られてたとしても、
稼ごうと思えば、いくらでも稼げますが、
命や怪我は一生ものですからね。

 

 

こちらの記事では、
僕がセブ島に住んでいた時に、

 

衝撃的だった話を書いています。

【盗難注意】セブ島でiPhoneを出すと腕切られる話

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は年収1億円稼ぐ23歳の富裕層と出会い、
月収200万以上稼げるようになり、人生が激変しました。

昔はトヨタの本社で
レクサスの開発者をしていましたが、
今はたった一人でほとんど働かずに
上記の金額を稼いでいます。
たぶん超絶怪しいですよね。

お前には才能があったんだろ?とも言われます。
ですが、僕はもともとビジネスが
得意だったわけでもなければ、
しゃべるのも文章を書くのも大の苦手でした。

そんな僕でも自信を得ることが出来て
1年で月収200万まで稼げるようになりました。
結局慣れなんですよね。
ビジネスに才能なんて要りません。
どんな人でも学んでいけば稼げるようになれる。

僕マスタングが月収200万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

月収200万になったマスタングの人生激変物語

ーーーーーーーーーー

下記画像をクリックしてトヨタ脱出物語の続きを読む  


>>詳細が気になる方はこちらをクリック<<