~第9章~トヨタを辞めてホームレス→週休6日の年収3000万社長になった物語  

こんばんは、マスタングです。

 

僕はこれまで読者さんから
大量のメールを貰っています。

 

さて、これだけの数のメールを読んでいると、
だんだん”ある法則”というものが見えて来るのです。

 

今日は、そんな話をしたいと思います。

 

今日の目次です。
1.全てがオファーであるという視点
2.コアコア病

 

それでは、いきましょう!

 

1.全てがオファーであるという視点

先ほど言った、何千通というメールを読んできて分かった事・・・

 

それは何かと言うと、
「稼げるようになる人は、貰ったメールを読めば大体分かる」
という事です。

 

僕くらい何千通もメールを読んでいたら、
メール1通読んだだけで、その人がどれくらいの実力なのか、
ほぼ正確に分かります。

 

 

でもって、僕が「この人は稼げるだろうなぁ」と思ってた人は、
大体その数ヶ月後には、「これだけ稼げる様になりました!」と
成果報告のメールを頂くのです。

 

それくらい、僕の直感は高い確率で当たります。

 

「文章」というのは、
その人のステージが高ければ高いほど、
「マインドの高い」文章になります。

 

ステージが高い人って、
文章に雰囲気みたいなものが宿るのです。

 

これは別にオカルトな話でもなんでもなく、
ただ「他の人とは違う何か」を感じるという事です。

 

 

僕は何千通もメールを読んだからこそ、
それを感じ取る事ができる様になったのです。

 

「じゃあ、どうすればそんな文章が書けるんですか?」
と言われると、それはもう日々の訓練によって
自分のフィルターを鍛えていくしかないんですが、

 

今日は「最低限、ここは気を付けたい」という部分をお話します。

 

メールを読むと、大体次の3パターンに分かれるのです。
1)この人は厳しいな・・・
2)可も無く不可も無く
3)この人はきっと稼げるな

 

3になるのは時間がかかります。
しかし、「1」からはすぐに抜け出せます。

 

そして、1から抜け出さなければ、
永遠に稼げる様にはなりません。

 

今日話すのは、1から抜け出す、という部分です。

 

 

当然ですが、これは別に僕に送る場合に限定せず、
今後ネットビジネスを行っていく上で、

色んな人にメールを送る機会があると思いますので、
全ての場合に気を付けてみて下さい。

 

ではいきましょう。

 

 

 

まず、
「改行」「行間」
この辺は意識しましょう。

 

これはメルマガを発行する人も
気を付けた方が良いのですが、

 

例えば、こんな感じのメール。

 

「こんにちは。マスタングさん。はじめまして!○○と申します!!いつもメルマガ楽しく拝見しています。実は先日、仕事をやめる事になりまして、ネットビジネスで生きていこうと決めました。これからメルマガを読んで勉強していきますので、今後ともどうぞ宜しくお願いします!!」

 

・・・と。

 

こういったメールは、読みにくいですよね。
改行を入れて、こんな風に書くだけで大分読みやすくなります。

 

「こんにちは。マスタングさん。
はじめまして!○○と申します!!

 

いつもメルマガ楽しく拝見しています。

 

実は先日、仕事をやめる事になりまして、
ネットビジネスで生きていこうと決めました。

 

これからメルマガを読んで勉強していきますので、
今後ともどうぞ宜しくお願いします!!」

 

こんな感じですね。

 

 

「別に、メルマガやブログで書くわけじゃないからいいんじゃないですか?」
って思うかもしれませんが、

 

メルマガもブログも返信も
それを読む相手がいるんですね。

 

 

相手が読みやすいように改行できないというのは、
すなわち相手に配慮ができないということなのです。

 

普段のメールから気を付けておかないと、
色んな場面で出てしまって
読まれない文章になってしまうのです。

 

なので、無意識で自然とできる様にしておきましょう。
貰った相手も、その方が読みやすいですしね。

 

 

それから、
「はじめに挨拶をする」
これも、(人として)当然の事です。

 

誰かにメールを送る時は、
「○○さま
こんにちは、××です。」

 

と最初に付ける。これも常識ですよね。

 

 

 

例えば、時々、

「ネットビジネスをはじめたんですがイマイチよく分からないので何かアドバイス下さい」

と一行書いただけのメールが来たりしますが、

 

こういうので「失礼だ!」って怒る人がこの業界には結構います。

 

 

そしてもう1つ、覚えておいてもらいたい事は、
「全てがオファーである」
という視点です。

 

例えば、誰かにメールを送ったとします。

 

友人にメールを送ったら、
普通読んでもらえるのは「当たり前だ」と思いますよね。

 

僕らは、友達感覚で、気軽にメールを送っています。

 

 

しかし、忘れてはいけないのは、
メールを送るという事は、相手にオファーを出しているという事です。

 

つまり、
「読んで下さい」
というオファーです。

 

 

自分のメールを読んでくれるという事は、
わざわざその人が貴重な時間を割いて読んでくれるわけです。

 

この世で一番大事なのは「時間」だと以前話しましたが、
特に「ビジネス」の世界ではそれが顕著です。

 

皆、自分の時間を大事にしているのです。
メールを送るという事は、その貴重な時間を奪っているという事になるのです。

 

 

「だからメールを送ってはいけない!」
と言っているわけではありません。

 

むしろ僕とかはメール貰うと嬉しいので
どんどん送って欲しいくらいです。

 

 

ただ、誰かにメールを送るという事は、
その人の貴重な時間を奪う事である、という意識を持って、
せめて最大限読みやすくする、という事が必要です。

 

 

そして、一番やってはいけないのが、

 

「こんなものを作ってみたので添削して下さい!」
「今こういう事をやってるのですが、アドバイス下さい!」
「~~について直接教えて頂けないでしょうか?」
「返信下さい!宜しくお願いします。」

 

といったメールを送ってしまう、という事です。

 

 

まぁ、最初はついついやってしまうのは仕方無いので、
昔やった事あるからと言って気にする必要はありませんが、
今後気を付けましょう、という話です。

 

何でこれがダメなのか?

 

これは「オファー」を出す時の注意点なのですが、
常に「相手のメリット」を考えなくてはいけません。

 

 

これは僕だってそうです。

 

僕がメルマガで何かを紹介したとします。

 

すると、
「これは面白いので、見てみて下さい!」
というオファーを出しているわけです。

 

つまり、「これを見たら面白い」というメリットがきちんとあるわけですね。

 

 

しかし、それを無視して、
単に自分が儲けたいからとかそういった理由で何かを流せば、
相手にとって全くメリットが無いオファーを出した事になります。

 

 

その瞬間、僕と読者との信頼関係は一瞬で壊れるでしょう。

 

信頼関係とは、作るのは大変ですが、
壊れる時は一瞬です。

 

トランプタワーみたいなものですね。

 

だから、オファーを出す時は僕は常に慎重に、
「このオファーは本当に相手のメリットがあるのか?」
を考えます。

 

例えそれが、URL1つクリックさせるとしても、です。

 

「返信下さい!」
と言えば、つまりそれは相手の貴重な時間を使って返信をくれ、
という「オファー」を出している事になります。

 

もちろん、仲良い人とかなら普通にやっていいわけですが、
そうじゃない人に出すと、相手のメリットを考えずにオファーを出している事になります。

 

 

じゃあ、どんなメールが、「稼げる人」のメールなのか?

 

というと、まず一切の見返りを求めないという事です。

 

 

返信を貰える事も期待せず、
そもそも読んでもらえる事も期待しない。

 

そして、ただひたすら「提供」に徹するという事です。

 

 

 

例えば、僕は基本的には個別に返信したりはしないのですが
たまーに返信する事があります。

 

そういった人は大体、
何も(返信すらも)求めず、
ただ面白いネタとかを提供してくれた時です。

 

 

あるいは、成果報告とかを頻繁にくれたりとかですね。

 

こんな風に、
「メールを送る時は相手に何も期待しない」

というのは、非常に重要なマインドなので、
意識するだけで大分文章の質が変わりますよ。

 

 

一方で、一番ダメなのが、
「他者依存マインド全開」
な状態です。

 

要するに、
「僕を稼がせて下さい!!」
「直接指導して下さい!!」
「本当に稼げるのでしょうか?」

みたいな感じです。

 

 

「自分でビジネスをやる」
という以上、まずは「自立する」というマインドを持つ事が重要です。

 

「誰かが手取り足取り教えてくれて稼げる様に指導してくれる」
なんて思っているのは、「他者依存マインド」な状態です。

 

誰がこんな人から商品を買いたいでしょうか?って話なのです。

 

 

例えビジネスのビの字も知らなくとも、
「まずは自立する」
これができてはじめてスタートラインです。

 

今日の話を意識しておけば、
自然と色んな人と関係が構築されていって、
自分の読者も増えていきますよ。

 

2.コアコア病

そして、もう1つ色んな人のメールを読んでいて思った事が、
「行動できない人」の多くは、コアを絶対視しすぎだって事です。

 

「コア」とはつまり、
自分が本当にやりたい事ですね。

 

使命とか、天命
という人もいます。

 

これを見つけた人は、確かにモチベーションが全然違います。

 

 

しかし、行動できない人の多くは、
「コア探し」にハマってしまっています。

 

これが行き過ぎて、

 

「今、全然自分が作業出来ないのは、
自分のコアが無いからだ。

コアがあれば、きっと毎日ちゃんと作業もやれる。

全てが上手くいく。

だからまずはコアを探さないと!」

 

 

 

みたいな”コアコア病”に陥ってる人が多い気がします。

 

そりゃ、コアを見つける事は大事だし、
それが強いモチベーションになるとは思います。

 

でも、多分今作業できないのは、
コアが無いからとか、それ以前の問題なのではないでしょうか。

 

 

なんだかまるで、
コア=秘密のアイテム

 

みたいに思ってしまってるんじゃないか、
と感じてしまうくらいです。

 

 

でも、コアってのは、
やってるうちに自然と見つけていくものです。

 

 

勿論、コア発掘の重要性は最近色んなトコで言われているので、
常に自分のコアが何かを考えながら実践する事は大事だと思いますが、

 

「コアが無いと何も出来ない」

みたいな事を考える必要はありません。

 

 

 

コアなんてなくたって
相手の困り事を解決したら
それはビジネスになるわけですから。

 

なので、とにかく今すべき事に全力を注ぐって事を
優先して欲しいです。

 

 

 

あと、これはノウハウコレクター化してる人にも言える事で、
勉強は沢山してるけど、
全然それが結果に結びついていない人って、

 

とにかく勉強し続けた先に答えがある、
と考えている風に見えるのです。

 

 

「今行動出来ないのはまだ勉強が足らないから。
ずっと勉強を続けていけば、ある瞬間に何かを悟って、
ビジネスで上手くいくはず」

 

みたいな感覚なんじゃないかなーと思うんです。

 

 

でも、それは無限地獄への入り口で、
知識を学べば学ぶほど、新たな疑問が出てきて、
永久に勉強し続けて、それが結果に結びつかない、
って状態になってしまいます。

 

勉強が好きで、ただひたすら学問を極めたいって事であれば、
それでいいと思います。

でもそれだったら大学行けばいいんですよ。

 

 

僕らがやろうとしてるのはビジネスであり、
お金を稼ぐ、という事です。

 

(それが目的ではないにしろ、ビジネスをまわす1つの条件なはずです)

 

というか、それが出来ないと今後生き残っていけないわけで、
ここから目を背ける事はできないわけです。

 

 

じゃあ、まずは何らかの行動をするべきです。

 

特に、勉強すればするほど、このスパイラルに陥る可能性があります。

 

「もっと知識を得たい!」
という状態ですね。

 

もちろん、この欲求自体は非常に健全だし良い事なのですが、
それが強過ぎて、行動できないってのは問題です。

 

とにかく全てを極めないと何もできない、
みたいな状態になってしまうと、
本当に何もできません。

 

これは理想を追い求めすぎだし、
完璧主義に陥りすぎです。

 

 

人は、本当は無限の価値を提供できるポテンシャルを持っているのです。

 

今はそんな事無いと思っていても、
自分が成功したら、それを伝えていく事で、
多くの人を救えるわけですよ。

 

 

せっかく勉強してるのに、何も行動しないってのは、
救えるはずの人を見捨てている事になります。

 

だから、まずは成功に向けて、
今日できる事に全力を注いでみてはどうでしょう?

 

 

今、僕は色んな講座をやっているし、
何個か参加してくれているかもしれませんが、
何か知識を得たら、さっそく行動にうつして欲しいのです。

 

今まで何も出来なかったって人も、
今日から本気で自分を変えていきましょう。

 

 

勉強して、
「あー、面白かった!」

で終わっては本当に勿体無いです。

 

 

 

「何したらいいか分からないけど、
勉強を続けていれば進む方向が見えてくるはず!」

 

みたいな事を考えつつ何も行動しなかったら、
多分、望む物は得られない気がするのです。

 

というか、進む方向って実はもう見えてる筈なんです。

 

 

 

最終目標は見えずとも、
「方向」くらいぼんやり見える筈です。

 

じゃあ、まずはそっちに進んでみたら良いのです。

 

 

もちろん、そんなすぐには成果は出ません。

 

大きな成果が出るのに時間がかかる人もいるし、
僕をはじめ、短期間で大きな成果を出してる人を見て、

自分とのギャップに凹む事もあるかもしれませんが、
それでも足を止めちゃだめなのです。

 

もう、進むしかないんですよ。

 

 

これからは、自分でお金を生み出す事ができない人間は、
生きていけない時代が来るのです。

 

 

本当にビジネスを学んで、こうして毎日勉強してる、
しかも自分で言うのもなんだけど最高の環境で勉強してるんだから、
日本人のトップ0.01%くらいに入ります。

 

 

それくらい恵まれた環境にいるんだから、
まずはあなたは自分が成功する事を考えて、
その後、残り99.99%の人を、1人でも多く救ってあげて下さい。

 

 

僕も、色んな人を教えていく中で、
まだ成功してなくともとにかく今を一生懸命頑張ってる姿を見て、
希望が沸いてきました。

 

本当、頑張って欲しいです。

 

言われなくても頑張ってるでしょうから、
引き続きその調子で。

 

ではでは!

 

 

配信解除はこちら!

%%delpage%%

※押すと二度とメールが来なくなります。